スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ハロウィーンはER
2008/10/31(Fri)
今日の男子サッカーのアウェーゲームは相手校のグランドが雪と氷で使用不可能となったためにキャンセル。ということでいつもどおり学校で練習をし、そのまま夜のMen's Ice Hockeyの試合を一応Sports Medicine関係者って言う事で、働いているわけではないのだけれどチームドクター達とベンチ外でお気楽に観戦

IMG_0735.jpg
IMG_0736.jpg
IMG_0737.jpg

チームドクターと談笑しながら観戦していたのですが、2ndピリオド中盤にうちの選手が相手選手におされ壁に激突し、氷の上に突っ伏したまま動かない。Men's Hockey担当のヘッドが氷上に下り選手の元へ。その様子を見ていたのですが、しばらくしても動かないのでこれは助けが必要だろうとおもい、リンクの外を走って逆サイドの選手とヘッドの元へ

で、結局

Spine board on Ice

初体験でしたが良い経験でした
ボードにのせてから運び出すとき、滑って転んではいけないので選手にも運ぶのを手伝って貰うのですが

選手  AT   選手
  スパインボード
選手  AT   選手

という感じで選手に挟んでもらいゆっくり滑りながら運ぶのは、はじめてしりました
選手達の方が良く知っていて、ボードに乗っけているときはその場所から邪魔にならないように離れ、
運ぶタイミングで近寄ってきてくれて、助けてくれました

この2週間で2回目のSpine board(1回はNon-athelticだけど)

暇だったから見に行った試合だったけれど、偶然にでも見に行っていてよかったな、とおもいました。
チームドクターはいたけれど、かなりのご高齢なのでヘッドATだけでは少し大変だったかな、とおもうのでこれからもできる限り試合は見に行って必要なときはいつでも助けられるようにしておこうと。

試合の後、ヘッドと一緒にERに寄って帰ってきたらもう日付が変わる頃
ということでアメリカでの何回目かわすれたハロウィーンはERで過ごしましたとさ

明日は男女バスケ、女子アイスホッケーのスクリメッジ、そして男子ホッケーの試合。
自分の担当は男女バスケだけだけれど、結局なんだかんだで手伝って1日中スポーツイベントに関わっていると思われます。

全てが無事に終わりますように。
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
舌が黒い
2008/10/30(Thu)
昨日歯医者に行って、前回のRoot Canalの続きをしたわけですが
その夜、歯を磨いているときに鏡をみて異変に気づきました

舌が黒い。。。

舌の上の白い所(舌苔)が茶色・黒いんです、はっきりとわかるくらいに
そしてものすごい乾燥している
写真とろうかと思ったけれどかなりグロイのでやめました

特に他に症状や体の異変はないし、食生活を変えたということもないので
恐らくは治療の時に打たれた麻酔が原因かな、とはおもうのですがとりあえず明日歯医者に電話して結構あることなのか聞いて見ようとおもってはいますが。。。

何か心辺りあるかた、教えてください

この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
寒いわけだ
2008/10/29(Wed)
昨晩から雨風が強く朝起きたら
IMG_0734.jpg
こんな感じでした

日中、雪はやんだけれど、夜の練習中は吹雪

ライトアップされたフィールドに舞う雪は幻想的でもありました
カメラを持ってなかったのが残念

サッカーシーズンも残りわずか
頑張ろう
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
それはいいのか?
2008/10/28(Tue)
うちの職場はかなり緩いです
Bossはとても理解があり、働きやすい職場です
でもそれはやるべき事は当たり前の事としてやる、と言う事が大前提にあるから

仕事は仕事
そしてプライベートはプライベートでしっかりと持ちましょう、という感じなのでとにかくBurn outしないように、ということが根底にあります

だから仕事はきっちり終わらせた後は自由。無意味にTRに残っている必要はないということで、BossはBossで勤務時間外に近くのジムでPersonal Trainingをしています
自分も勧められましたがビザの関係でやっていません、ただ同僚は最近その副業をはじめました

条件は「この大学での仕事に支障をきたさないこと」

なのですが、今日彼女は1時間ほど午前のトリートメントを早引け
その理由はPersonal Trainingのクライアントとのセッションがあるから

確かに最近の朝のトリートメントの時間、幸い大きな怪我もないので比較的静かです
Boss,自分、そして彼女3人必要ないといえば必要ないのかもしれない

そういう状況だからBossもOKをだしていたけれど、BossがOKを出すと言う見切り発車で
そのクライアントとの時間を設定してるわけで、これで自分の受け持ちのチームで怪我が起こった場合はどうするのだろうともおもうし、そもそもその時間帯に組むのはおかしいのではないかと思うんですが、どうなんでしょう

