スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
これまでとこれからと
2012/05/28(Mon)
日本に帰国して2週間が経過しました

本当にあっという間の2週間

夜中に羽田に到着し、帰宅した時にはもう日付が変わっていましたが
その数時間後の早朝には大阪に向かう新幹線に

その日に大阪でロルファーの佐藤博紀君が行うセミナーを見学させてもらい
お手伝いをさせてもらうのがその目的での出発で1週間程を予定しての滞在

結果的に、入院をしていた祖母の関係で2週間近くの大阪滞在になりましたが
15年程会えていなかった祖母に毎日のように病院では会ったけれど会えて時間を過ごせた事、
そして家族という意味を帰国してすぐに感じられた事はとっても大きくて
このタイミングで帰って来て本当によかった、とおもいました

他にも大切な時間は沢山あり、大阪府警剣道部の皆さんや、熱意ある若手整形外科医の先生方との交流
そしてとても応援してくれている方々や、ロルファー仲間、そして新たな出逢いに恵まれた時間でした

東京に戻ってまだ数日ですが、家族との時間や支える、ということ。
また色々な方々との時間に恵まれています
まだまだお会いしたい方、お会いするべき方は非常に多く
順次ご挨拶に、という感じではありますがお陰様で忙しく動き回っています

さて、今後の展開ですが、既にご存知の方も多いとはおもいますが
ロルフィング®を軸として、東京を拠点として活動していくつもりです

ホームページを公開しています
すでにご覧になって頂いた方も少なくないかとはおもいますが
少しでも、ロルフィングってなんなのか、という事が伝ってくれるといいな、とおもいます
こういったオプションを知っているのと知っていないのとでは大きな違いが出て来ると思うので

ホームページは Kukuna Body

ぜひご覧ください

それに伴い、おそらくこちらのブログは一旦休止という形になると思います
今後は Kukuna Bodyのほうで少しずつ書いていこうと思っています

アメリカに渡り、当時の目標でもあり夢でもあったアスレチックトレーナーになってから
書き始めたこのブログ「歩」

これからまたひとつ違うステージにすすみます

今後とも宜しくお願い致します
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さよなら、またね
2012/05/11(Fri)
現在空港で日本行きの飛行機を待っています


7年だか8年のアメリカ生活もこれで終わりを告げます
まだ実感がありません

本当に色々な事がありました

辛い時間もありました
帰りたくなるときもありました
どうしていいかわからず涙にくれる日もありました

それでもここまで歩いてこれました
本当に多くの人達に助けられ、励まされたお陰で
やり抜く事ができました

ありがとうございます

これからはまた違う場所で、違う局面での活動になります

今までお世話になった方々に
力を貸してくれた方々に
何らかのご縁があり、関わった方々をがっかりさせることのないように

そして、異国から送り出してくれた友人/仲間に喜んでもらえるように

これから暫くは日本にしっかりと根を下ろして、僕の声が海の向こうにも届くようにしっかりと頑張りたいと思います

本当にありがとうございました

これからもよろしくお願いします

Aloha...!

この記事のURL | | CM(1) | TB(0) | ▲ top
マウイから
2012/05/04(Fri)
現在マウイに来ています

2012-05-03 15.35.24


ハワイに3年間住んでいながら実はあまりネイバーアイランドに行く機会というのは
あまりなく、仕事の関係でハワイ島のヒロに何回か行った事がある、という位でした

1ヶ月程前に今度はハワイ島のコナ側に滞在し
オアフとはまた違った景色を楽しみ
今回は、家族と一緒にマウイのKapaluaといわれるエリアに滞在しています

2012-05-04 06.52.38


ここはリゾートエリアなのですが、非常に時の流れがゆっくりしていて
母の喜ぶ顔も見れてとても満足です

2012-05-03 12.45.44


退職を決めてから1ヶ月半
この間、色々とすませなければならない事もありましたし
心理的にジェットコースターにのっているような感じで
色々な想いがめぐりました

後悔、という事ではまったくなくて
もちろん、ここを去る寂しさも徐々に実感していますが、
何よりもいままで、仕事に肉体的にも心理的にも拘束されていて
そこから解放された時間を過ごしている現在

