スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
引越し貧乏
2008/05/31(Sat)
相変わらずこまごまとしたことがうまくいっていませんが、とりあえず元気です
さっさとビザのApprovalがおりんことには色々とものすごく不便
Grace Period中って、自分の滞在資格を公的に証明する書類ってないんですね、この立場になるまで知りませんでした。ビザは切れてるし、I-20の日程は切れているし、Work Authorizationの期日は過ぎてるし、ってことで

当面の事で言えば、明日にはモーテルを出てかなければいけないので、引越し先に入居予定なのですが、連絡してもつながらない 笑

ほかにもちょこちょこと細かいパーツがうまくいかなくて精神的に不健康ですが、まぁ時間がたてばどうにかなって行くことだろうなぁ、と思いながらぼーーとすごしています

荷物を車に積み込んだのがしばらく前なので、何を持ってきて何が必要なのかいまいち覚えていないのですが、やっぱり引越しにはお金がかかるなぁ、というのが実感

引越し先は家具つきのところが幸運にも見つかったのでベットなどを当面買う必要がないのは本当に助かりますが、なんだかんだで細かいところで出費がかさみそう

仕事は8月中旬まではじまらないので、8月末まで無収入で大してない貯金を切り崩しての生活
家賃3ヶ月分+Depositを確保しておかないといけないし、ビザ関係の事でもお金を払わなければならないかもしれない状況を考えつつ、移動費の支払いなどを考えるとうーん、気が重い。。。つーか8月末まで生活できるのか微妙 笑

移動費の方はほぼ返してもらえそうな感じになってきたけれど、すぐに返ってくるわけではないので、あまり期待せずにちょっと辛抱

ということで、日本には夏帰れないかも。単純に飛行機代が高すぎてそんな余裕がないから。 
いや、帰らなければならない状況になったら借金してでも帰らないといけないんだけどね

一体何が必要で、どれだけ用意しておかなければいけないのかがいまいちわからないのですっきりしなかったりする今日この頃です

もういい年なのにその日暮らしってどうなのよ 笑
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
手続き終了、そしてさらに暇
2008/05/30(Fri)
今日は朝からHRに行ってペーパーワークをしてきました
ほかにも同時にビザを申請する人がいるので月曜日か火曜日に同時に申請するとのこと

自分は仕事開始までおよそ3ヶ月あるので、プレミアムプロセッシングを使うかどうかわからないといわれたけれど、色々と不便な事があるので学校がプレミアムを使わないと判断した場合は自分がその額を負担するので、プレミアムでやってほしいとお願いしてきました

はてさて、どうなるかな

HR担当の人と話していたのだけれど、USCISの人もビザの事をよくわかっていないという結論に
彼らはマニュアルを読んでいるだけなので、そこに載っていないことはわかっていないし、何の責任も彼らは負わないのだから適当なものです

しかしながらわかった事

OPTのGrace Periodが切れてしまっていても、ワーキングビザ申請中でそれが10月1日までにおりれば、以前は一度出国しなければいけなかったのですが、最近の改正で出国しなくてよくなったそうです。大学等はExemptですが、それでもその期限は10月1日との回答をUSCISから受けたとHRからいわれました。ただ、何らかの理由でビザが下りなかった場合は即座に出国しないといけないそうです。ここら辺の事は知らない間に変わったりするので確認を怠らないようにしないといけないところなので、今回自分がそういわれたからといって数年後同じとは限らないからそのときが来たら各自の責任で確認はしてほしいと思います。今回の自分のケースに関してはそういうことだそうです。逆にいえば、Approvalがおりるまで国を出てはいけない、ともいわれました。

それにしても何もする事がなくて暇です
あまりにも暇なので映画見てきちゃいました
映画館なんてぜんぜん行かない人だったのに、この3週間で3本(Iron manとBaby mama)
ちなみに今日みたのは 

Sex and the City:The movie


ドラマの続編で、映画館でみる必要性はまったくないですが、
テレビで見ているあの感じそのままです

良い友達と良き恋人の存在はいつも側にいてほしいものです
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
日本人ATの残念な話
2008/05/29(Thu)
到着したその日に思いのほかあっさりとアパートが見つかってしまったので(面倒だから決めちゃったという話もある)、思いっきり暇になってしまったモーテル生活

朝はごろごろして、お昼からヘッド、野球のコーチ、そしてADと一緒に昼食
日本食レストラン(火鉢グリル)のKoto(湖都)へ

昼食はそれはそれはもうおなかを抱えて笑うような時間だったのですが、その道中にヘッドから少し残念な話を聞かされました

彼は過去に日本人ATと何度も働いた事があるので大の日本人びいき
やはりよく働くし、気も使えるから、ということなんだとおもいます

今回自分以外のもう一人の日本人ATを最終面接に呼ぼうということになり、
話し合いの上日程を調整。再度確認したうえで学校が飛行機を手配したそうですが、
その後に

「やっぱりこの日程じゃ無理だから変更してくれ」

と言ってきたそうです

面接官達の予定もあるし、実際にお金が動いてからのこの発言にヘッドは頭に来たそうですが
「この日程で来るか、この話はなかったことにするかのどちらか」
と言うと結局その人は来ないことにしたそうです