元々キャパが広い人じゃないというのと、かなり自分に都合の良い様にしか物事を運ばないので、今後の展開が心配です。週末に夜遅くまで飲み歩いて(選手に目撃されてる)、体調崩して月曜日の朝は仕事休んだりしてしまう人なのでね。。。

ありなのかなぁ、これって。。。
この記事のURL | AT | CM(3) | TB(0) | ▲ top
Season Ending Injury
2008/10/27(Mon)
なんで気づけなかったのだろう

コミュニケーションをずっと取っていたし、練習中の動きをみても何も変な様子がなかったのに
ある日を境に突然悪化
そして時間をかけてやってきたけれどリスクが高すぎるということで一足先にシーズンを終了させる結果に

情け無いし、申し訳無い
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
睡眠リズムと食事
2008/10/26(Sun)
母が今週の頭位からハワイに行っていたのですが、今日日本に向かって帰ったようです
来米前から時差を無視した電話攻撃(各日午前2時、3時、5時)により
睡眠リズムが見事に崩され、昨日、今日は寝付けない上に午前4時には目が覚め
休日のスタートをすんなりはじめることができませんでした、頭痛かったし

お昼ごろからボーっとした頭で洗濯、掃除をし、泥のように昼寝

夜はお客様をお招き
ひさしぶりに誰かの為に料理をしましたが(っていってもただのカレー)
やはり誰かの為に作るのは楽しいし、やりがいがあります

今も、結婚してからも、子供ができても、人が訪れてくれる家でいたいな、と思う今日この頃です
この記事のURL | | CM(4) | TB(0) | ▲ top
関わり方と同窓会
2008/10/25(Sat)
今日は朝からTrackのスクリーニング、その後女子バスケの練習をカバーし、男子バスケのスクリメッジカバー。2時間ほどあけたあと男子ホッケーのオープニングゲームを観戦に

ホームゲームにはチームドクターやPhysician Assistantが来てくれます
DRもPAもそれなりにお年を召しているのですが、試合前や途中に色々と話をして
楽しい時間を過ごしています

ただ同僚がね、、、
態度や人と話すときにね、、、
えぇ、相当腹がたちます。自分に対してだけでなく目上の人に対してもやることがあるのでね
自分に対しては意味なく敵対心燃やされていますが、意味がわかりません
「お前の言う事は聞かない」っていうのをめらめら出してきます、いい迷惑です。

アイスホッケーの試合は楽しかったです
一度はやってみたかったなぁ

日本では卒業から12年たって、30での同窓会が行われたとか
90名相当集まったとか
結婚して育児をしている同級生も相当いたようで、参加できなかったのが本当に残念です

次はいつなんだろうなぁ
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
反面教師
2008/10/24(Fri)
いつまでも人の立場、その人の置かれている状況を考慮して、思いやり、それを行動に移せる

そんな一人の人間でいたい

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
One of those days
2008/10/23(Thu)
ここの所、担当している男子サッカーで朝のトリートメントにやってくる選手はせいぜい一人か二人となり、少し落ち着いてきたところでしたが、これまた担当のバスケ(男女)が始まったところでそちらの方での怪我人でちょいちょい忙しくなりつつあり、拘束時間も長くなりつつあります

今日はバスケが始まるちょい前に唯一ゆっくりできる30分位の時間があったのですが、
Work Studyの生徒が血相かえて「授業中に生徒が倒れて、痙攣を起こしてるからきて!」と。
その生徒さんはEpilepsy(てんかん)持ちで、薬もここ最近飲んでなかった、とのこと
倒れた際に頭を強く打ったそうですが、幸いこの授業と言うのがHealth & Science関係のもので
担当教授が適切な処置を行い、911にも連絡していたので自分が行った頃には救急車もきていた(学校の目と鼻の先が病院)ので
たいした役にもたたなかったのですが、Spine boardして病院へ

やれやれ、と言う事で今度はサッカーに行くと
そこでも練習はじめ、そして終りにぱたん、ぱたん、とあり
また忙しくなりそうです
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋終了
2008/10/22(Wed)
雪降り始めました
氷点下突入

寒いっす

男子サッカーは勝利を収め、さらには3位のチームが敗戦したので、これで2位確定
よってトーナメントは1回戦シード

レギュラーシーズンはあと1試合を残すのみ
早いものです
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新聞に載りました
2008/10/21(Tue)
いや、悪い事したわけじゃないですから。。。


newspaper.jpg


少し前に、ラクロス部でジャーナリズムを専攻している選手に宿題でジャーナルを書かなければいけないからインタビューさせて、と言われ協力たのですがその出来が良かったらしく、新聞に載せると言う事になり写真を取られたのが先々週の金曜日
そして今日記事になりました

