スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Hawaiiからのトレーナー寄稿 Aloha! 第12話
2012/01/23(Mon)
更新して頂きました

今回は遠征とお水についてです

お水、飲んでますか?

Hawaiiからのトレーナー寄稿 Aloha!

test.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
身体の可能性
2012/01/20(Fri)
身体の変化という物は不思議なものです

ロルファーになってようやく1年近くがたちますが、はじめてアスレチックトレーニングで培った物とロルフィングで培った物が融合させることができました。時間的にたくさんとられてしまいますが、フィールドでの動きの確認をふくめて、そこからアプローチしていく事で、大きな結果を生む事ができることになるし、そういった目でみているともっともっとセッションも深い物になっていきます。今後もこういう機会がとれていったらいいな、と心からおもいました

こうした結果はロルファーとしての経験だけでは生まれなかっただろうし
アスレチックトレーナーとしてだけの経験でも生まれなかったと思います
さらに言えばロルフィングとアスレチックトレーニングの経験だけでも生まれなかっただろうし
僕だけでは生まれなかった結果だというのは間違いのないことで
クライアントさんが今まで流して来た汗、涙、苦労、怪我、リハビリ、トレーニング、そして人生観
そういったものが全てあって、良い方向に流していってくれたのだろうな、と思います

確かな手応えをお互いに感じる事ができた日々をすごすことができました

「まだあとx回分セッションが残っているんですよ。そうおもったらワクワクしませんか?」と聞くと
「本当にそうですよね。。。これ、いいですよ、、、」と

毎回のトレーニング、セッションで確かな変化を感じてくれていて
それを沢山伝えてくれていてそれだけでも十分な僕への贈り物だったのですが
最後に聞いてみました


「ロルフィング、経験してみてどうでした?」


満面の笑みで


「すげぇ、これすげぇ」


こうやって、クライアントさんが笑顔になってくれて、新たな可能性に気づいてくれる
それがロルファーとしての本当に最高の瞬間だな、と思います

素敵な時間をありがとうございました
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やりきる事で見えてくる事
2012/01/06(Fri)
今日は仕事の後に、日本でストレングスコーチをされているAさんとお話をする機会がありました

Aさんもアメリカでお仕事をされていた事があり、ストレングスとATとで立場は違えど
似ている考えや思いというところを感じました

話は同業者としての人材育成という事にも広がり、お互いに最近感じることというのは
テキストブックスマートの子が増えた、ということ
簡単にいえば、頭でっかちの子が増えて、口ばかり達者で体がそれについてこない、という感じ

教科書の内容はよく知っているし、自分が学生の頃に知らなかったような事でもよく知ってたりする

だけど、体がそれについてこない

それは選手にたいしてデモンストレーションをする、ということではなくて
見えないところでの仕事、目立たない所での準備をおろそかにしがちであったり
選手の考えや感じている事、ニーズは無視して、自分が考える「枠」の中にはめ込んでしまう

そういうアプローチをしているから選手には信頼されない

でもそういう子に限って選手やほかのスタッフから信頼されないのは周りが悪いという考え方になってしまう

また、注意されたり、改善するようにいわれるとすぐにディフェンシブになる

これは日本人でもアメリカ人でも、アメリカに学びにきている日本人でも一緒なのだな、とおもいました

日本とアメリカでこんなにも文化/環境が違う中でも同じような状況がおきている
それはなぜなのか

多くの要因が重なって、現在の流れを作っているわけですから
決してひとつの答えだけではないですが、学生が大事にされすぎているのかな、
という印象はどうしても拭いきれません

自分の意見を持つ事ってとっても大事ですが
それ以上に大事な事は人の話を聞いて、人のしている事をよく見る事だとおもいます
だから、そのときは理不尽におこられたり、自分の意見など聞いてもらえないような思えるような
「下積み」のような経験をしておく事は長い人生の中でとっても大事な事だと思うのです

そういった時間があるからこそ、見えてくるものってとってもたくさんあって

だけどそれが軽視されて、表面上のおいしい所だけをさらっていっている兆候がでてきているのではないかな
そしてあまりにも短期間での結果を求めている傾向があるのではないでしょうか


サポートスタッフとしての役割を卑下するわけでもないですし
とってもやりがいのある仕事だし、他の仕事ではえられない経験ができるものだと思っています
だけど、最低限我々は主役ではないという事を自覚しておく事も大事だとおもいます

そういった事が頭ではなくて心で理解できていない子は違う事をした方がいいんじゃないかな
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出会いの引き寄せ
2012/01/05(Thu)
仕事が終わってからMacをいじくって、ようやくわかりかけてきました
色々なアプリを入れてみたりして、楽しんでいます