大学側は1000ドル単位のお金をどぶに捨てた事になります
そしてもちろんお金の事だけが問題じゃない
人と触れ合う仕事の中で人との関わりを横柄にする事は受け入れられない

最後に彼はこう言っていました

「もうその人を二度とどんな形で雇うこともしないし、あの学校からも人を採る事はないよ」

先にも書いたように大の日本人びいき
そうでない人だったら
「これだから日本人は。。。」ということで日本人を採る事はもうなくなってしまうと思う

今まで「日本人ブランド」を築いてきてくれた人たちがいる
今現在、頑張っている人たちがいる
そしてこれからの学生たちがいる

しかしながら、ATとして、日本人として、人として疑問符のつく行動を起こしている人の話もこの狭い世界なのでちらほらまわってきます。

頼むから頑張っている人たちの足を引っ張らないでください

自分もこういうことを口にする以上は今までお世話になった人、関わってきてくれた人、支えてきてくれた人たちを裏切る事だけは絶対にしないから
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
アパート探し
2008/05/28(Wed)
到着してから少し休憩して街を探索

主な理由はアパートを探すため

今まで住んでいた所は、100世帯くらい入るような大きな集合住宅地というかアパートがあったので、そういうのを期待して探していたのですが全くない

学校の側にあるのは大学生用のShare apartmentか一戸建て

自分が探しているのは1BRなのですが、そういうものがなかなかない
アパート自体があったとしても空きがないような状況で、見せてもらったものも駐車場がなかったり、部屋もうーん、という感じだったので疲れているなか探すのはもうあきらめて一度ホテルに

すると間もなくしてヘッドから電話があり、明日の朝アパートいくつか見に行って見よう、という連絡
それを了承した所で、もう1件だけアパートに駄目元で電話してみると、まだ空いているとのこと
しかも夜だったのですが、まだ明るかったので見に来ても良いとのこと

外見はふるーいビクトリアン調の家。中は7世帯位のアパートになっているところ。
ちょっとした手違いもあったけれど、中を見せてもらうこともでき、静かな環境、値段も範囲内
学校までもあるいていけない距離ではなく、家具付き、年単位の契約ではなく30日前に言えばいつでもでていってもいいということで、その場で決めちゃいました

ネガティブな所は洗濯機・乾燥機が建物の中にないのでコインランドリーに行かなければいけないということ

とりあえず街を知るまでの拠点として使っていければいいかな、と

2,3日で移動出来るようなので、その点も○
ということで、場所は確保できたので遊びに来てください
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動終了
2008/05/28(Wed)
昨日、モーテル到着後は疲労感に襲われながらもなぜか眠くならず少し夜更かし

幸い最後のドライブは5時間程度の予定だったので、ゆっくりめに出発

初日に少し距離を稼いでおいてよかったです
さすがに3日連続で長距離運転はしんどかった
特に最後の今日は、高速をひたすらというよりは県道のような道を走っていたので頭をからっぽにして、と言う事ができなかったので疲労感は高速を走っているよりもありました

とはいえ、無事に目的地に到着

よくやった、95年生、Subaru Legacy
CA出発当日、そしてAR出発前日にエンジンがかからないという駄々っ子ぷりも発揮してくれたけれど、運転中は何のトラブルもなく自分をここまで運んでくれました

アメリカ横断+α(南にもくだったから)、計4500マイル(7200キロ)ほどのドライブ
どうにかなるもんだ 笑

今回のドライブで助けてくれたのはやはりIpod
音楽も助けになるのですが、それも2-3時間であきてしまい、4-6時間目のドライブは自分にとって魔の時間帯だったのですが、今回はPod Castでインターネットラジオ番組をダウンロード(無料)

お笑い芸人のやる深夜ラジオのゆる~い感じが好きな人はドライブ中のアクセントになり、楽しめると思います。
学生の頃「伊集院光のOh- デカ ナイト」とか聞いていたので自分は「くだらねぇ~」と大笑いしながら運転してました。えぇ、はたからみたら車の中で爆笑しているおかしい人です

とはいえ、無事到着しました、というご報告でした
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動中の写真 VII
2008/05/27(Tue)
寝る前は比較的大丈夫だったのに、起きてから疲労感がたっぷり
雨も振りそうだし、今日は運転したくない、と思いつつもしょうがないので出発

本日の予定は9時間
こりゃたいへんだなぁ、とおもっていたのですが、出発前の懸念はただの懸念で終わり、比較的あっという間につきました

写真です

IMG_0253.jpg
高速道路を走る家 笑

IMG_0258.jpg
ちょっと不思議な感じがした雲。

IMG_0261.jpg
雲に乗りたい

IMG_0251.jpg
ペンシルバニア通過ー

IMG_0264.jpg
光は必ず差し込むもの



明日で大移動も終了かな

まだ住むところ決まってないけど 笑
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動中の写真IV
2008/05/24(Sat)
AR、Nさん宅を午前7時45分頃出発