てっきり校内新聞に載るものだと思っていたのですが、今朝ボスから
「新聞みた?でっかく載ってたよ」と言われて「校内新聞じゃなかったの?」という感じで驚きましたが
読ませてもらったら、とても上手に書いていてくれていました

前回同様出来ることなら"Trainers"ではなくて"Athletic Trainers"として欲しかったですが、
なんにせよ我々がしている事を少しでも周りの人達に認知して貰えると言うのは嬉しいし、ありがたい事だと思います

記事はこちらのリンクからどうぞ
この記事のURL | AT | CM(10) | TB(0) | ▲ top
見掛け倒し
2008/10/20(Mon)
仕事帰りにジム行ってきました

今日は上半身トレーニングの日
下半身のトレーニングに比べて上半身のトレーニングはあまり好きじゃありません
ベンチプレスとかすごい苦手、しかも全然あがらないし。。。

もう重いものをあげる必要性もないんですが、それにしても、、、という感じで
大学の頃からちっとも変わってません、なんか情けないくらいに

スクワットなんかはいくらでもできるんですけどねぇ、、、

ま、がんばります

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寄らば大樹の影?
2008/10/19(Sun)
今日のエントリーは学生やインターンをしてる人向け、かな
ちょっとしたきっかけがあったので、思うところをかいてみようとおもいます

大きな組織や団体に属しているとそこにいるだけでそこから得られる物というのは計り知れないと思います。
環境、予算、人数、その質、などなどあげて言ったらキリが無い位に利点がある
その中から学べる事、そして人の繋がりと言うのはまたさらに大きな舞台に繋がる可能性が高い
さらにそういう大きな場所でやっていた、というのは自分の中で確固たる自信という土台になる

では大きい方が全てにおいて勝っており、全てにおいて良いのか、というとそれはまったく持って別の話
大きい所ではできなかったことが小さい所ではできたり、
逆に、小さい所であるがゆえに自分の手で行わなければならず
長い目でみたらそれは「経験」というものとして確実に自分の物になったりする

どちらにもいい所があり、悪いところがあるとおもいます

ATに関して言えば、プロやDIで名の通っている学校の方が、選手の質は高く、スタッフも揃い、機具も何でもあり、Excitementや使命感というものも煽られるから単純な意味での「やりがい」というのは大きいと思います
経験豊富な人達に囲まれて、その人達から学べる事がたくさんある
自分もそういう場に身を置かせて貰えていたので大変多くの事を学ばせてもらいました

じゃあそれよりも小さい規模の場合は、どうか、というとこれはこれでまた色々と為になる事が多い

予算がないので、必要なものが無い場合自分の想像力と創造力を使う環境がある
レントゲンひとつでも、疑いが少しでもあればすぐにとる、というのではなく本当に取る必要があるのかを見極める必要があり、Thinking Processが養われる。それはドクターに送るのに関しても同様。
良く言えば簡単に人任せにしないで、自分が決断をする環境がある

もちろんこれは学生、GA/インターン、フルタイムという、どの立場でどの環境にいるか、という差もあるとは思う

自分の考えとしては、学生の間はできるだけ大きな所で色々な人のアプローチや技術、考え方を盗み、その後は大きな所でやり続けられる人はやったらいいとはおもう。

ただ小さい所に一度行ってみたら、自分の手を汚すことにより考え方の幅が広がる気がします。少なくとも自分はそう感じています。
現在フルタイムと言う立場の違いもあるけれど、それを差し引いても大きい所にいたらここまで自分がDealしないだろう、というケースやレアな症例にあたったり、深く関わらせてもらっています

近い将来また高いレベルのところでやりたいとはおもっていますが、その環境にいるだけで何かを成し遂げている気になってしまう、というのは規模の大きい所でやっているひとつの弊害かな、なんておもいます。特に学生やインターンという立場の時。きっと自分もそうだったんだろうなと今になって思います。

プロやDIでやれる機会というのは本当に限られている、もちろん本人の努力もあるのだけれど、その環境にいられる事に感謝して、時間を大事にたくさんの事を学んで欲しいと思います

そしてそれと同時に「高校なんて」とか「DIIIなんて」と思うのではなく(もちろんピンきりだけど)、そこにはそこでやらなければならない事、DIやプロでは決して学べない事というのがあるというのも知っていて欲しいかな、と思います

それに「なんでこんな人がこんな小さな高校でやってるの???」って驚くくらい知識と経験が豊富な人って言うのもいるんですよ、ほんとに

わざわざ海を渡って、ATという決して楽では無い道を歩んでいる日本人同士
やる事をやっている人はどのレベルにいても熱い気持ちを持って臨んでいます
残念ながらそういう熱い気持ちを裏切る行為をしている人も中にはいますがそれを言い出したらきりがないし、相手にしてもしょうがない

