スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
早稲田大学訪問
2010/08/30(Mon)
先週は月曜日から早稲田大学から数名の学生がゼミ合宿でUHにやってきました
その中の数人はアメリカでアスレチックトレーニングを学びたいと考えているとのことで
夜はハワイに集う日本人ATの集まり、通称JATCHと共に食事をしつつ、アスレチックトレーニングについて語り合いました

引率された先生のプログラムを経て、アメリカに渡ってくる学生も多く
自分の知る限りだけでも4名がアメリカにわたってきており、今回も2名程自分の母校であるUniv. of Arkansasに
興味がある、という話をしてくれました

興味深かったのは、ここ数年のアメリカでATを学びATCとなった学生の質について
プログラムが変更になり、実習は週に20時間まで、という全く実態にそぐわない内容と
実技のないコンピューターのみの試験によるレベルの低下は前々から危惧されていましたが
それは現実問題として体感するところでもあります

なんていってもEvaluationはおろか、Tapingもきちんと巻けない、状況に応じて適切な判断の出来ない人がごろごろいるわけです

先生との会話の中で
「誰か若くて良い人材を紹介してくれ、といわれた時に10年前なら確実にアメリカで勉強してきたATCだけれど、最近は『ATCじゃないとだめですか』」と聞かざるを得ないケースが増えてきた。はっきりいってアメリカ帰りで使い物にならない子が多いですよ」とのこと

10年前であろうとも使い物にならない人はいたとおもいますが、その絶対数があがってきてしまっている、ということでしょう。自分もアメリカ人のATから

「昔は『日本人』でATやっている子は言葉があまりできなくても一生懸命やってくれるから間違いがない、と思っていたけれど、最近はそうでもない子が多いから日本人といっても信用できない」と言われることがありました。

実際に質の低下はおこっているとおもいます

自分なりに考えてみるとカリキュラムの変更ということもあるでしょうが、こちらにくる過程の変化も大きな理由のひとつなのではないかと、個人的には思っています。

我々の世代がアメリカに来る時はインターネットがようやく一般的に普及したくらいで、アスレチックトレーニングについてHPやブログを持っている方はさほどおおくありませんでした。だから自分でよく調べ、話を聞いたりしていましたし、一度社会にでてから進路変更し退路を断って海を渡ってくるケースが多かったのではないかと思います。だから結果を出さなくてはならないから、一生懸命だった、のではないかと。
それに対し、今はアスレチックトレーニングに関する情報が氾濫し、高校をでてすぐに、「なんとなく興味がある」という段階で海を渡ってくるケースが増えてきているのではないかな、という気がしています

あくまでも個人的な推察と感想ですが。

なので、相談を受ける時には必ず、なぜアメリカなのか、またなぜ日本ではだめなのか、ということ
および、誰にでも出来る仕事ではないし、決して憧れだけで進める道ではないということを話します。
そこで二の足を踏むようであれば来ない方がいいと思うし、その人のためになると思うから

とはいえ、アメリカには自分が求めれば広がる世界があるというのも事実で、さまざまなことに対する敷居が低いこともあります。なのでチャンレンジする気持ちがあるのならば、それは人生という経験で悪いことではないことは言うまでもありません

日本では全く身体に関する教育を受けずにアメリカでATCになった自分としては
「アメリカのATCになった人は使えない」となってしまうことに抵抗があるし、忍びないものがあります

だから自分自身もそうだし、これからATCになる学生も、若いATCにも頑張って負けないで欲しいな、とおもいます

自分にできることはなんだろう

それを日米問わず考える良いきっかけになりました

長くなったので仙台大学のスクーリングについては別のエントリーで

スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
時は流れて。。。
2010/08/29(Sun)
家にネットがないのでブログを更新しない日が続いています

今は日曜日の夕方、スタバにて。
引っ越して1カ月が経とうとしています
そろそろネットは引こうかなと検討中

FBキャンプが終わり、セメスターがはじまりました
まだ自分にとってはオフシーズンのはずなのに12時間労働がデフォルトになっています
が、それでも毎日笑ってすごしています

先週は朝に選手のリハビリでフィールドにむかったら日本人の団体がFBの練習を見学していたので
話をしてみると関西学院大学・高等部フットボール部の皆さまでした

アスレチックトレーナー、学生トレーナーの方々もいらして、自分が行っているリハビリを見学して、
その後施設見学などをする機会がありました

日本の高校生、てきぱきしていてとても素敵でした
やっぱり忘れてほしくない心ってありますね
何かに一生懸命な若い子は目がキラキラしておりました

自分の瞳は濁ってきてはいないかな?

来週からは早稲田大学そして仙台大学のAT学生・教授がUHに来校されます

自分の仕事をみてもらったり、お話しさせてもらったり、ワークショップをさせてもらったりと
通常業務に加えて、なので忙しくなりそうですが、楽しくなりそうです

そして週の終わりには姉が友達と来ハワイ
日本に前回自分が帰って以来の再会なので5年ぶりくらいに家族と再会です

こちらも楽しみ!
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再会16:大学卒業以来
2010/08/17(Tue)
自分が卒業した大学、特にうちの学科は人数が少ない事もあってかかなり繋がりが強く
また海外生活が長い人も多かったからかフレンドリーな雰囲気でそれが卒業後も続いたりします

今回のゲストは卒業から連絡はとっていなかったけれど、共通の友人を介して自分がハワイにいる事を、
そしてその子がハワイに来る事を知り、久しぶりに連絡をとりあい再会を果たしました

卒業から10年という月日が流れていますが、会ってしまうとその時間はまるでなかったかのように感じ
あっという間にその空白が埋められて行きました

多くの事をお互いにこの10年で経験してきました

でもこうやって異国の地にいても、旧友と顔を合わせる事ができること
そして彼らの頑張りを知る事が出来るということ
それは本当に嬉しく思うし、刺激になります

ありがとう!