10ヶ月ぶりの再会ですっかり忘れられていたH君が前回のように懐いてくれ始めたのにもうお別れ
次に会うときにもすっかり忘れられてしまっているのかな、、、笑

出発当日はあいにくの雨
しかし明け方のThunder stormにくらべればいいもの

ということでえっちらおっちらと出発

ARでの滞在中、お世話になった方々ありがとうございました
また会えるのを楽しみにしています

ということで写真です

IMG_0229.jpg
雨模様でしたが、先には光が、、、

IMG_0230.jpg
ちょっとこういう雲の形はおどろおどろしい

IMG_0237.jpg
St.Louisのアーチ。今年のコンベンション先取りです

そんなこんなで、12時間の運転後に到着した所は

IMG_0247.jpg


デイトン、オハイオ

この日記は翌日に書いているのですが、到着後はそこまで疲れていなかったのに起きたらどへっ、と疲れてるのを実感。今日の運転はたいへんだぁー
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
AR滞在日記 パートVI
2008/05/23(Fri)
金曜日の昼頃、Aとしばしの別れ
次にあうときはもしかしたらDoctorになっているのかも、なんておもいつつ、そんなに間があかないで再会したいな、と思ったり

その後はNさんのお宅にお世話になり、次の日は引越しで忙しいY君の家に転がり込み、本日AR最後の夜は再びNさんの家にお世話になり、子供のおもちゃになってきます

明日、明後日、移動中はモーテルに宿泊することにしたのでその場所は確保
現地に到着してからの住処はまだ決まっていないので、そちらでもモーテルを数日確保
ありがとうPriceline、そのおかげで大分安く泊まることができます

とりあえず移動中に車がつぶれることなく、何のトラブルもなく、現地に到着してからはスムーズにアパートが見つかる事をねがうのみです

でもなんかこうやって大陸を移動して今までお世話になった人や友人に会って移動しているとなんだかお別れを言って回っているような気がしてしまうのは気のせいでしょうか。


なんかあったら
「あぁ、やっぱりあれはお別れを言いに回ってたのね」とおもってください



なんてな


というわけで全くもって予定外だったARへの滞在は楽しかったです
構ってくれた方々ありがとうございました

ばいばいあーかんそー
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ビザやらパスポートやら
2008/05/22(Thu)
遊びほうけてばかりなので、ちょっと進展状況を、っていっても全然進んでないんだけど。

ようやく勤める(予定)の学校のHR(人事部)から連絡があり、
プロセスを初めて行くから、という連絡があったのだけれど、予想通りと言うかなんと言うかしょっぱなからつまずく 笑

自分は現在OPTが切れて、Grace Periodでの滞在
だけどその60日間のGrace Periodも7月の頭には切れちゃう
そして仕事開始は8月15日
H1BのApprovalはそれまでの間に確実に取れる、とはHRの弁なのだけれど

「(Approvalがおりたとして)Grace Periodが切れてから仕事開始までの1ヶ月あなた、アメリカにいても大丈夫なの?それとも帰らないといけないの?」

ってこっちが知りたいのに逆に聞かれる始末
それを調べてどうにかするのがあなたの仕事では?
何度かメールでやり取りしたけど、こちらが質問したら2日ほど放置されています
そろそろまた連絡するか

別に帰国する事は良いんです(経済的にきついけど)
ただ、しっかりしてくれよ、と
今まで外国人雇ってんだからそういう事わかる人(弁護士)いるんじゃないの?って思いますがそこらへんがこちらの事務手続きと言う事なのでしょうか

ということで帰るかも
帰るんだったらさっさと帰りたいんですけど




そしてそれに加えて、これは完全に自分のミスなんですが



パスポート洗濯してしまいました、、、




ズボンのポケットに入れていて、「あー、これ取り出さないと」と思っていたのに、階段下りてる間にすっかり忘れてそのまま洗濯機へ

ぱっとみは大きなダメージはないのだけれど、表紙と顔写真がついているページが2枚に裂けてしまったので、これは帰ったときに再申請しないといけないっぽい


というわけであいかわらずぎりぎりなばたばたです


もういや、こんな人生 笑
この記事のURL | | CM(8) | TB(0) | ▲ top
AR滞在日記 パートV
2008/05/21(Wed)
まだまだいます アーカンソー

本日はまずAについていってお買い物
本来買う予定のないものを色々と購入されていました

女性との買い物は楽しくもあるけど、試着でえっらい待たされるし、自分は気にいっているから手にとっているくせに

「What do you think?」

ときかれた時にあまり気に入らない事を正直に言うと気分を害される(だったら聞くなよ、何て思ってないですよ)ので面倒なところもありまよね、男性陣の方々?