色々と情報交換をして、お互いに学びあい、進んでいけたらいいですよね
みんなの歩んでいる道、色々と教えてもらいたいです

これからもよろしくお願いします
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
引越し先決定
2008/10/18(Sat)
今日は午後から仕事の予定だったので、早い午後の時間帯に連絡を取ってあったアパートをみてきました。場所は学校から徒歩3分、ロケーション的には文句なし

Craigslist(地域毎の掲示板みたいなもん)で見つけて、その広告文には
Rooms in elderly landlady's home, upstairs with a separate entrance, upstairs section has its own kitchen and bath, own dedicated off street parking space. Trash included but must pay own utility bill. Must be quiet and clean. No parties, no pets, no smoking. Completely furnished.

とあり、値段もかなり手頃というか安かったので、きっとものすごい狭い場所なんだろうし話半分で、とあまり期待せずに行ってみたら今住んでいる所よりも全然よくてびっくり仰天でした。だって2階全部なんだもの。

出入り口は家主とは別なので、ほんと普通のアパートみたい
2階にあがるとキッチン、バス、寝室、リビングがそれぞれの部屋になっていて、それぞれのスペースもたっぷり

洗濯機・乾燥機はないけれど、その生活にはもう慣れたので何の問題もなし
電気代・ケーブルTV・インターネット代を含めても今の家賃のみの金額と同じ位か電気代次第では下回る位

家主の娘(50代後半)と話をしていたのだけれど感じも良く、向こうも気に入ってくれたので即決め
ちなみに1階に住んでいるおばあちゃんは80代後半

あちらの家の事情で12月頭に入居と言う事になったけれど、それもこちらにとっては願ったり叶ったり

家主の娘によるとCraigslistにのっけた15分後に自分から連絡があったらしい
こんだけ万事うまく事が運び過ぎると必ず何か自分の力の及ばないところで躓くのが最近の自分の人生での流行なわけですが、そのフラグはたってはいるんですけどね

とりあえず何事もなく引越しができるといいなぁ

それから試合の方は勝ったとの報告!
これで単独2位!
1位は全勝しているチームなのでそこに追いつく事は不可能なのですが、3位とは1ポイント差。
しかしながらこの水曜日、この1位と3位のチームが対戦することになっており、ここは順当に1位のチームに勝ってもらい、うちも取りこぼすことなく水曜日の試合を取れば2位通過決定で、トーナメント1回戦シード確定

うーん、どきどき
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
一歩前進
2008/10/17(Fri)
今日は朝6時から男子バスケが練習だったので久々の早起きでTRへ
2年連続カンファレンスタイトルを獲り、NCAAトーナメントにも出場したチームですが、大黒柱の2人が抜けて今年はどうなるのかな、と言うところですがなかなか見ていて面白い選手達がいました。その後女子の練習もみたのですが、1日6時間バスケットの練習を見ているのは正直退屈です、男子はともかく女子はね。。。

「あぁ、こういう体の使い方したらもっといいのに」
「ここを鍛えたら、意識したらパフォーマンスが向上するのに」と思いながら練習をみてましたが
やっぱり練習をただじーーーっとみて、怪我が起こるのを待っているのは性に合わないです

遠路はるばる遠征に行っている男子サッカー
今シーズン、アウェイゲーム+芝のコンビネーションにはとことん相性が悪く2戦2敗という結果でしたが、今日は無事に1-0で勝利を収めたと聞いて本当に嬉しい!こんなに気になって気になって、そして結果がわかって嬉しくなるとは自分でも少し驚きです

これでチームは2週前の7位、先週の5位から2位にジャンプアップ

というのもスケジュールの都合で、うちはシーズン前半に強豪校との試合が相次ぎ、
現在上位に名前を並べている学校は今週、来週でお互いつぶしあうという形なので、明日取りこぼさずに進めば上位2位に入り、トーナメントのシード権を獲得できる可能性がみえてきました

とはいえ、全ては明日の試合に勝ってから
がんばれっ!

