スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
連載開始
2011/06/28(Tue)
ひょんなご縁から

スポーツ魂テンツ さんの方で連載をする事になりました

内容的にはハワイのこと、アスレチックトレーニングの事、トレーナーの事、スポーツのこと、生活、考えている事などなど
スポーツに興味のある人も無い人も、幅広く興味を持って貰えたら、ということでブログ以上専門コラム未満という感じで書き始めました

まだはじまったばかりですが、長い目で見守ってみてください

スポーツ魂テンツ Hawaiiからのトレーナー寄稿

untitled_20110629055408.jpg
スポンサーサイト
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
趣味の幅
2011/06/28(Tue)
すっかりご無沙汰してしまっている感じですが元気に過ごしています

先週は日本から友人が訪ねてきてくれて再会を楽しみ
新たな出逢いにも恵まれ
なかなか忙しく動き回っていました

それと同時に趣味も充実

相変わらずへたくそですがサーフィンしに行って波に飲み込まれてみたり

DSC_0067_convert_20110629053027.jpg


念願の一眼レフを手に入れて気ままに写真を撮ってみたり

263043_866105166347_20610775_41342949_1120375_n.jpg


仲良くお付き合いをさせてもらっているK夫妻に誘われて初のゴルフレッスンを受けて見たり

写真


平日よりも週末が忙しいという充実振りです

こんなゆったりした時間も残りわずかですからできるうちにやれる事はやっておこうと思います!
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
心と身体と
2011/06/20(Mon)
人の心と身体は切っても切り離せないもの

心の影響は身体にでて

身体の影響は心にも作用する

無理して片方をどうにかしようとしても、短期間では怒りによるエネルギーのように作用するかも知れないけれど
持続はしない


バランスが大事


ロルフィングの世界でも心や精神の話には良くなりますし、本当の意味でReleaseされるには
心と身体、両方から解放されないと本当の意味でのリラックスした状態にはなりませんからね



今日は友人に誘われて、ハワイにいるロルファー、Sallyと心理学者のSunnyの共同ワークショップに行ってきました


これも面白い偶然で、ボルダーでクラスにいたときに
「ハワイにはSallyというロルファーがいるから、連絡をしたら良いよ」と言われていて
ハワイに戻り、生活が落ち着いた段階で彼女に自己紹介を兼ねたメールを送信

すると今回誘ってくれた友人が、何も知らずに今回の彼女のワークショップを突然教えてくれて
本日顔合わせと言う事になりまして、こういうのって面白いな、と思います

ワークショップの内容的には、心理学者のSunnyが非常によくロルフィングの世界観をあらわしてくれていて
その表現や感性は勉強になりました
(SunnyはSallyからロルフィングセッションを受けているのです)


Sallyは身体の不調の原因に
Sunnyは精神の不調の原因に


身体と精神、アプローチの仕方は違うなれど、根本の問題を取り除く、という意味では同じ事をしていると感じた二人が意気投合してこういったワークショップを開く事になった、というストーリー


一般人向けのワークショップなので、ロルフィング的な話はすでに知っている事ばかりだったのですが
今回参加している、そういったバックグラウンドの無い人たち、すなわち殆どのクライアントに当てはまるであろう人たち、にとってどの程度の事が新鮮に聞こえ、興味をもち、願わくばセッションを受けてみたい、と思わせることができるのか

そういった意味でのアプローチ方法や、表現方法などは大変勉強になりました

話をしている対象者によって言語をかえる、これは立派な、そして本当に必要な技術だと思います

ワークショップに参加していた人たちとの新たな出会いも今後のひろがりが楽しみです


自分もワークショップを広くやっていきたいと思っているので良いアイデアを貰いました
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ロルファーとしての1stセッション
2011/06/15(Wed)
6月6日にロルファーとしての1stセッションを、そして13日に同じ人に2nd セッションを行いました

帰ってきてから、ロルフィングのスキルであったり、ソースポイント等は選手に対して
ちょいちょい使っていたのですが、セッションと言う形ではこの日が帰ってきてから初めて

対象者はうちのATスタッフ

この1年はいかにATの仕事をしながら、セッションを重ねていくかが課題であり
UHに属する選手にセッションをやって行きたいと思っているわけで
その為にはまずうちのスタッフにロルフィングとは何なのかを正しく知ってもらわなければいけないと思い、
ロルフィングに関する説明文と参考資料をメールした上で、ぜひ10シリーズを受けて見てほしい、と伝えたのが発端

ロルファーとしての自分がここにいるのに、一番身近なATスタッフに正しい知識や経験が伝わないというのも嫌ですからね


最初のクライアントは自分の上司であり、ATとしての先生であり、自分にATへの扉を開いてくれた人


身体を触っている時、触らずにいる時、言葉を交わしている時、言葉を交わさないでいる時

それぞれの時間に様々な想いが交錯し、セッションがおわった時は感傷に浸る時間も生まれました

あまりにこやかな表現をする人ではないのですが、それでも真摯に身体の変化を感じようとしてくれていたり、
何が行われているのか、どうしようとしているのか興味を持ち続けてセッションをうけてくれました