色々なお店に引きずりまわされ、服選びや試着待ちをしたあとは映画鑑賞

見た映画はBaby Mama

37歳、キャリアウーマン
結婚相手はいないけれど子供が欲しい
人工授精を試みるけれど、自分の体に子供を宿すことがなかなかできない
だから選んだ代理母

バタバタ劇だけれど、最後はかわいらしく、ほっと笑える映画です
子供が欲しくなっちゃいます



そして主役のTina Fey(キャリアウーマン役の方)、もろにタイプです、はい。

その後は今年からできたマイナーリーグ野球チームNaturalsを観戦

IMG_0218.jpg



IMG_0220.jpg


途中で風が大分強くなり、寒くなってきたので帰ったけれど
AもDay offを満喫できたみたいでよかった、よかった

なんか久しぶりにこういうゆったりとした時間を過ごしています

新しい場所でもこういうことが出来る友達ができればいいけど。
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
AR滞在日記 パートIV
2008/05/20(Tue)
元気にお外で遊びましょう

ということで、本日はState ParkのDevils Denに行ってきました
ほんの30分程でつくのに今まで一度も行った事がなかったんですよね

グリルがおいてあると言う事なので、飲み物、お菓子、ホットドッグを持参
そして遊び道具としてゴルフクラブ・練習用のプラスチックの穴の空いたボール、サッカーボールを持参

いやぁ、めっちゃ楽しかったです


ではARの自然をお楽しみください

IMG_0182.jpg
緑が濃い

IMG_0195.jpg


IMG_0190.jpg
吊り橋

IMG_0184.jpg
本当に静かな場所でした

IMG_0197.jpg
水が澄んでいて鏡のようになっています

IMG_0201.jpg
水の中を泳ぐ蛇

IMG_0189.jpg
陽の光と影

IMG_0199.jpg
お馬鹿さん

IMG_0200.jpg
この人もうすぐ30歳

IMG_0205.jpg
逆光で眩しかった



夏はやっぱり外で遊ぶに限ります

この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
AR滞在日記 パートIII
2008/05/19(Mon)
本日は久しぶりに料理人でした

「ご飯をつくって」というリクエストがあったため、Aとその妹、そして友達のGを招いての夕飯
Aのルームメートはお出かけの予定があったので自分達がむしゃむしゃ食べているのをビールのみつつみてました

リクエストされたものが多かったのと、人のキッチンで勝手がわからなかった事もあり、ちょっとばたばたでしたが、久しぶりに誰かの為に作る料理は楽しかったです

メニューは毎回おきまりの

カレー
唐揚げ
鳥の甘辛煮

それに加えて

レタスラップ
サラダ
餃子
春巻き

リクエストされたので作っていたけれど作っている時から

「これ絶対量多すぎるだろ」と思っていたのですが案の定食べきる事なんてできなかったので
妹にお持ち帰りしてもらいました

健康志向なGがどうリアクションするかちょっと気がかりだったのですが、気に入ってくれたようなのでよかった、よかった

やっぱり一緒に食べる人がいるっていうのと、その人達が喜んで食べてくれるのをみるとつくりがいもあるってもんです

写真とり忘れたのがちょいと残念
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アーカンソー滞在日記 パート2
2008/05/18(Sun)
えぇ、まだアーカンソーです
しばらくここに滞在します

朝はAの妹と両親とご飯を食べに行きまったり
その後はこまごまとした用事をすませて、ゴルフの打ちっぱなしへ

えぇ、初体験です

ちなみにAも初心者なのでひどいもんでした 笑
でも初めての割りにはボールちゃんと叩けたし、まっすぐ飛んだりしていたのでまぁ、よしとしましょう
ちょっとこれからはじめちゃおうかな、とおもってしまいます

夜はAR時代にお世話になったNさんのお宅にお邪魔しました
2人の子供はすっかり大きくなっていてびっくり
そして、上の子はあんなになついてくれていたのに

"I don't remember"

って言われてしまいました。。。 涙

でもあいかわらずかわいかったし、腕白で、最後には、なついてくれていた頃には全く言えなかった自分の名前をしっかり呼んでくれてHugとKissまでしてくれたので良しとしましょう 笑

やっぱり子供はかわいいです
ご飯も相変わらずとってもおいしくて素敵な時間でした

やっぱり嫁はご飯が作れて(上手じゃなくてもいい)、子供好きな人に限るな、うん
この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
AR滞在日記パート1
2008/05/17(Sat)
戻って来ましたAR
さすがに多くの良い時間と苦しい時間で中身の濃い時間を過ごした場所なので帰ってきて馴染みの景色を見た時や道順を覚えていた事に少し感動してにやけてしまいました
やっぱりどこか落ち着きます

ARに到着したころは夜の7時少し前
こちらでお世話になる、THE Best FriendのAとレストランで待ち合わせて再会
「親友」とか「Best Friend」というのは軽々しく使う事ではないのはわかっているのだけれど、
彼女がBest Friendでなければ、誰がBest Friendなのだろう、という位の子

