スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ばいばいハワイ
2010/03/31(Wed)
今晩ハワイを出て、Rolfingのクラス(Unit II)をとるために2ヶ月間コロラドはボルダーに行ってきます

昨年の今頃はまだ極寒のUpstate NY
そこで就職活動をしている最中にこのクラスの為の準備をし、授業初日にUHからオファーをもらい
その後の2ヶ月は本当に多くの出逢いと、気づきと、知識と技術をさずけてもらいました
コロラドを出る時にはビザ騒ぎによるドタバタ劇
そしてめまぐるしい引越しから早約1年

またボルダーに戻れること、心から嬉しく思います

そしてセメスターの途中にもかかわらず、自分の担当スポーツのシーズンが終わっているからということで
送り出してくれた職場にも多いに感謝です

しっかり勉強して、また色々と感じてこようと思います

I will miss you, Hawaii
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(3) | TB(0) | ▲ top
またね
2010/03/28(Sun)
今日は自分について実習をしていてくれていた学生(アメリカ人)にお礼とお別れの意味を込めて彼らを居酒屋に連れて行きました

一人は先セメスターのバスケが始まる時から、もうひとりは今セメスターから自分についてくれました

二人とも良く頑張ってくれました
彼女らとはとても楽しく仕事をすることができました

自分は一般的なアスレチックトレーナーとは少し違うというか、近い将来今やっているような事とは少し違う事をしようとしている人間なので、必ずしもアスレチックトレーニングの良い所ばかりをみせてはいなかっただろうし、
今の彼らには少し早すぎる事を見せていたかもしれないけれど、それでもやはり何かを学ぼうとしてくれる姿勢というのはこちらからしてもありがたく、楽しい思いをさせてくれるものでした

前にも書いたけれど自分は万人受けするタイプではないのはわかっているし
煙たがられたり、面倒くさがられる事も多々ありますが、彼女らは自ら学ぼうとアプローチしてくれる子たちだったのでとても楽だったし、本当に楽しく「学生」として扱うというよりは「同僚」という感覚に近かったように思います。もちろん知識、技術の面ではSuperviseが必要で、その点は怠りませんでしたが、信頼できるだけの事を短期間でやってくれたとおもいます

プログラムを存続させる事がはっきりと決まらなかった事によりこういった学生を流出させてしまう事は大きな痛手だと思います。ただ彼女達にとっては他の場所に行くことで違うものを経験できるし、新たな受け入れ先でも彼女たちの存在を享受できるので、業界にとっては決してマイナスではないのですが、やはり自分としては寂しいものです

自分はもうすぐコロラドにたつので、彼女たちが今セメスターを終了するのを見届けることはできませんが、
自分が出発する前に一度オフィスに立ち寄ると言ってくれました
そしてボストンに遊びに来るように、とも

自分が後どれだけUH,もしくは他の大学なりでATを今のようにしているかはわかりませんが、
彼女たちとの再会を楽しみにしたいと思います
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ぎりぎりセーフ???
2010/03/22(Mon)
先日、ビザにまつわる事で聞いた話

なんでも次年度から、UHではビザを必要とするスタッフを新規で雇うことは見送るらしい
つまり、外国人を雇わない、ということ

現在仕事についている人に関しては継続らしいのと、あとはおそらく教授職は例外
だけど、そうでない外国人に関しては門戸を閉じるそうな

その理由は、この経済危機状況で、アメリカ市民・GC保持者がクビをきられているのに
外国人に職を与えることはナンセンスであり、アメリカ市民を守る事が先決、ということらしい
UHは州立校なので、うちがそうすると言うことは他のState Jobも同じなんだろうなぁ、と

言っていることはわかります
我々はあくまでも「外国人」であり、この国ではあくまでお客様、守るべきは国の人間
それは当然
(ま、こちらも税金払っているんですけど)

でもそんな単純に「外国人だから」という理由で仕事を与えないと言うのは違うと思うのです
単純なる事務作業とかならわかります
でも経験や知識を必要とする仕事もある
雇われているのには理由があるわけです

我々の仕事、ATだってそうです

第二言語を教える仕事はどうでしょうか?
第二言語を習得した経験のない人に、第二言語を教えることはできるのでしょうか

他にも色々とあると思います

しょうがないことかも知れないけれど、やはり聞くととても残念に思うと同時に
じぶんが労働ビザの元働いている立場の弱さを痛感させられます
Green Cardもサポートしてもらえないと言うこともわかったので、これが次に進むためのサインなのかもしれません

とりあえず自分は今ビザ更新のプロセスをすすめてもらっているところなので、それがどうなるのか少なからず心配ですが、こういう経済状況やタイミングで、こういう仕事につかせてもらえているのも意味があることですからね

大局を見極めて流されていければな、とおもいます
この記事のURL | AT | CM(2) | TB(0) | ▲ top
何度も
2010/03/22(Mon)
書いていますが、やはり人はどこかで繋がるもの