さて、今日からの1週間はなかなか面白い1週間になりそうです

スポーツ魂テンツ内ハワイからのトレーナー寄稿「Aloha!」には書きましたが
今年の抱負は人との「繋がり」

まずは新年早々、二人の若者との楽しい時間がありました

明日は日本からいらしているS&CコーチのAさんがお忙しい中、わざわざ声をかけてくださり
1-2時間程ご一緒する事ができ

翌日からはロッキーズの春期キャンプ中に大変お世話になったNさんがお仕事でいらっしゃるのですが
これもまたお忙しいのにわざわざ時間をつくってくださり、食事に行こうと誘っていただきまして

その数日後には、こちらも日本でS&CコーチをされているKさんがご自身の結婚式+ハネムーン(?)という大変貴重な時間の中、お時間を作っていただけるそうで

さらにそれから間をおかずに、日本で現役で競技生活を続けられている方もいらっしゃいます

S&Cコーチのお二方とは初めてお会いする事になりますし、選手の方も今回が2回目の顔合わせ
とはいえ1度目はほとんど言葉を交わす事もなかったのに、こうやって知人を介して声をかけていただけるのはありがたいな、とおもいます

そしてこれらの間に、ストラクチュアルインテグレーターの方と交換セッションをできればしようという話にもなっていますし、大切な友人や仲間との楽しい時間も予定されています

今年は色々と動いていこうと思っていた矢先にこうやって色々な方面から声をかけていただける
ありがたいな、とおもいます

そして帰国を視野に入れている今、日本で活動されている方々とハワイという土地で出会えるという事の意味
大切にしたいな、とおもいます

やはり、自分の活力は「人」なのだな、と実感している所です

それにしても、石井ゆかりさん(占いサイト/筋トレ)の蟹座の2012年占いのドンピシャぶりったら!

蟹座の1月は
「まず、年明けはかなり賑やかな雰囲気です。
色々な人に声をかけられたり、会いに行ったりと
風通しのよい季節となるでしょう。」


だそうです

これを一過性のものではなく、これから花咲く種にしていけたらいいな、と思います
この記事のURL | | CM(2) | TB(0) | ▲ top
林檎族の仲間入り
2012/01/04(Wed)
何年も前から考えていたけれど、イマイチ踏み切れずにいたMacへの移行

現在使っているPCがどんどん遅くなり、キーボードももげてきたので考えた挙句、良い機会ととらえてMacにしようと心を決めた年末

今日、品物が届きました

ちょっと触った感想は、慣れてなくてよくわからない、といった所

これからじっくり触れていこうと思います。よろしくね。

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道筋
2012/01/02(Mon)
新年早々の再会と出会いでした

自分がATを学んだアーカンソーでATを学んでいるYちゃんと日本でトレーナー活動をしながら鍼灸の学校に通うT君

ふたりとも若いのにとってもしっかりしていて、きちんと話ができる二人で
あっという間に時間が過ぎていきました

Yちゃんは自分が出たATプログラムということもあり、そこでの思い出話をしたり
現在の状況を聞いたり、Pelvisについて教えてもらい、T君には自分が興味のある分野を
東洋医学の面から、こういったことを勉強したらよいのではないか、と教えてもらいました

自分は大学のATとして働くということを良い事も悪い事も包み隠さず話させて貰いました
この二人だったらきっと言葉尻だけではなくて受け止めてくれるかなと思ったから

それとロルフィングについても話をしました
どうやらロルフィングについて話をしている自分はとっても楽しそうらしいです

二人と話をしていて感じた事は
やはり振り返ると道筋というものができていて
その道筋には沢山の人がいてくれたからできたものなのだな、ということ

もっと解剖学的な話をしてもよかったのだろうし、もしかしたらそういう事を期待してたのかな、とも思うけれど
やっぱり自分が大切にしているものは「流れ」といったものであったり「繋がり」というものであったり
するのだな、と二人との対話を通じて感じました

何をするにしても大元にあるものは「人」と「人」
そこにあるものを大切にできないのであれば何も生まれないと思います

ちょっと前にそういったことで嫌な思いもしたので、こういうのも選ばないとな、とは正直思ったのですが
こういう若者と出会える事もあるのだから、大切にするところはしていきたいな、と教わった夜でした
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新年のスタート
2012/01/01(Sun)
世界で一番遅く年があけたハワイ

日の出前には出勤だったので、年が変わる前に寝床に入っていましたが、次々にあがる花火の音で何度も起こされて迎えた新年となりました。

今年は色々と動く年になりそうな予感です

応援して下さっている方々にも喜んで、更に楽しんでもらえるようにきていきたいとおもいます

本年もよろしくお願いします

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。