自分の方が早くついてしまったので、しばらく待っていたのですが、彼女が到着したのを発見してお互いにでっかい笑顔でかけよってBear Hug

ご飯を食べながら空いた時間を埋めるように話をしていたのですが、
10ヶ月ぶりにもかかわらず、毎日会っていたころと全くかわらない感覚
側にいるだけで落ち着きます

夜はAの妹が同じ街にいて、お母さんもたまたま彼女を訪ねてきているからということで、そちらとも再会

しかしさすがに疲れもあったので10時ごろには家に戻り就寝

次の日は、ARのチームドクターとクリニカルコーディネーターの誕生会をやるということで狩りだされました

その会を催したのはU of AのBig Booster(後援者)のひとり
こちらは税金対策で寄付をする人がおおいのですが、彼もそのひとり
税金でとられてしまうのなら、寄付をして誰かの役に立てようと言う感じの人です
ちなみに2年前のケンタッキーダービー(競馬)で2位になった馬の主でもあります
それだけでもどれくらいの規模のお金持ちかわかるでしょ?笑

とりあえず食事を用意するために買い出しに一緒にいったのですが、アスパラガスだけで80ドルも費やす人はじめてみました
他の買い物の時も値段とかみないし、気にもしないし、わらけてきます

誕生会は懐かしの顔のドクター達も表れて、とても和やかで素敵な会でした

お腹一杯たべて、飲んで、笑って

ちなみに自分は久しぶりのそう言う会でもあいかわらずグリルの前でアスパラガスを焼いたり、食器を片付けたりしてました

帰る頃には食べ過ぎて動けませんでした

うーん、やっぱり落ち着く

あ、だけど久しぶりにこちらに戻ってきて感じるのは人の視線
CAでは全くなかったので気にもしてなかったけど、Aと出かけたりご飯を食べに行ったりしているときにやったら人にみられるんですよね、アジア人だから。
それも
「あー、かえってきたんだなぁ」と感じさせられます 笑
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
移動中の写真 III
2008/05/16(Fri)
オマハで2泊して本日のお昼ころに出発

オマハでは宿泊場所を提供してくれたKちゃんの配慮で、オマハのATプログラムにいる・これから入る学生の子達と一緒に時間も過ごすことができました

引越しの最中で忙しくて落ち着かないときに宿泊先を提供してくれて感謝です
そんなときにもかかわらず色々な場所に連れて行ってくれてありがとう
とても楽しかったです

ドライブ中に窓をあけていたら、草刈をしている機械から石が飛んできて、目の下に当たったり、シートベルトのバックルがとんできて、鼻骨に当たって涙を流したり、色々な場所に体の一部をぶつけたり、しまいにはフォーチューンクッキーには

"You will bypass a serious problem"

なんて、とても幸福とはかけ離れているメッセージをもらい、身体的にも精神的にもオマハはいたかったですが、とても楽しかったです

そしてオマハは意外に都会でした
残念ながらカメラを持ち歩かなかったのでそれを証明することができませんが、、、

ありがとう


そんなわけで、本日も7-8時間ほどドライブ

本日の写真達です

IMG_0170.jpg
抜けるような青い空・もう夏の空ですね

IMG_0168.jpg
空のように澄んだ心で

IMG_0172.jpg
雲のように雄大で、臨機応変に

IMG_0173.jpg
曲がりくねっても道は続く




そして現在は、、、



IMG_0174.jpg
我が第三の故郷、、、

アーカンソー・フェイエットビル



さて、自分はどこに向かっているのでしょうか? 笑
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
移動中の写真 II
2008/05/14(Wed)
コロラド(ボルダー)ではラクロス協会時代の後輩兼ボスのM君の家に一泊、そしてその後の2日はATつながりでH君の家にお世話になりました

とりあえずコロラドはおいしくて、楽しかったです
そして道行く女の子が健康的でかわいかったです、うんかわいかった、、、かわいかったんです、、、

人種の多様性が無いということが問題になって来ているそうですが、確かに道行く人は白人ばかりでした。マジョリティーからしたら暮らしやすくてたまらない場所なんだろうな、とおもいました


では写真です

IMG_0156.jpg

ちょっと曇りがかってきました


IMG_0151.jpg

水辺


IMG_0158.jpg

コロラドを出てからは平地が続きます。車に優しい。


IMG_0148.jpg

空には吸い込まれそうになります。様々な雲の形。


そんなわけで現在は。。。

IMG_0149.jpg


ネブラスカ/オマハ
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
移動中の写真 I
2008/05/12(Mon)
移動中でございます
こんな所を運転中

IMG_0139.jpg
岩肌

IMG_0130.jpg
なんかだだっ広い
心は広く穏やかに

IMG_0140.jpg
どこまでもまっすぐ続く道。
紆余曲折の人生ですが、心だけはいつまでもまっすぐに。


IMG_0131.jpg
雪化粧な山々


IMG_0127.jpg
あの山を超えれば、、、


IMG_0137.jpg
大自然



そんなわけで現在は。。。
IMG_0143.jpg

コロラド
この記事のURL | | CM(5) | TB(0) | ▲ top
ご報告
2008/05/10(Sat)
昨日UOPで仕事納めをし、今日カリフォルニアを出ました