実際にセッション中から色々と感じはじめ、過剰な表現は決してしないけれど、テーマにそった変化は感じてくれているようで今後のセッションが楽しみでもあります

セッションをしおわってから思った事
それはこれは自分なりのここでのClosureなのかもしれないな、ということ
まだ決まったことではもちろんないですが、そういう準備をし始めようとしている流れなのかもしれません
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バスケットボールキャンプfor kids
2011/06/12(Sun)
祝日を含む6月10日-12日にかけての週末3日間で、UH Women's basketball主催のバスケットボールクリニックが開催されました

IMG_2438.jpg
ウォームアップ中


午前中は5-12歳まで、そして午後は13-17歳対象のクリニック
UHの選手、そして高校やキッズ対象のクリニックを常に行っているコーチ、そしてボランティアスタッフとして
いつもチームを支えてくれているBooster club(寄付金を出してくれている方々)も参加しての3日間


IMG_2440.jpg
皆あつまれぇー


IMG_2441.jpg
こちらはキッズように低いゴール


IMG_2449.jpg
ボールハンドリングの練習
小さな子供とはいえ、出来る事は物凄く上手に出来る事に驚き
そして基礎はとっても大事


IMG_2450.jpg
こちらはミニハードル
正しい身体の使い方を教えます


IMG_2452.jpg
こちらはラダー


IMG_2460.jpg
ゲーム前


IMG_2463.jpg
3日間、それぞれ別のゲストスピーカーが来て30分ほど話しをする場も。
この写真の方は10年ほど前UH女子バスケに所属して、NCAAトーナメントに出場するチームを率いていた人
現在はパイロットとしてアメリカ中を飛び回っています


こういう機会ってとても素敵だとおもう


昨年、自分はアスレチックトレーナーとしての業務に加えて縄跳びを教えたり、
ゲストスピーカーの部分を担当したりとしましたが
今年は新たに加わった施設見学ツアーを担当して、トレーニングルームを案内したり
ラダーやミニハードルをやっている時にそばにいて、指導したりしていました


今回のキャンプを通じて感じた事


それは、子供達の純粋な笑顔


いつからスポーツは厳しく、苦しいものになったのだろう

もちろん、環境によっては勝つことが必要になってくるわけだし、負けるよりも勝つほうが喜びも増すのは
自分も競技生活をしていたからわかる


でもそういう事ではなく


「楽しいから身体を動かす」
「楽しいからボールを追いかける」


そういった本来の原点を子供達がみせてくれたようにおもいます


そして少し矛盾するかもしれないけれど、この中から何人が将来、ハワイ大学のバスケ部に、そしてハワイ大学ではなくても他の大学で競技をするくらいまで、バスケが好きで、そのレベルになる子達がでてくるか


そんな事が続いたら、それはコーチたちにとっても本望だとおもう
そしてその子達が今度はゲストスピーカーとしてキャンプに来て、子供達に語りかける、、、


そういうのって素敵だと思いませんか?


日本でも、もっともっとこういう事が行われるといいのにな
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
パワーストーン
2011/06/05(Sun)
Unit2、そしてUnit3を終えた時にインストラクターからパワーストーンを貰った、ということもありますし、
もともとそういう類のものが嫌いではないというよりも、むしろ好きなのですが、今日は朝サーフィンに行って、友人と会った後にふと

「パワーストーンのブレスレットが欲しい」

と思ったので作ってきました
3_m.jpg

どの石が何の意味がある、とかもわからなかったのでお店の人と相談

そのお店では「こういう効果のあるものが欲しい」という事を伝えたり、「金運アップ!」とか「守護」といったリストの中からテーマを選ぶと、お店の人がそれらに見合った石を選んでつくってくれるのですが

「自分が気になる石を見繕ったらそこから作ってもらうことってできるの?」

と聞くと、「どんな理由であれ自分が魅かれた石っていうのは、あなたが今必要としていて意味のある石だからもちろんできるよ」と言われたので、魅かれた石を選別

そして出来上がったのが上の写真のブレスレット

使われた石は Citrine, Tiger's Eye(Gold/Red)、Banded Agate,Quartz Crystal、Lapiz Lazuli,
Agate-Eyeの6種類

選んだ後に意味を聞くと、Protection(健康とネガティブエネルギーからの)、Positive Energy,Success in Businessという意味合いが強い石達だと知らされました

何の事前知識もないままに選んだのに、今の自分が欲しいな、とおもっていたものでした


不思議なものですね

大切にしたいと思います



この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。