本当に大切な物とはなんなのだろう、ということをずっと考えています

アスレチックトレーニングはとても好きで、楽しませてもらいました
そのお陰で生まれたご縁や繋がり、経験というものは計り知れません

そのお陰で今のロルファーとしての自分もいるし、出来る事の幅が広がったし
人間的にも少しは成長したのかな、とおもいます

自分なりに一生懸命やってきたから繋がっている今だな、とも思います
もちろん、もっと柔軟に対応したり、人と関われていたらもっと色々な事ができたのかな、とか
なんでああいう風にしなかった/できなかったのだろうと思う所や反省も沢山あります。
ただ、それがその頃の自分には精一杯で、結局は自分の至らなさだったんだな、とも思います

日本、アメリカを始め世界各地で頑張っている仲間達

とっても力づけられるし、刺激を貰っています
自分も頑張らないと、と思うし
何か自分もその人達の刺激や支えになれたら、とも思います

でも同時に心配でもあります
基本的にこの仕事をしている人達は熱意に溢れています
わざわざ海を渡っていった訳だから当たり前と言えば当たり前かもしれません

もちろんそれはアスレチックトレーナーだけではなく
日本の企業で働いている同期や後輩もそうです

どの分野でもそうですが勉強や仕事、その他自分のやりたい事/しなければならない事に
やりがいを感じて、時には責任感から自分のすべてをそこに注ぐ、という事は
とっても大切な事で、それが出来る人は尊いとおもうし
後々、自分で行動をとる時に大きな力になるとおもいます

本当にやりがいを感じている時はどんなに忙しくても
「それでいい」「それがいい」と感じているものだとおもいます

ただバランスってとっても大事だな、とも思うのです
人生の局面に置いて、そのタイミングというのは人それぞれで
自分もはっきりとはしないけれど、色々と感じ始めていた中で
「家族として/息子として」というきっかけが生まれてより意識した為に
今回の決断になったのだろうと思うし
今回も、仕事という流れの中から ぽいっ と外された事により
みている景色から感じている事は今後の人生観に繋がって来るのかな、とも思います

なんだかまとまっていませんが
結局言いたい事は

心と身体は大事にしよう

ってことなのかも

日本に帰って、新しい事を始めた時に自分がまたどういう風に感じるのか

その流れに入る前に、今この静かな時間を過ごせている中で
感じている事をそのまま言葉にしてみました

まとまっていないけど

半年後くらいに読み返してみたいものです

2012-05-03 18.48.27




この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハワイ大学を退職します
2012/04/11(Wed)
5月11日にハワイを離れ、日本に戻ることにしました

その理由というのは決して一つではなく
いくつもの要素が、それぞれの場所にあり
あることをきっかけに自然とその要素達が集まり

「よし、帰ろう」

と思うようになりました

そこには後ろ髪を引かれる想いも
後悔も、懺悔も、やり残した感じもありませんでした

その結論に至るまで流れた時間

悩み、苦しみました

でも一度決めてしまえば、人は前に進んでいくものなんだな、と
思います。

それは自分も周りの人も



本当に多くの仲間がアメリカで頑張っています
彼らの努力や情熱には頭が下がります

アスレチックトレーナーとしての仕事は大好きです

しかしいつしか疑問が生まれるようにもなって来たことは否めません

長い労働時間、決して恵まれてはいない労働対価
理不尽な事に巻き込まれる事も少なくありません

アスレチックトレーナーとは何なのか
アスレチックトレーナーとしての自分
自分というアスレチックトレーナー

そんな事を意識しだしたのは何年前だったでしょうか

それでもやっぱりスポーツが好きだから
選手の支えになりたいから
アスレチックトレーナーであり続けましたし
これからも関わる形はかわるけれどアスレチックトレーナーであり続けます