夜はバレーボールのSUNYACトーナメントがうちを会場にあったので、働く予定はなかったけれどちょっとお手伝いして、その後試合を観戦してたら15時間くらい学校にいる事に気づいたので帰宅

あしたは5つのチームがAlumuni Gameを行うそうで、それはそれでバタバタしそうです
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
物の言い方
2008/10/16(Thu)
サッカー部は遠征に出発
今週末はホームイベントが色々とあるので遠征には帯同せず
色々と気になる選手もいるけれど、無事に帰ってきて欲しいです
もちろん白星二つ手土産に

ちょっと今日は同僚(女・年下)の言動にカチンときた所がありました

少し忙しくなると1のことを10のようにいうのは男女問わずこちらの方々の特徴ですが
(それでもこちらからみたら『それ位で騒ぐな』というレベル)
それに加えてなんなんでしょう、自信がないんでしょうか
それを隠すかのように自己弁護したり、人の言うこと聞かずにまくし立てたり
結果としてこちらが言っていることと全然違う事をしはじめたり、文句を言い始めたり
それはBossに対しても一緒

別に勝負しているわけでもなんでもないのに
「お前なんかに負けるか・言うことを聞いてられるか」オーラを出してくる
負けず嫌いは嫌いじゃないけど、どーも人種的な事が絡んでるっぽいんですよねぇー
アジア人=下 みたいな
「RとLの発音の区別もできないくせにっ!」みたいな
ま、どーでもいーけど

それにしても物の言い方ってあるよなぁ、って思うわけです

自分のことだけ言われるならまだしても、自分が面倒見ているチームのことを悪く言われると
かなりカチンとくる
それを追求したところで『そんなつもりで言ってない』とか言われるんですが。

お前がどう思っているか、というのも大事だけれど、それがどう伝わるのかっていう事のほうがもっと大事なんだって話です。20代後半の後半に入っていてもなってそんなことがわからんだったらさっさと帰れ、とにこやかに思うわけで。
この年まで来てしまったら表面上は良い顔してても、本当に大変なときや本当の意味での中身は変われないだろうな、と。大事なところで自己弁護や言い訳をしてしまうから。それにもう怒ってくれる人もいないだろうし。
なんというか、残念なところです


気分転換をかねて今日はお昼休み中に再びジムで下半身のトレーニング
で、スクワットやら一通りして着替えている時にふと鏡に目をやると

IMG_0728.jpg

こんな感じで両肩に赤いスジ
TRでも「なにやったの?」と言われる始末
でも遠征のときにMedical kitとか運んでいるだけでもここまでではないとはいえこんな感じになってしまいます

バスケットの練習が昨日からはじまったのでついにOverlap Seasonです
自分が持っているスポーツ、(サッカー、バスケ、ラクロス)が今全部練習中なので少しバタバタ
とりあえずラクロスがもうじきおわるのが救いです

人にばかり運動させたりではなくて、自分もきっちり体を鍛えないとおもう今日この頃です
寒さになんか負けてたまるか
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
食欲の秋・運動の秋・学びの秋
2008/10/15(Wed)
ここの所、朝晩は冷え込みますが、日中は気候が非常に穏やかで外にいるのが気持ちいいです
木々もすっかり紅葉しています

少しずつ勉強も再開し、今はまだ頭の中にいれていくというよりもその前の作業段階
これを早く終わらせ、頭の中に入れ、自分の中に落とし込み、外に出せるようになるには
どれくらいかかるのかわかりませんが、下準備をしている時は時間を忘れて没頭できるので
嫌いではないです

そして、ようやく学校のジムに行くことにしました
あまり大きくないし、空いている時間も中途半端なのであまり勧められておらず
うちのヘッドが副業でPersonal Trainerをしているジムを勧められたのですが、
セメスターの半分が過ぎた今、使用料も3ヶ月で40ドルと言う事なので迷わずこちらに参加
うまい事学生が少ない時間にいければな、と思いつつ久しぶりにやったウエイトで肩と腕がすでに痛いです。年末までにもう少し体を引き締めたい所です。

それにしても、秋刀魚が食べたい
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
密告・『華麗なる一族』
2008/10/14(Tue)
友人から連絡があり、とある州のとある場所で日本人学生がUndertableで働いていたのが
密告され、そこで働いていた数人が強制送還になったそうです

今までやってきた事を全て失う訳です
本人はもとより、親御さんはどんな気持ちでしょう

その密告の経緯ですが痴情のもつれのようです
女の恨みは恐ろしい
けどそういう行動を取らせてしまった事がいけないということでしょうか

痴情のもつれにかかわらず、経営者も逮捕・罰せられるので
ビジネスの競争相手からの密告もあるそうです

何にせよ「ばれないから」というのは何の理由にならないし、守ってくれるわけでもないので
万が一があってはいけない事ですからもしも皆さんの周りにそう言う人(こっそり働いている人)がいるなら進言してあげてください