先日、関西の方でATをされているIさんから連絡があり
「うちの監督がハワイ大によるというので、もしあえばよろしく」
と伝えられていたのですが、その後監督さんの方から連絡はなく
どうしているのかなぁ、とおもいながら過ごしていた数日

すると、今度は自分の大学の先輩であり、NY時代にお世話になったTさんから着電
彼は出張でハワイにもちょくちょく来ているので、またその事かな、とおもったら
彼の上司がハワイ出張にくることになり、少し時間があるから紹介しようとおもって、との事

電話番号をもらって、その方に留守電を残し翌日落ち合うと待ち合わせ場所に現れたのは二人

その方は前述したIさんから連絡をうけていた監督さんと同期
大学スポーツとは全くかかわらず、出張で来ているのだけれど、その監督さんとも合流して、、、

ということで予期せぬ形で監督さんとも落ち合うことができました

ほんとどこから繋がっていくのかわからないものです
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ひとつの輪に
2010/03/15(Mon)
前回のエントリーでかいた東海大学の方々の中で

コーチとして帯同されていた方の同期は、自分にとって業界の先輩であり交流のある方
ATCとして帯同されていた方の同期、も自分にとって業界の先輩であり交流がある方
日本体育協会ATであり、チアリーディング部に帯同されていた方の後輩は、自分にとって業界の後輩でもちろん交流あり
ストレングスとして帯同されていた方にも共通の知人

本当に狭い世界であります

そして東海大学の皆さまが帰国の路についた翌日
日本の某大学で教鞭をとられているN先生が来ハワイ

はじめてお目にかかりましたが、とても気さくで楽しい時間を提供していただきました

そしてこのN先生の教え子は
自分のアーカンソー時代のルームメートであり、現在はミシガンで頑張るY君
そしてここハワイでつい最近まで学生だったKとH

ひょんなことから繋がっていく
それがこの世界、最大の魅力だと思います

表面だけの知り合いではなく、多くの仲間をここ、ハワイを通じて増やして行きたいですね
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東海大学フットボール&チアリーディング
2010/03/12(Fri)
数日前から東海大学フットボール部とチアリーディング部がここハワイ大学で練習をしていて、今日がその最終日
自分は遠征中でしたのでほとんど何の力にもなれませんでしたが、今日は朝から練習のほうを見させてもらいました

フットボール部、チアリーディング部、学生トレーナー、およびコーチ陣総勢73名
しかしこちらの人に比べてサイズが小さいのでそんなに沢山いるように思えません
きっとそれは皆礼儀正しくコンパクトにまとまって行動するからなのかな、とおもったり
ただ単に欧米人でかすぎなのか、主に横に

選手も、学生トレーナーの子もみんな礼儀正しく、気持ちの良い挨拶をしてくれます
そんな彼らの元気な声のおかげで、こちらもとってもすがすがしい気持ちになり、自然と笑顔がこぼれてきます

東海大学出身の知り合いは自分にも多く、当然のごとくアスレチックトレーナー・コーチ陣の方々とも繋がっていきます

何度も書きますが、だからとういわけではありませんがやはり悪いことはできません
どうせ話が広まるなら良い形で広げていきたいものですし
こういった事がきっかけで更にお互いの世界が広がっていけばいいな、と思います

この環境で練習ができること、日本の学生達にはとても新鮮で刺激になっていたようです
こういう環境にいること、自分自身は慣れてはいけないな、と思わされました
少しでもこの経験が今後に生きてくれると嬉しいな、とおもいます

東海大学の皆さま、ありがとうございました

s_IMG_0779.jpg
チアリーダー達

s_IMG_0782.jpg
練習風景

s_IMG_0781.jpg
このヘルメットが懐かしい方もいるのでは?

s_IMG_0780.jpg
ちょうどココナッツの実を業者の方が切り落としていたのでそのうちのひとつを割って、皆さんにも少しついばんでいただきました

この記事のURL | AT | CM(3) | TB(0) | ▲ top
2009-2010シーズン終了
2010/03/10(Wed)
Renoで行われたWACトーナメント1回戦
対戦相手はカンファレンスゲーム無敗のフレズノ

シーズン初戦、Awayで戦いぼっこぼこにされた相手
シーズン2回目はHomeで少し意地を見せる事が出来た相手

今シーズン3回目の顔合わせとなるプレーオフ1回戦での試合は
始まりはよかったけれど、途中でシーズンを通して苦労させられた悪いところが出始め
そこで生まれたミスから点数を献上
途中挽回するシーンも見られたけれど点差を埋める事はできずに試合終了
2009-10年シーズンの終了となりました

本当に多くの事があったこのシーズン
コーチ陣が一新され、3人の退部者を出し、1人日本人が途中から加わり、2人シーズンエンディングの怪我もあり、
シーズン直前はただ一人の4年生も手術があり、シーズン後には手術が予定されている選手もいて。