多くの日本人が異国で頑張り続けています
彼らは本当に素晴らしい人間であり、プロだと思います

こういった人たちが日本でも活動できる場が出来て欲しいと思いますし
絶対的に必要な人材だとおもいます


外国で働く以上、ビザの事も大きな理由でした
まだ2年程更新はできるのですが、ハワイ大学からはグリーンカードをサポートしてもらう
ことができません。それは決定事項でした
昔なら、そこにこだわりよけいに苦しんでいたかともおもいますが
できないものはできないし、しょうがないと受け入れられるようになりました


そう思えるようになった大きな、大きな理由はロルフィング®に出逢い、学んだ事
同時に、これが葛藤や苦しみの要因ともなりました

アスレチックトレーナーとして活動していく中で、多くの人が取捨選択を重ね
アスレチックトレーナー+αを身につけていきます

自分の場合はそれがロルフィングでした

今までの自分にはなかった角度からみる人間の身体
そして自分の手でできる多くの事
クライアントの喜び、笑顔
ロルフィングを通じて出会った人々、そして新しい世界

そういったものに魅了されていったのかもしれません

ロルフィングトレーニングの最終段階に向かう前はアスレチックトレーニングと
ロルフィングの間で苦しんでいたようにもおもいます

ロルファーとなって、アスレチックトレーナーとして残ったこの1年は
うまく両方を共有させる事も出来たし、意図的に片方を遮断したりと
試行錯誤をしていました

そういった活動の中で、ロルフィングを中心とした活動を行っていきたいという
気持ちがどんどんと大きくなっていきました

もちろん、僕の背骨はアスレチックトレーニングなので、ハワイでもやっていたように
アスリートや、身体を動かす事が好きな人にも両方をあわせた形でやっていきたいとおもっています
当然、普段あまり身体を動かす事のない方々にも沢山であって自分の身体と大切にしてもらう
きっかけをつくれたらな、とおもっています



日本にいる家族の事も帰る理由の一つです


確か渡米したのは26になる年だったと思います
それから7年超が経過しました

本当に色々な形で支えてくれて、自分の好き勝手な事をさせてくれました

今度は自分が側に居てあげる番だな、とこの年になり思うようになりました
まだまだ迷惑や心配をかけることになるのかもしれません

それでもやっぱり側にいたい

そう思う気持ちが大きくなるような事があり
その気持ちは大切にしたいな、と思ったのです

最初に書いたように、決して一つの理由ではなく
様々な要因があって、それが家族への想いをきっかけに
一つの束になったという感じだと思います

そしてそれは自分の中でごく自然な流れでした

ただ3月15日にボスに話をしにいった時には
言葉の前に涙がでてきてしまい、言葉になりませんでした
きっと自分でも抱えきれないものがあったのだとおもいます
それを隠す事なく出させてくれたボスにも感謝です

アスレチックトレーニングは大好きです
アスリートはもとより、多くの人の助けになれると思います

ハワイも大好きです
この自然に恵まれた島、大切にしたいと思います

それでも僕は帰る事に決めました

これからの人生
新しい章に突入です

東京エリアを拠点にロルフィングを中心とした活動を行っていく事になると思います
ワクワクしています
楽しみです

帰るのは今日から1ヶ月後

それまでにアメリカで、ハワイで、日本で
色々な場所を通じて出逢い、感じた事
それぞれに感謝をして、残りの日々を大切にしたいと思います
この記事のURL | | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ハワイらしい休日
2012/03/18(Sun)
シーズンが終わって、2度目の週末

最初の週末は、色々とまだ片付けなければならない事や気がかりの事もあったので
休むというよりは、疲れすぎて何も出来ないという感じでしたが
一段落もついたので、気持ちよく過ごす事が出来ました