一部の方にはご報告しましたが、実は先週アメリカにあるとある大学から内定をいただきました

まだビザが手元にあるわけではないので、完全に安心できるわけではありませんがオファーを頂いた時は少しほっとしました。(しかし皮肉と言うかオファーを受ける返事をしてから24時間以内に4校から最終面接や電話面接の申し入れがあったのはなんとも、、、世の中そんなもんですね 笑。でもこの大学を選んだ事は後悔していません)

大学名をブログにのせるのはビザがきちんとおりてからにしようと思います
万が一おりないなんて事があったとき、このブログを見てくれている人達にその大学に対して嫌な印象をもってもらいたくはないので。

過去に外国人をATとして雇っていたこともある大学なので、基本的なサポートはしっかりしているようなので、うまく行く事を願っています。これでもだめだったらそれはそう言うことなのでしょう。

ここに来るまで、本当に多くの方々に支えていただきました
今までの出会いがあるからこその自分だと思っています
ありがとうございます

これからもお世話になった事を忘れずに、頑張って行きます
そして少しでもご恩返しができるように
そして下の子達に道筋をみせてあげられるように

仕事始めは8月なのですが、CAにいたのでは書類のやり取りをするのに時間がかかるだろうからとおもい、移動を決めました。久しぶりの長距離ドライブですが、道中友人にも会えるので楽しみです

ビザがおりるまで報告をまとうかとも思ったのですが、そうするとブログの更新ができなさそうなので
(え?なんでいきなり違う場所に行ってるの?とか説明するのが難しい)、とりあえず内定を頂きました、と言う事をこの場を借りてご報告でした

これからも自分らしくやっていこうとおもいます
この記事のURL | 就職活動 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
いままでも、そしてこれからも、、、
2008/05/09(Fri)
今日で仕事終わり

朝はフットボールに行き、選手のトリートメントをして練習に送り出してからスタッフに別れをつげてきました

そしてその後UOPに戻りバスケのコーチ達と昼食
思い出話に花を咲かせました
その中でヘッドコーチが、Athletic Departmentでの会議(全スポーツのコーチやADが集まる会議)で、女子バスケにフルタイムのATが必要だということ、そしてそれには自分が最適だと数十分にも及び熱弁を奮った話を聞きました。残念ながらそれがかなう事はなかったけれど、そう言うことをしてくれたのが嬉しいです。

「私達も次にいつどこに移るかはわからないけれど、その時にはまた一緒に働けるようにやっていこう」と言葉をかけてもらいました。
「じゃあ、最終的にはUniv. of Tennessee(今年度大学女子バスケ全米1位・超強豪) だね」と言い返したら大笑いしてました。

またいつか一緒に働けたら楽しいな
そして必ず日本に来る事、そして来た時には案内をすることを約束
学校に戻った時には何人かの選手には会う事ができて、さよならを言う事もできました

夜はATC、そしてプログラムの生徒達と食事に
皆から寄せ書きのカードをもらいました
自分が担当していた生徒からの「色々学んだ」の言葉は嬉しかったです

帰りの車には、1年前のコンベンションでインタビューをしたもうひとりの女性ATがいて、
その時の思い出話に
やはり出てくる言葉は「あれから1年なんだね。早くて信じられないわ。。。」

前回のバンケットのエントリーでは、コンベンションでインタビューをした男性ATとのやり取りを書きましたが

彼女はまた、別のところで強く印象をもっていたようで、それは自分が彼女にした質問

「このポジションはインターンだけれども、その後、フルタイムの仕事を取るにあたってこの学校・スタッフはどうサポートしてくれるのか」

彼女にとってはこれは「Best question ever」だったそうです
自分にとっては大事なことだったし、ごく自然の質問だったのですが、何が印象に残るのかわからないものです。何せ彼女が言い出すまでそんな質問していたの忘れていましたから

年度が進むに連れて、ここのスタッフは色々な話をもってきてくれたり、どこかに話がないか、ということで電話をかけてくれたりしていました。その言葉以上の行動には本当に感謝です

この数日で本当にいろいろな人から感謝の言葉を頂きました
だけど本当に感謝をしているのは自分の方

ここに来てよかった

自分を認めてくれる人達と一緒にいれた事
それがこの1年で自分が得た財産だと思う

ありがとうUniversity of the Pacific



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さよなら、またね
2008/05/08(Thu)
自分にとっての仕事終りは明日の9日なんですが、野球とソフトボールが遠征で旅だってしまうので、それぞれを担当しているATにお別れをつげました

ほんと信じられないくらい時間が早く過ぎていった日々でした
ここでの生活がもう終わるだなんて信じられないというのが本当の所

この前もソフトボール担当のATとシーズンが始まる前のコンディショニングで怪我人が続発し、自分が忙しそうにしているのをみて

「来て早々それだけ忙しいなんて、、、シーズン長いね、、、」

なんていってたのが昨日の事のようだよね、なんていっていたのを思い出します

今日は基本的にお別れを告げる日、として過ごしていたので、一緒に遠征に行っていたスポーツインフォメーションのスタッフやアスレチック ディレクターにも挨拶をしてきました