ばれてから、ではただただ悲惨であり、取り戻す事はできないのだから

連休中は主に読書、たまに勉強をしていました
読んだのは山崎豊子の『華麗なる一族』

02356095s.jpg

この人の作品はぐいっ、っとのめり込ませる力があるのでしょうか、次へ次へ、と読んで行ってしまいます

この作品でも様々な「密告」があり、物語が進んで行きますが
結局の所、外から見えているものと中側にあるというものは違うと言う事でしょうか

鉄平の愚直とも言えるまっすぐさは男であれば持っていたい一面ではあります

ただ、いくらなんでも木村拓也はないだろ
この記事のURL | 言葉 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
診断求む
2008/10/13(Mon)
まだCAのアリーナフットボールチームで働いていた頃からでしょうか
時々左ひざのQuad Tendonあたりが何とも言えない痛みに襲われます

knee-tendons-anterior.jpg

痛みの部類としてはDull/Achy
痛みが起こるときはランダムなのですが、動いている時に感じる事はまずなく、座っているとき、寝ているときにいきなりやってきます(Knee straight/ Knee bent関係なし)
ググーーーッ っとえぐられるような痛みが5-10秒続いたあと スゥーー っとひいていきます
その痛みの時は何とも言えず声がでない
たまに連続してその痛みがやってくることもありますが、そんなに頻繁に襲われると言う感じでもない、恐らく1-2日に1回から多くて3回くらい。まったく痛みがない時もあるわけで。

階段の上り下りで痛みや弱さを感じる事もないですし、Give outも、Catching, Clickingもない
もちろん腫れもない
特にQuadを使う運動をしているわけでもないので、Tendonitisでもないとおもう

何かしたかなぁ、と思い当たるのは前述のアリーナで働いていたときにフェンスを飛び越えた時
着地でバランスを崩して踏ん張ったときに膝が ガクッ となった事くらい
でもそのときに急激な痛みなども特に感じなかったのですが、思い当たる節はそれくらい
しかしそんなのももう4-5ヶ月前ですからそんな影響があるともおもえない

まったく持ってわかりません
どなたか何かしらアイデアありますでしょうか

ってこんな事を自分の見てるAthleteが言ってきたら
「Suck it up」って言って終わるんだけどね


ついでにもうひとつ
家のネットが開設以来常に不安定でこの3ヶ月位ですでに10回以上カスタマーサービスに連絡していて、テクニシャンにも来て貰ったのですが、数日たったらあいもかわらず不安定
明日再度来る事になっていますが、こっちのほうもしっかり直しておくんなまし。
この記事のURL | AT | CM(3) | TB(0) | ▲ top
頭をからっぽに
2008/10/12(Sun)
Columbus weekendでのお休み

ちょっと疲れが溜まっていたので今日は意識的にAT関連の事は考えないようにしてすごしてみました

ゆっくり、のんびりして部屋の片付け
それからはコーヒーショップでのんびり読書
久しぶりにお世話になった方に連絡をし、元気なお声を聞いて安心したり

結局夜はふとした事からAT関連の事を考えてしまったわけですが
これじゃいかん、ということで飲みにいってこようとおもいます



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レギュラーシーズンホームゲーム最終戦
2008/10/11(Sat)
昨日の試合を勝利で収め、今日はホーム最終戦
先週末に1分1敗という成績であったために順位を大幅に落とし、今週ひとつでもまけると
プレイオフ進出すら危うくなる試合でした

対戦相手は昨年度カンファレンスを無敗で制した学校で
1981年以来負け続けていた相手

かなり白熱した試合で、開始直後に相手選手が頭から流血しER送りに
その後もちょこちょこと色々ありましたが、どうにか勝利を収める事ができ選手も、コーチもご満悦
色々とプレッシャーもあり、疲れた週でしたが無事にすんでよかったです

これで火曜日の夜までオフ
特にやる事もないので、ゆっくりすることにします
誰か遊びにきてくれたら全力でお相手します
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
50歳の顔
2008/10/10(Fri)
とあるメーリングリストからこんな言葉が回ってきたので抜粋

20歳の顔は、自然の贈り物
50歳の顔は、あなたの功績


20歳の頃は好きなことばっかりやってた
やらせて貰えてた
だから自然と笑顔ですごしてた
それは何より親からの贈り物だったのだと思う

20代最後の年はその頃の自分と比べてあまりにも違う感覚に支配され
ものすごく苦しかった
今となってはその原因もわかっているのだけれど、当時はそれがわからず辛かった

30になったいま、少しずつ昔の自分を取り戻せている感覚がある
もちろん昔と完全に同じになる必要なんてないし、そうあれるわけがないのだけれど
自分が好きな自分でいられる、その感覚はとても大事だとおもう

