スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ここに来た意味
2012/03/30(Fri)
s2012-03-27 06.55.43


Source Point Therapy®のワークショップが終了しました


本当に学びの多い6日間でした

知識や技術として学んだ事よりも、自分の身体を通して感じた経験が
一番大きな学びだったようにも思います


「今、このタイミングで、この内容の事を、この場所で学ぶ意味」が何なのかを感じるように、
と前々回に書きましたが、その意味がわかりました


まずは、ワークショップ中に交換するお互いの施術を通しての自分の身体の/心のリフレッシュ

これが実は一番大きかったように思います

普段、ワークショップや授業に参加する時にはそういう面には全く期待をしません
むしろ、少し調子が悪くなるかもしれない、という事を念頭においています
どのようなワークショップにせよ、自分も含めて学びに来ているのである程度はしょうがない、
と思っています

ロルファーだけのワークショップとかなら大丈夫なのですが、まだトレーニングの途中であったり
ロルフィングやボディーワークとは全く関係のない分野の人も参加されるものだと、
過去に何度か調子が悪くなり、最後にインストラクターに面倒をみてもらわざるをえない、という経験からの
ものでもあるのですが、今回は少人数グループで、
お互いの事がよくわかっていたという事もあってかそういった不安がなく、日々のワークの交換も
非常にスムーズで、ワークを終えるごとに身体がかわっていっているのがわかりました


s2012-03-23 13.30.48

このSource Point Therapy®は肉体に直接ワークする、というよりは
エネルギーに念頭を置く、エナジーワークになります

それに、ロルファーである自分は筋膜マニュピレーションを織り交ぜて普段のセッションでは
使っているのですが肉体と心、密接に繋がっているけれど違う物に違う方法でアプローチする事により
今まで自分が気付いていなかった所に手を差し伸べてもらった感じがしています

特に後半の3日で行ったワークでは、ロルフィングの10シリーズを
もう一度やり直したかのような身体と心の爽快感があり、確実に身体の使い方が変わっています

流す事はとてもうまくなったし、必要以上の無理を強いないという事は実践して来たつもりでしたが
それでもまだまだ背負い込んだり、抱え込んだりしているものがあったんだな、と思いました

特にこの2週間程は思い当たる所もあるので
そういう所もクリアにしてくれたようにおもいます


セラピストとしても、アプローチの仕方が変わるきっかけをくれたように思います
インストラクターによると、ワークを行っている時の様子も大きく変わったと言う事でした
こういうフィードバックは自信になります

今後はこれを自分のロルフィングワークにどうより高いレベルで織り交ぜていくか
そして、ソースポイントだけが必要なときにその決断をする事が出来るか
そんな事も考えていこうとおもいます

またおもしろい道具が増えました


最後にインストラクターが贈ってくれた言葉が
今回のワークショップに来た理由を締めくくってくれました


「君に会いに来る人は、君がロルファーだから、アスレチックトレーナーだからという理由で
来るんじゃないよ。『この人なら助けてくれる』そう思って、
it's because of who you are だからなんだよ」


今、このタイミングで与えられた最高の贈り物でした

ありがとう


s2012-03-23 07.32.06
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(2) | TB(0) | ▲ top
無意識を意識する
2012/03/26(Mon)
あっという間に、ソースポイントセラピー モジュール3のワークショップ前半3日が終了してしまいました