朝は、今年からUHのスポーツとして加算されたサンドバレーボールが最初の試合を
ワイキキで行っていたので見に行ってきました

対戦相手は日本体育大学

室内コートでの試合も先日行っていたのですが、今日は外

ここの所不安定だった天気も今日は快晴
気持ちよかったです

2012-03-17 08.25.49

2012-03-17 08.27.02

2012-03-17 08.31.55

2012-03-17 08.41.14

2012-03-17 08.43.52

試合観戦の後は、友人達とダイアモンドヘッド登頂
天気がよかったからか多くの人が登っていました

2012-03-17 12.41.22

山を下りたらそのまま海へ直行して2時間程海で過ごして、そのまま少し早めのハッピーアワー

早い時間での食事だったので、軽い夜食を作って、人としてのコミュニケーションや
人間の身体について、知覚や感覚について話をして夜が更けていきました

こんな時間を過ごしたのは久しぶり

そして一緒に過ごす事が出来る友人に感謝です

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やりきる事で見えてくる事
2012/01/06(Fri)
今日は仕事の後に、日本でストレングスコーチをされているAさんとお話をする機会がありました

Aさんもアメリカでお仕事をされていた事があり、ストレングスとATとで立場は違えど
似ている考えや思いというところを感じました

話は同業者としての人材育成という事にも広がり、お互いに最近感じることというのは
テキストブックスマートの子が増えた、ということ
簡単にいえば、頭でっかちの子が増えて、口ばかり達者で体がそれについてこない、という感じ

教科書の内容はよく知っているし、自分が学生の頃に知らなかったような事でもよく知ってたりする

だけど、体がそれについてこない

それは選手にたいしてデモンストレーションをする、ということではなくて
見えないところでの仕事、目立たない所での準備をおろそかにしがちであったり
選手の考えや感じている事、ニーズは無視して、自分が考える「枠」の中にはめ込んでしまう

そういうアプローチをしているから選手には信頼されない

でもそういう子に限って選手やほかのスタッフから信頼されないのは周りが悪いという考え方になってしまう

また、注意されたり、改善するようにいわれるとすぐにディフェンシブになる

これは日本人でもアメリカ人でも、アメリカに学びにきている日本人でも一緒なのだな、とおもいました

日本とアメリカでこんなにも文化/環境が違う中でも同じような状況がおきている
それはなぜなのか

多くの要因が重なって、現在の流れを作っているわけですから
決してひとつの答えだけではないですが、学生が大事にされすぎているのかな、
という印象はどうしても拭いきれません

自分の意見を持つ事ってとっても大事ですが
それ以上に大事な事は人の話を聞いて、人のしている事をよく見る事だとおもいます
だから、そのときは理不尽におこられたり、自分の意見など聞いてもらえないような思えるような
「下積み」のような経験をしておく事は長い人生の中でとっても大事な事だと思うのです

そういった時間があるからこそ、見えてくるものってとってもたくさんあって

だけどそれが軽視されて、表面上のおいしい所だけをさらっていっている兆候がでてきているのではないかな
そしてあまりにも短期間での結果を求めている傾向があるのではないでしょうか


サポートスタッフとしての役割を卑下するわけでもないですし
とってもやりがいのある仕事だし、他の仕事ではえられない経験ができるものだと思っています
だけど、最低限我々は主役ではないという事を自覚しておく事も大事だとおもいます

そういった事が頭ではなくて心で理解できていない子は違う事をした方がいいんじゃないかな
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出会いの引き寄せ
2012/01/05(Thu)
仕事が終わってからMacをいじくって、ようやくわかりかけてきました
色々なアプリを入れてみたりして、楽しんでいます

さて、今日からの1週間はなかなか面白い1週間になりそうです

スポーツ魂テンツ内ハワイからのトレーナー寄稿「Aloha!」には書きましたが
今年の抱負は人との「繋がり」

まずは新年早々、二人の若者との楽しい時間がありました

明日は日本からいらしているS&CコーチのAさんがお忙しい中、わざわざ声をかけてくださり
1-2時間程ご一緒する事ができ

翌日からはロッキーズの春期キャンプ中に大変お世話になったNさんがお仕事でいらっしゃるのですが
これもまたお忙しいのにわざわざ時間をつくってくださり、食事に行こうと誘っていただきまして

