スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
顔に出る
2012/02/29(Wed)
先日、神戸学院大学の先生と食事をともにした際に
その先生から様々なお言葉をいただきました

その先生は、他の大学で男子バスケットのコーチを長くつとめられ
全国レベルのチームに導いている方

話は多岐にわたりましたが、共通している事は
誠実に生きる、ということ


「人間正直でないとあかんで。そしてあんたがあんたのような人柄で進んでいけているのは、
あんたのお父さん、お母さん、爺ちゃん、ばあちゃんがまっすぐ生きとったからやで。
おかしなやつはやっぱりどっかで歯車がくるうとるからな」


長い人生の中で、多くの人間を見て来ている人の言葉には重みがあります

その先生も多くの方の支えになられて来ていて、それがまた自分を助けてくれる、とも
おっしゃっていました

その人がどういう人か、というのはその人の顔に出る
だから強欲になってはいけないし、誠実に生きていかなければいけない
お金はあった方がいいかもしれないけれど、お金にとらわれてはいけないよ
自分もお金はないけれど、それで得られないものが沢山ある

そういった趣旨の事をおっしゃられていました

その方の人生の半分程しか生きていない自分はまだまだこれから今まで支えて来てくれた人たちに
恩返しをしていかなければなりません

そしてスポーツや人間の身体に興味を持ってくれている若い子達の情熱に火をつけていけるような
活動をしていきたいとおもいます
スポンサーサイト
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
種を蒔く、という事
2012/02/28(Tue)
遠征から帰り、その日から仙台大学の皆さんが来校され、自分も施設案内、ロルフィングとは何か、という講義、そして、練習や試合準備などたくさんの時間を共にして過ごしたその翌日からは神戸学院大学の方々が来校され、ここでも学生トレーナーをする子や、選手、そして監督と関わる時間があり、限られた時間の中多くの話をしました

学生トレーナーの子達からは、どの様にしてコミュニケーションをとるか、という質問が多かったように思います。

特に監督や年上の選手が言う事を聞いてくれない時にどうしたら良いか、というケース

僕がお話したのは、まず最初は一筋縄ではいかないということ。ある程度の我慢は必要になります。


そして、伝えた事は監督や選手が、無視できない位自分が力をつける事。

「この人のいう事を聞いていたらよい事があるんじゃないか?」と思わせるだけの力をつける。それが一人に伝わればさらに一人に伝わり、それがやがて大きな輪になる、ということ

そして最後に、真っ正面からぶつかるばかりではなく、アプローチをかえてみる、ということ。

物事は決して一つだけが正解ではありません。

例えば練習中の水分補給

試合中には水を飲めずにプレーをし続けなければならない時もあるのだから練習中も同様に水を飲めない状況をつくっているのだから、選手に自由に水は飲まさないと平然という監督やコーチは残念ながら未だに沢山います。

そういう人に、脱水症状になってしまう危険性を持ち出しても「俺が現役の頃は…」と誰も聞きたくもない昔話をされる羽目になります

では、水分不足とパフォーマンスを関連づけて話をしたらどうか

体内の水分がほんの数パーセントかけるだけで有酸素系の能力が10数パーセントさがる、ということが言われています

これは結果を気にするコーチからしても無視できないとおもいます。そこを切り口に怪我の話などに持込たらなおよいかな、とも思います。

こういうように、結果としては水分補給を目的にしていますが、何がコーチに響くかはわかりません。だから躍起にならずにアプローチを変えるのも一つの手だよ、という話をしました。

トレーナーになりたいと言ってくれている子は沢山いますが、どうしたらよいのか、何が正しいのかわからない、という現状があるようです

ですから仙台大学と神戸学院の先生や学生トレーナーと一つの約束をしました。

必ず近いうちにセミナーやワークショップをやりにいくから、と

こう言った時間が次の世代に繋がるきっかけになってくれたら、と思います
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
最後の…
2012/02/28(Tue)
遠征にでかけます。

ユタ、アイダホ、そしてラスベガス
約二週間の遠征です

様々な想いを馳せる遠征になると思います

いってきます
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シニアナイト
2012/02/25(Sat)
ホームゲーム最終戦はシニアナイトといって、チームで頑張って来てくれた4年生を送り出すセレモニーが試合終了後に行われます
s2012-02-25 21.09.11