明日はいよいよ鍵を返して、UOPでの生活はおしまいです
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バンケット
2008/05/07(Wed)
本日はATプログラムのバンケット、と言う事でみんなお洒落してお昼を食べつつ、思い出話に花を咲かせたり、各賞(ベストATStudentとかそういうの)を発表したりしながら和気藹々とすごしてきました

自分はMIP(Most Improved Person)担当で、最も伸びた生徒を表彰する役をおおせつかったわけですが、その受賞者は自分のもとで女子バスケ、そしてアリーナフットボールで働いてくれた生徒

その発表をする前のスピーチを少し考えていたら、予定表にはなかったのに、アシスタントが突然壇上に立ち

「彼との出会いは去年のコンベンションで・・・」

と始まり

「ん???」

と思っていたら彼のスピーチは続き

「コンベンションでインタビューをしたら、どの質問にも自信を持って次々と答えていったので、途中で聞く事がなくなったから『Intramuralでスポーツする気ある?』と聞いたら『サッカーとかやるよ』なんていうもんだからその時点で彼にオファーをすることに決めて(笑)。。。」

と自分がUOPに関わることになったコンベンションでのインタビューの話から、

「このインターンのポジションはすごく大変で、到着したと思ったらすぐに忙しくなるのに彼はその中で見事に順応し、しっかりと仕事をこなしていってくれて、チームにも溶け込み、これはスタッフ一同意義のない事だけれど紛れもなく今までで一番のインターンでした。女子バスケチーム、そしてコーチ達から残すようにと熱烈なリクエストがあったけれど、、、こればかりはしょうがない、Thank you very much for your hard work」

と言う言葉を頂き、
「You will need this」

と、UOPのブランケットを頂きました
IMG_0116.jpg

奇遇にも、近日中に買いに行こうと思っていたのでとても嬉しかったです

今年で去るインターンということで、スタッフ一同から記念品とありがたい言葉をいただきました

思い返せば1年前のコンベンション
UOPとの面接は最終日でその時点ですでに2校から非公式ながらもオファーをもらっていたので、その日面接に行くつもりはなく、断りの電話をいれようと思いながらベットの中でまどろんでいました

すると突然なりだした電話
「University of Pacificの者だけど、今日面接の予定だけど、まだこの街にいるかどうか確認しようと思って。面接来れるかな?」

電話がかかってきてしまったので無下に断ることもできず
かなりいやいやながら準備して向かったインタビュー会場

UOPなんて聞いた事もないし、とおもっていたのですが、話をしていたらインタビュアー二人の雰囲気にとても魅かれ、どんどん興味が湧いてきて、インタビューは終了

コンベンションから帰って、どこにしようか考えていたら、真っ先に正式な連絡をくれたのがUOPでした
しかもその日は日本時間で自分の誕生日
縁起を担ぐ自分は、これもきっと何かの縁ということで、そのオファーを受け入れることにしたわけでした

それから色々な事がありました
仕事の面で、怪我が多く大変な時期はあったけれど、苦しい事はほとんどなかったと思います。本当に楽しく仕事をさせてもらいました

こちらでの生活で嫌な思いをした事もあったけれど、今振り返ればこれでよかったんだと思います
ここに来てよかった
自分の決断は間違っていなかった、と。。。

ありがとうPacific Tigers
ありがとうUniversity of the Pacific

カメラをもって行かなかったので、他の人達からもらったら写真をあげようと思います

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんな人生
2008/05/06(Tue)
ひとつ片付けばまた続けざまに問題がでてくるのが自分の人生
(そして大抵うまい事回避できずドーーンッとぶつかる)

よくもまぁ、それだけ色々と起こるよね、と言う感じですが

母と電話をしていたら

「あんたっていっつも綱渡りやな。ま、がんばり」

と言われました。。。

別に好きで綱渡っているわけじゃないんですけど...
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
終りと始まり
2008/05/05(Mon)
今日、大学とフットボールチームの方に今週で最後と言う事を伝えて来ました

TRスタッフに伝えた時は大丈夫だったのですが、バスケのコーチのオフィスに行き、その事を伝えたときに切なさが込み上げてきて少し目が潤んでしまいました

その後、大学のバスケ選手達からも
「来年残ることにきまった!?」
ときかれたけれど
「今週で終わりなんだ」
と伝えてお別れをつげたり

やっぱり寂しいのは隠せないですね

しかしながら終りがあれば始まりが、ということで方向性が見えては来ました

まだまだわかりませんが、良い報告ができれば、とおもっています

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
侮るなかれ
2008/05/03(Sat)
おいもで有名なアイダホに来ているわけですが
来る前ははっきり行ってちょっと見下す感じでした