自分はどんな顔で笑っているのだろう
自分の背中は何を見せていられるのだろう

良い時間、苦しい時間をたくさん重ねて
50歳になったとき、誇れる顔でいたい
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬はもうすぐ
2008/10/09(Thu)
仕事の上では比較的穏やかな日々が続いていたのですが
週末の試合を前に少しばたばたしています

うちがNCAAトーナメントに行くためにはカンファレンス優勝しか道が残されていないので
少しでも順位を上げて有利な戦いをしたい、そのためにはこれから先1戦も落とせない、という状況

怪我人の状況もあって珍しくコーチにプレッシャーを強い語調でかけられたりしながらも
自分のやれることをやっているわけですが、なかなか疲れが抜けきらない今日この頃です

大分寒くもなってきました
夜の練習は本当に寒い、もうすでにニット帽、手袋着用です
先日の朝はウインドシールドがすでに凍ってましたしね
風邪を引かないように気をつけたいところです

今日気になった本をアマゾンで注文
そろそろ勉強もしていかないとね

それから今週末の土曜日の試合後から来週の火曜日の午前中までColumbus weekendでおやすみ
72時間のお休みがあるわけですが、予定はなにもありません
誰か遊んでください
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
大切なもの
2008/10/08(Wed)
自分は「言葉」が大好きです
言葉は勇気付けてくれたり、支えてくれたり、心を暖かくしてくれたり、人の心を動かす事ができるから

それと同時に「言葉」は怖い物だとおもいます
人を傷つけてしまう事もあれば、傷つけられる事もあり
それにより痛められた心が元に戻るのには体の傷よりもずっと時間がかかるから

言葉をとても大切にしてくれる友人に囲まれている
そんな自分はとても幸せだとおもいます
今日はそんな友人の一人と久しぶりに連絡がとれました

色々な迷いや悩みがあるときに、かけてくれる言葉
それは決して口先だけではないから心に届くのだとおもいます

自分の大切に思っている物を大切にしてくれる友達
大切にしていきたいです
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Pain tolerance
2008/10/06(Mon)
自分で言うのもなんですが、自分のPain toleranceは高い方だと思ってます
肩を脱臼をしたときも、手首を亜脱臼した時も、肋骨にヒビが入ったときも痛みはもちろんあったけれど、痛みで何もできない・しないということもなかったし、怪我があっても痛みのせいで試合に出ないということは一度もなかったから

先週の土曜日の試合、とある選手が足首の痛みでこれ以上プレーできないといって途中退場。
話を聞いても、怪我の評価をしてもこれと言って問題点はなく、腫れもない
正直なところ「ほんとにちょっとだけひねっちゃっただけだね」というレベルで、試合に戻らないのがおかしいくらい、という自分の判断だったのですが、「もう無理だ」と主張するのでそれ以上試合には出ず。

しかしながら日曜日、そして今朝のトリートメントにもこなかったので「やっぱり何でもないんじゃん」と思っていたのですが、練習前になってのこのこやってきて「痛くてたまらない」という

だったら何でトリートメントに来なかったんだ、という話をしたわけですが、とにかくもう一度みても何にも悪いところがないので練習に参加させるも、途中で「もう無理だ」という。それにとどまらず
「レントゲンをとりにいく。絶対取りに行く、なんと言おうと取りに行く」と言い出すので
「取ったところで、99.9%ネガティブだよ。それにとったところでどうなるってわけでもないし。」という話をしていたらチームメートが

"Hey, Taka knows what he is doing, so calm down and listen to him"となだめるも
"You shut up, I am the one who is having the pain, not YOU!!!"

と騒ぐので「まぁいいからあとでTRおいで、ちょっと話をしよう」と。

再度、患部をみて色々と話を聞いて、テストを(何もないとわかっていても彼を満足させるために)してもやはり何もないので話をして落ち着かせることに。
そもそも今レントゲンを取って、仮に折れていたとしても6週間後に再診ということになるだけで
6週間後にはシーズンは終わってしまうわけですから。

とまぁ、めんどくせぇなぁと思いながらRoot Canalをやった2時間後には普通に働いていたわけでした

あほかっちゅーねん
この記事のURL | AT | CM(3) | TB(0) | ▲ top
家探し
2008/10/05(Sun)
めっきり寒くなってまいりました
朝方と夜の気温はほぼ氷点下
だけどアパートの管理人がヒーターを入れてくれません、大分前にお願いはしたんですけどね。。。

この町にも大分なれてきたし、生活のリズムも落ち着いてきたので引越しを考えています
今のアパートはこちらに住む所もないまま越してきて、偶然初日にみつけて移り住んだ場所
家具付ですぐに入れるということだったので即決め。まったく悪い場所ではないのですが、もう少し安くおさえたいな、と。