女子チームという事もあり、Emotionalになっている選手の対応にはこちらも影響されたり、嫌な思いをすることも
少なからずありましたが、やはり最後の試合というのは嫌なものでもう少しシーズンが続いてほしかったと思います

とても長い月日だったけれど、振り返ると本当にあっという間

試合終了後にコーチが話している時、色々な事が思い出され
つくづく自分の涙腺は弱くなったな、と思います

今シーズンはこれにて終了
まずはゆっくりと体と心を休めて、学業に戻り次のシーズンに備えてほしいと思います

お疲れ様
そして来年また頑張ろう

Let's go BOWS!
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
@Reno
2010/03/08(Mon)
Utah St.で敗戦のあと、NevadaのRenoにやってきました
ここはカンファレンスゲームでもやってきましたが、WACのトーナメントも今年はここで行われます

日曜日に入ったとはいえ、試合があるのは水曜日
かなり時間を持て余す事になりそうです

自分はどうも時差ぼけにやられている様子
選手たちはぐっすり休んでいられているのなら良いけれど
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再会10@Utah State
2010/03/06(Sat)
カンファレンス最終戦は最後の1秒までわからない試合でしたが
うちのシュートがリングにはじかれて試合終了、2点差での敗戦となりました
プレーオフではカンファレンス無敗のFresno Stateと対戦することになります

試合のほうは残念でしたが、自分にとっては嬉しい事が

試合終了後、コートを後にしようとすると反対側のコートから見た事のある顔が

UOPでインターンをしていた時の教え子がここUtah StateでGraduate Assistantとして在学していたのです!

色々とあったので、すっかりと連絡をとるのを忘れていたのですが
たまたま朝時間があったので自分のFacebookに書き込みをしたところ、それをみてサッカーの試合をカバーしていたけれど、仕事が終わったらすぐに飛んできた、とのこと

とても元気そうにしていたし、仕事のほうもうまくやっていて、楽しんでくれているようなのが
本当に嬉しかったです

昨日の夜はUOP時代の同僚から連絡がきて、少し話をしたし思いもがけずUOPとの繋がりを感じた今回のユタ遠征でした
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠征@Utah State
2010/03/06(Sat)
カンファレンス最後の試合 対Utah State

到着した夜は雪が降っており、外は雪景色
ほんの8か月前までは雪と氷のエリアに住んでいたのに不思議なものです

雪を見てはしゃぐ娘たち
IMG_0772.jpg


IMG_0775.jpg
雪山・スキーがしたくなります

IMG_0776.jpg
Utah Stateのジム
このあまり趣味が良いとは思えないシートの色をみて、自分がUOPでインターンをしていた時にこの大学に来た事を思い出しました。でもキャンパスのあたりの事全く覚えていないんですよね

2時間後には試合開始

Let's go Rainbow Wahine
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今シーズン最後の遠征
2010/03/04(Thu)
表題通り今シーズン最後の遠征です

行き先は Utah State
そこで一試合して、ネバダはリノに向かいプレーオフとなります

こうやってみると短かったような気もしますが、やっぱり長かったのか

みんな怪我がなく無事に終わります様に。。。

この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再会9、大学時代
2010/03/01(Mon)
大学時代に交換留学で現在の勤め先であるUniv. of Hawaiiに1年間来ていたのですが
同時期に派遣された友人Mが社員旅行で来ハワイ

かれこれ10年以上の付き合いになる彼女
もう7-8年も会っていないし、頻繁に連絡を取っているわけでもないのに
昔と変わらない感覚で会う事が出来る友人です

ついて早々こちらは津波騒ぎで、道路も封鎖されていたので予定が大幅に狂いましたが
何もなかったのは幸い
ということで警報が解除されてから遅めのランチにいって数時間話をしたあと各々予定があったので
一度解散

スキルフルタッチにも興味があり、会社の人にも宣伝したら興味のある人がでてきたということで
彼女を含めて5人の方々に施術をする機会がありました

間をあけずにこれだけの人数を施術するというのは初めてだったのですが
それでも楽しく過ごすことができましたし、自分自身も全く疲れておらず良い経験となりました
施術を受けていただいた方々には皆口をそろえて
「とてもよかった」「体が楽になった」
そして「これからも頑張ってくださいね」と言っていただきました

自分の友人が良い人たちに囲まれて仕事をしているというのを知れただけでもとても幸せな気持ちにしてくれる、
そんな日でした

こうやって多くの人々が行きかう中で、このような機会を多く与えてくれる環境に自分が身を置けている事には本当に感謝です

でもこうやって日本から来てくれる人達に再会するのはとても嬉しいけれど
少しずつさみしさが募っていきます

自分が日本に帰るタイミングというのはいつになるのかな

いつになったとしても、こちらでやりきれる事はしっかりとやっておこう
そう思います
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。