その数日後には、こちらも日本でS&CコーチをされているKさんがご自身の結婚式+ハネムーン(?)という大変貴重な時間の中、お時間を作っていただけるそうで

さらにそれから間をおかずに、日本で現役で競技生活を続けられている方もいらっしゃいます

S&Cコーチのお二方とは初めてお会いする事になりますし、選手の方も今回が2回目の顔合わせ
とはいえ1度目はほとんど言葉を交わす事もなかったのに、こうやって知人を介して声をかけていただけるのはありがたいな、とおもいます

そしてこれらの間に、ストラクチュアルインテグレーターの方と交換セッションをできればしようという話にもなっていますし、大切な友人や仲間との楽しい時間も予定されています

今年は色々と動いていこうと思っていた矢先にこうやって色々な方面から声をかけていただける
ありがたいな、とおもいます

そして帰国を視野に入れている今、日本で活動されている方々とハワイという土地で出会えるという事の意味
大切にしたいな、とおもいます

やはり、自分の活力は「人」なのだな、と実感している所です

それにしても、石井ゆかりさん(占いサイト/筋トレ)の蟹座の2012年占いのドンピシャぶりったら!

蟹座の1月は
「まず、年明けはかなり賑やかな雰囲気です。
色々な人に声をかけられたり、会いに行ったりと
風通しのよい季節となるでしょう。」


だそうです

これを一過性のものではなく、これから花咲く種にしていけたらいいな、と思います
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
林檎族の仲間入り
2012/01/04(Wed)
何年も前から考えていたけれど、イマイチ踏み切れずにいたMacへの移行

現在使っているPCがどんどん遅くなり、キーボードももげてきたので考えた挙句、良い機会ととらえてMacにしようと心を決めた年末

今日、品物が届きました

ちょっと触った感想は、慣れてなくてよくわからない、といった所

これからじっくり触れていこうと思います。よろしくね。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道筋
2012/01/02(Mon)
新年早々の再会と出会いでした

自分がATを学んだアーカンソーでATを学んでいるYちゃんと日本でトレーナー活動をしながら鍼灸の学校に通うT君

ふたりとも若いのにとってもしっかりしていて、きちんと話ができる二人で
あっという間に時間が過ぎていきました

Yちゃんは自分が出たATプログラムということもあり、そこでの思い出話をしたり
現在の状況を聞いたり、Pelvisについて教えてもらい、T君には自分が興味のある分野を
東洋医学の面から、こういったことを勉強したらよいのではないか、と教えてもらいました

自分は大学のATとして働くということを良い事も悪い事も包み隠さず話させて貰いました
この二人だったらきっと言葉尻だけではなくて受け止めてくれるかなと思ったから

それとロルフィングについても話をしました
どうやらロルフィングについて話をしている自分はとっても楽しそうらしいです

二人と話をしていて感じた事は
やはり振り返ると道筋というものができていて
その道筋には沢山の人がいてくれたからできたものなのだな、ということ

もっと解剖学的な話をしてもよかったのだろうし、もしかしたらそういう事を期待してたのかな、とも思うけれど
やっぱり自分が大切にしているものは「流れ」といったものであったり「繋がり」というものであったり
するのだな、と二人との対話を通じて感じました

何をするにしても大元にあるものは「人」と「人」
そこにあるものを大切にできないのであれば何も生まれないと思います

ちょっと前にそういったことで嫌な思いもしたので、こういうのも選ばないとな、とは正直思ったのですが
こういう若者と出会える事もあるのだから、大切にするところはしていきたいな、と教わった夜でした
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年のスタート
2012/01/01(Sun)
世界で一番遅く年があけたハワイ

日の出前には出勤だったので、年が変わる前に寝床に入っていましたが、次々にあがる花火の音で何度も起こされて迎えた新年となりました。

今年は色々と動く年になりそうな予感です

応援して下さっている方々にも喜んで、更に楽しんでもらえるようにきていきたいとおもいます

本年もよろしくお願いします

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。