この町にきてもう半年がたとうとしています、時の流れは本当に早いものです



この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
足止め
2008/10/04(Sat)
道中バスが故障にみまわれながらも無事日付が変わる前にかえってきました

試合の方は勝ってしかるべき試合を落とし、かなりみんな落ち込みぎみでしたが、また頑張って貰うしかありません。うちは人工芝のグランドなんですが、芝のグランドでの試合になるとどうも勝手が違うのかあまりスムーズに事を運べていないように思います。まぁDIIIの芝のグランドなんて手入れされていないので勝手が違うのは当然なんですが。本当に強いチームはどんなことがあれ勝つ方法をみつけるもの。まだまだこんなもんじゃないはず、がんばれ!

それにしても対戦相手の卒業生のマナーの悪い事には腹がたちました
本来いてはいけない我々がわのベンチサイドに陣取り、汚い野次を常にとばし、選手のウォーミングアップは邪魔をする。最低でした。お酒も飲んでいるようでしたし。
それを咎めない学校側の運営にも疑問が残ります
本当に醜かった

自分が遠征について行った試合はこれで0勝2敗1分

ということでもう遠征にはついて行かないほうがいいんじゃないか、って話になってます
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
試合前夜と試合
2008/10/03(Fri)
昨日Plattsburghで軽く練習してから、夕方5時くらいに出発し、ホテルに到着したのが夜10時過ぎ

試合時間は午後6時からなので、かなりゆったりとしたスケジュール
自分は第二アシスタントコーチと同部屋

ホテルに到着するや否やHCから連絡があり
「選手の怪我の状況について知りたいから、アシスタントコーチも連れて俺の部屋に来てくれ」

Injury report今朝送ってんじゃん、そこからかわってねぇよ  と思いつつも、大事な試合だし報告漏れがあっても行けないとおもいLap topを小脇に抱えHCの部屋に入るや否や

はいっ

と手渡される缶ビール

「本気でそんなミーティングすると思ってたの?するわけないじゃん」ということでそこからコーチ陣と深夜まで続く飲み会&トランプ。解散してからはぐっすり就寝。遠征先のホテルの方がやっぱり良く眠れます。

試合の方は前半終了間際に凡ミスから失点
後半開始早々同点においつき、あとは双方決め手にかき結局ドロー
最終順位決定する目的のためだけにPKをして、それは5-3でとったので、これでレギュラーシーズンが終わったときにうちとCortlandが勝敗数同時だった場合、うちがひとつ上にいくことになります

今日の審判は過去最低でした
両ベンチから常に大ブーイングw
反則のコールに一貫性まるでなし、イエローカードの一貫性もまるでなし
試合中も常に自信なさそうにしてるし、危険なプレーは全て目をつぶる
選手が「ファールだろ!」というと笛を吹いちゃう
アドバンテージなのに、試合を止めちゃう
審判がコントロールできてないから選手はどんどんエキサイトして危険なプレーにはしっちゃう

見ていて本当に怖かったです
あんな風にしかできないならやめればいいのに、と思ったわけでした
とにかく、両チームの子供達が怪我しなくて良かった

明日もう一試合して、再びバスに5時間ほど揺られて帰ります
家につくのは日付がかわるころかな?
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シラキュースらへん
2008/10/02(Thu)
遠征でシラキュースエリアにきています

対戦相手はCortlandとOswego
カンファレンスで優勝するにはもうひとつも落とせません

Cortlandは全てのチームがなかなかの力を持っているところ
ラクロスは昨年度DIIIでNCAAチャンピオンになっています
(ラクロスをやっている人しかわからないだろうけれど、Casey Powellが去年からアシスタントコーチをやってます。Publicityの為にやっているだけだって言われているけれど。日本人の選手もいました)

毎週末おもいますが、とにかく怪我無く無事に乗り切って欲しいと思います
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
予想通り
2008/10/01(Wed)
歯医者行って来ました

2年前にARでの症状と同じ感じなので覚悟はしてましたが
はい、そのとおり

再びRoot Canal(根幹治療)

レントゲン見たら見事に神経まで侵されました
しかも上からじゃなくて、横から

「こりゃいたいはずだよ」by歯医者

日本にいたときは子供のころ以外で歯医者の世話になる事なんてなかったのに
アメリカきてこれで3年連続でっかい治療をしています
ちゃんと歯は磨いているんですけどねぇ。。。

予約がいっぱいで結局月曜日にやることに

明日から遠征だし、とりあえずイブプロフェン漬けの5日間になりそうです

定期健診はいくべきです、ほんと

Root Canalをする事をヘッドに伝えたら
"Oh! You are so lucky! I hope it hurts" だってさ
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。