次の再会がまた楽しみです!
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再会15:また一歩、もう一歩
2010/08/11(Wed)
日本からまた一人尋ねてきてくれました

この方は自分がATになるきっかけをくれた方で、大学ラクロス部の頃に出会いはさかのぼります

ATではあるけれど、Strengthのほうを進み第一線で活動されながらも
自分のようにまだ何も知らなかった者にとても親切にしてくれて、ことあるごとに刺激を、
そしてサポートをくれた方

今回は仕事の関係で日本からこちらにやってきたのをきっかけに5年ぶりの再会

昔話に花を咲かせながらも、お互いの今後の展望を話しつつ食事をしました

その方とであったおかげで、UHに交換留学で行った際にAthletic Trainingに出会い、その道にすすみ
またUHにスタッフとしてもどってきたときに再会できたことは嬉しくおもいます
少しは成長した姿を見せられたかな、と

また次会うときには更に成長している姿を見せられるように進んで生きたいとおもいます

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の常識、非常識
2010/08/09(Mon)
この1週間ほどでまた多くのことに気づかさせてもらいました

それは自分が当たり前のように暮らしている日常は決して当たり前のものではなく
恵まれているものだということ

決して思い上がったりしているわけではなくても、その環境や状況の中にいると
その日常にあるものは、当たり前のように思えてしまい感謝の気持ちが薄れていってしまう
そんなことって誰にでもあると思います

週の初めには、仙台大学の遠隔授業にお邪魔して
アメリカの大学スポーツの運営やお金の流れについてお話させてもらいました
その際に、アメリカにそれなりの期間いるからか、視点がアメリカよりになっていた事を感じました
そんな中、日本の学生の表情をみていて感じるものがありました
こちらの大学はかなり恵まれています、日本の大学とは比べ物にならないくらいに
日本の大学で部活を経験して、アメリカの大学に来た時の感動と衝撃
そんな気持ちを思い出させてくれました

そして週の半ばには大学時代のチームメートが奥様と旅行に来てくれたので、6-7年ぶりの再会
島中をドライブして、島の色々な表情を見て、日本での生活や他のチームメートの話を聞いたりしてすごしました。

日本を思う気持ちが募ると共に、この島のすばらしさを再確認しました
すぐそこにある、青い海、青い空、生い茂る木々、そして人々の笑顔

そして週末には家族から電話があり、とあることを聞かされました
考えるところが色々とあります、申し訳なくも思います

時間は確実に流れています
その中で自分は何を求め、どう動いていくのでしょうか

どのような道をすすむにしても、家族の支えがあることはとても心強く
時に申し訳なく感じるけれど、本当にありがたく思います

もっともっと、大きくならないといけません
頑張らないと
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
再会14 チームメートと
2010/08/04(Wed)
突然大学時代のチームメートから連絡を貰い、お嫁さんと一緒にハワイ旅行に行くという連絡が来たので
昨日は午後休をもらって彼らと島の東西南北をドライブ

最初はレインボードライブインで腹ごしらえをし

デザートにレナーズでマラサダを食べ

ドライブでH1を突き抜けマカキロのほうへ行き

ハレイワ・サンセットビーチを回ってカイルアビーチへ

そこからサンディビーチを回って、ハワイカイのほうへ向かって食事をし

最後にドンキホーテによりました

計約200マイルのドライブ

大学時代のチームメートが変わることなく元気にしている姿はすごく心強く、それと同時に心が温まります
彼から他のチームメートがどうしているかの話も聞き、自分も頑張らないとな、と思わせてくれます

また彼のお嫁さんも素敵な方で、そういう相手を選んでいることにも心がほっこりとしました

普段から連絡を密にとりあう、とかそういう代ではないけれど
会えばやはりチームメートというのは違います

がんばらないと、とりあえず日本に帰るその日まで
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
引越しアゲイン
2010/08/04(Wed)
1ヶ月前に引越しをしたばかりで、2階建ての家の1階を借りていました
大家夫婦(メキシコ系アメリカ人旦那、日本人妻)が2階に居住

そこの旦那がなにやら事あるごとに細かいことを言っていて、気にはなっていたものの
基本的に自分は家はきれいに使っているし、静かにしており問題はないはずなので言わせておいたのですが
事態は急変

細かくあげると面倒なのであれですが、リサイクルの為にすすいでおいてあったビール瓶を見て、乗り込んできては袋から出して一本一本においをかぎだしたり、冷蔵庫を勝手にあけたり、自分がいない時にもチョコチョコ部屋に入ってきていたようです

こちらが爆発したのは木曜日の夜
洗濯をしていたら蓋が開閉される音が聞こえたので外に出ると奴がいる
問い詰め、口論に至り結局もうこんなところにはすんでいられないから出て行く、となりまして。。。

翌日には運良く入居させてくれるところがみつかり、奥さんのほうにも事情を説明して退去
日曜日には引越しも終わり、今は新しい場所でゆったりしています

たいていのことは今までのアメリカ生活で経験してきていると思うけれど
次から次へとよく色々なことが起こるものです

とはいえ、次の居場所がこれだけ早く見つかったのは幸運ですね
今度は落ち着けますように
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。