試合前はヘッドコーチが試合での戦略を話すと同時に、それぞれのシニアに一言ずつ言葉をかけ、涙をする場面もありましたが、試合は試合。勝たなければ行けません。

あまり良い流れをつかめず、ばたばたした試合ではありましたが、どうにか最後に踏ん張り勝利を収め、シニアナイトを締めくくることができました

今年のシニア達は全部で4人

そのうち常に試合に出ていたのはほんの一人

戦力という概念ではなかなか厳しい学年ではありましたが、愛すべきキャラクターの学年でした

特に試合にはさほど出られないけれど、キャプテンであった子に関しては
身体能力はあまりないけれど、周りに対する気遣いやその優しい性格
そしてコートに足を踏み入れた時はやるべき事を全てやりきるという形でチームにとても貢献してくれました

残りレギュラーシーズンの試合は2つ
ユタとアイダホで行い、その後ラスベガスでプレーオフを行います

最短残り3試合

シーズン終了もすぐそこまで来ています

毎年このシニアナイトを見ていると、こういった環境で愛されて卒業していく選手達をみて羨ましくも思うし
これまでに卒業していった子達の事を思い出し、少し感傷的になってしまいます

シニアナイトは終わったけれど、シーズンはまだ終わっていません
シニアにはまだもう少しがんばってもらいたいとおもいます

s2012-02-25 21.09.06
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本からの訪問
2012/02/21(Tue)
遠征から帰ってきたその日から仙台大学でアスレチックトレーニングを学ぶ皆さんが来校しています

毎年前期、後期にそれぞれのグループが1週間ほど来校し、アスレチックトレーニングの現場を
見学する、というものでこちらにいらっしゃる際には自分もお手伝いをしているという感じで
学生の皆さんとお話をしたり、自分の仕事をみてもらったりしています

その翌日からは日本のフットボールチームでストレングス&コンディショニングコーチをしているお二人が
友人の紹介で来ています。限られた時間ですが、やはりS&Cの人たちは「熱い」です

素晴らしく一生懸命

こういう人たちが輝ける場所がもっとあればいいのに、とおもいます

言葉に気持ちの入っている人たちが発するものは
すっ と心に響きます

そして同時期に日本体育大学男子バレーボール部がUHと試合をする為に
さらに横浜FCがオアフで行われるサッカーの大会の為に、UHで練習をしており
非常に日本人に囲まれた生活になっています

バレーボールとサッカーには深く関わっているわけではありませんが
それでもこうやって日本の方々が、来てくれるというのはなぜかどこか嬉しくなります
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第13回目 『言葉の力』
2012/02/21(Tue)
早いもので第13話

アップしていただきました

女子チームで働くにあたって気をつけていること、そして言葉の持つ意味について書いてみました

ご覧ください


スポーツ魂テンツ内 ハワイからのトレーナー寄稿「Aloha!」
この記事のURL | 言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
力を発揮する
2012/02/17(Fri)
敵地、ニューメキシコで五試合ぶりの勝利

普段練習していることを試合で発揮する為に必要な事は何だろう、とこのチームをみていると思います

この選手はもっとやれる
このチームはもっとやれる

そうコーチ達は思っているから声をあらげるシーンもあります

試合はいつ始まるものでしょうか

笛が吹かれた瞬間?
コートに足を踏み入れてから?
会場いりしてから?

試合への準備はそのずっとずっと前からのはず

普段の練習を練習として行わず試合と同じ目的意識やライバル意識をもってのぞむ

今日100%である為に何が必要なのか
明日はなにが必要か

誰に聞くでもなく、自分でじっくりと考える、そんな時間が必要な気がします

取り敢えずは勝つ事ができて良かったです。怪我もなかったのは嬉しい限り


次はルイジアナです
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
残り二回
2012/02/17(Fri)
また暫く時間が空いてしまいました

2012年は年明けすぐから各地から様々な人が訪ねて来てくれて、色々と刺激をうけています

自分も同じような刺激を今まで関わって来た人たちに与えられていたらいいな、と思います

現在は遠征でニューメキシコに来ています



レギュラーシーズンは残り六試合

とにかく怪我がおこりませんように

この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。