「アイダホっつったら、あれだろ。カールおじさん見たいのがそこら中にいて、いも掘り起こしてんだろ、あのでっかいフォークみたいので」と

この場を借りていっておきたい


ごめんなさい


それがですね、意外に都会なんですよ

泊まった所がBoise Stateという有名な大学のそばだったからカレッジタウンのようになっていた、というのもあるけれど、道行く人達も健康的で、どこか余裕があって、そして女の子達はめちゃめちゃかわいかったです。むっさくるしい男達(しかもわがまま)に囲まれている生活のなかの一服の清涼剤として、朝はホテルを抜け出し、街角のコーヒーショップでゆったりとすごしてました

はっきりいってStocktonより断然いい
ボクココデクラシテモイイ

そんな充実した(?)時間を過ごした後はワガママボーイズ達のお世話、というか試合

いやぁ、今回も酷かった。。。

前半で40点差くらいつけられて2nd Q終わる前に選手達はあきらめモード
何でこのチームで一生懸命働いているのだろうと自分の行動に更なる疑問を投げかけつつ
落ち着く所は「ま、これで今度こそ最後だし」とおもいながらすごしておりました

最後は相手チームが遊び出してファンサービスのおふざけプレーをしはじめ、
終わってみれば14-77

だけど選手達はぜーんぜん応えてないんですな、これが
試合終わってへらへら笑ってるし
そりゃ勝てねぇよ、とおもったわけでした
何度試合中に「俺を出せ」と思った事か
アメフトをプレーした事なくてよかったです
プレーした事があったなら、このふがいなさに対する怒りはこんなもんじゃなかっただろうから

ちなみに今回もフィールドに飛び出すような怪我がありまして、2人試合には戻れない事とあいなりました

その後色々とトラブルがあり、自分が部屋に戻ったのは12時前
あまりのふがいなさに腹がたち眠れなかったので、少しお酒を飲みたくなり街を歩くことに。
にぎやかな所では選手に会う可能性が高かったし、あんな試合の後にふざけて飲んだくれている選手をみたら殴ってしまいそうな気がしたので、そう言う場所には近寄らず静かな場所で、とおもっていたら結局ホテルのバーに落ち着き、ビールを1杯だけ飲んで部屋に戻りました

明日は朝7時出発でCAに帰ります
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
おいもの国
2008/05/02(Fri)
全然来る心積もりをしておらず来る羽目になった今回の遠征

遠征先はおイモの州、アイダホ

どんだけ田舎なのかをある意味楽しみにしていたら、栄えている所はしっかりと栄えていて、ストックトンよりも都会的なんですけど、、、
ストックトンにはここ、アイダホで泊まっているようなホテルは、、、ない、、、

ちなみにここのホテル、地下にアリーナフットボール場・アイスホッケー場があるので、特定の部屋からは試合が観戦できちゃうようです

話変わって、ちょっとした興味本位で、飛行機のなかから大学のスタッフに自分の正式な最終日はいつなのかを聞いてみたら5月の第3週といわれたのですが、その時既に学校おわってんのに、どうして拘束しようとしているのか全くわかりません。といってもOPTが10日で切れちゃうからそれ以降働けないんだけどね。

そんなわけで、ここでの生活ももう時期おわりでございます
近いうち振り返ってみるか
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
電話終了
2008/05/01(Thu)
昨日ちょいと(大分、ともいう)ネガティブなエントリーだったので、消そうかとも思ったけれど正直な気持ちなので残す事にして、その代わりといってはなんだけど、早めに次の分を更新することにしてみた 笑

今、電話面接終了しました

今回も4人
AT二人、スイミングコーチ1人、あとはなんかの管理職の人

電話面接の手ごたえとしてはとてもスムーズにいきました
とりあえずしょっぱなにひょんな事から笑いも取れたし 笑

自分という人となりを知ろうとしてくれる雰囲気
そして、ATとしての資質や考え方を知ろうとする質問
とても感じがよかったです

元々のJob qualificationとしては、年数的に及ばないのだけれどそれを差し置いて連絡して来てくれたのは、年数だけじゃない何かを探ろうとして来てくれたからなのかな、という風に感じました

自分としても思った事を伝える事はできたのではないかな、と思います

まだアプリケーションを集めている所だから次のステップまでにはちょっと時間がかかるということなので、タイミング的にどうなるかわかりませんが、この前面接した所と比べて場所と内容的にはこちらのほうが魅力的だったりします

狭い世界で、このSearching Committeeの一人であるスイミングコーチは元University of Arkansasのコーチ 
自分のReferenceにAR時代のSupervisorがいるので、そのスイミングコーチから彼に連絡が行き、ちょっとした雑談もできたし、ARとの差も聞けたのはよかったです

ただ、問題はビザ(またかよ、って感じですがしょーがない)
とりあえず自分が次のステップに進む候補者にみなされるのであればHRから直接連絡がきて、はなしをすることになるそうな。この事に対する感触としてはかなり微妙な感じですが、はてさて。

この前On-site interviewをした所の結果次第でいつ、連絡が来るかというタイミングも大切だけどどうなることやら、ですね。

On-siteに行って様子を見てみたいというのが正直な感想かな

前回の所の結果とともに、楽しみに待とうと思います
この記事のURL | AT | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。