s2012-03-23 13.26.04


教室のあるラグーナビーチは、お金持ちが集うエリア

海岸線に走る道を車でいけば、またいくつもの違うビーチが顔を出し始めます


s2012-03-23 13.29.41


学校の周りでも、歩いていけるビーチがあり、そこでのんびりする時間もとても貴重なものです

s2012-03-25 08.45.33

ワークショップのほうも、参加者が少数のため開催が危ぶまれていたのですが、実際に教室にいってみたら
なんと、受講者は自分を含めて4人

s2012-03-26 16.31.57

これはかなりの少人数で、これでは元がとれないのではないかとこちらが心配してしまうくらい

でも1年ぶりに再会したインストラクターは
「ハワイから君が来るっていうから、開催してあげたかったんだ」ととても嬉しいお言葉

ボルダーで行われた、Structural Integrator を対象のモジュール1&2とは違って
このモジュール3は誰でもとれるもので顔ぶれも違います

一人はマッサージセラピスト
一人はエナジーワーカー
もう一人は、元看護師さんで、現在は馬に手技で世話をしている方

エナジーワーカーと馬のお世話をしている方は姉妹

少人数なので、インストラクターともうっくりと沢山話し合いが出来て豊かな時間となっています

前回のエントリーで、「今、このタイミングで、この場所で、このセミナーを受けている意味」という旨を書きましたが、その意味を既に自分なりに感じて、消化しています

s2012-03-24 16.02.48

それを自分の身体を通して感じられている事がとても大きいように思います
この3日で身体が大きく変わりました
昔に比べると、かなり多くの事を流し、交わしながら受け取ることができるようになって来たと思っているのですが、
だからこそなおさら自分自身「こんなに溜め込んでいたのか!」と驚くばかりです



深層心理学では「The body is unconscious」という考え方があるそうです

つまり、今我々が普段遣っている身体や見た目、というものは自分の無意識の中から作られているもの、ということらしいです

ロルフィングのセッションや、エナジーワークを受けると夢をいつもより多く見たり、夢の内容が鮮やかな色で彩どられたり、という事が起こる事も少なくありません

s2012-03-25 10.59.44


それは、ワークを通じて、この無意識の部分に触れているから、とインストラクターは言っていました

人間の身体と心は切り離す事は出来ません
どちらか一方だけを大切にしていてもうまくいかない物だと思います
結局は何事もバランス、という事になるのかとおもいます

そのバランスをより高いレベルで安定したものにしていく
それが今後の自分自身の課題に思います

時間は確実に流れています
この3日間でも、新たな物が生まれています

ここから先に進む為に

その過程が僕をここに連れて来てくれたのかなと思っています

s2012-03-24 16.04.27
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
カリフォルニアへ
2012/03/23(Fri)
シーズンが終わってからあっという間に時間がたって、それは物理的な時間もそうだけれど、心理的な時間も物凄い早さですぎて行っています

今年に入ってから本当に多くの風が吹いています

ありがたいな、と思います

その風のひとつは、遠く日本から自分を訪ねてきてくれる人々である事は間違いありません

時間は確実に流れています

周りに流されるのではなく、自分の芯で大地を掴み、流れに安心してのっていけるように

今回参加するこのワークショップも、その為の一石になるのかな、なんて思います

この時期に、このタイミングで、この内容の事を、この場所で受け取る事の意味を数週間後か、数カ月後か、数年後かに感じる事が出来たらどんなに素敵なことだろうか

そうする為に、吸収できることを沢山吸い込んできたいと思います

ちなみに、参加するワークショップの内容は、ソースポイントセラピーといって、エナジーワークの一種で、ロルフィングのセッションに混ぜて使っています

目に見える物も大事にしたいけど、目に見えない物も大事にしたいのです

では、いってきます
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハワイらしい休日
2012/03/18(Sun)
シーズンが終わって、2度目の週末

最初の週末は、色々とまだ片付けなければならない事や気がかりの事もあったので
休むというよりは、疲れすぎて何も出来ないという感じでしたが
一段落もついたので、気持ちよく過ごす事が出来ました

朝は、今年からUHのスポーツとして加算されたサンドバレーボールが最初の試合を
ワイキキで行っていたので見に行ってきました

対戦相手は日本体育大学

室内コートでの試合も先日行っていたのですが、今日は外

ここの所不安定だった天気も今日は快晴
気持ちよかったです

2012-03-17 08.25.49

2012-03-17 08.27.02

2012-03-17 08.31.55

2012-03-17 08.41.14

2012-03-17 08.43.52

試合観戦の後は、友人達とダイアモンドヘッド登頂
天気がよかったからか多くの人が登っていました

2012-03-17 12.41.22

山を下りたらそのまま海へ直行して2時間程海で過ごして、そのまま少し早めのハッピーアワー

早い時間での食事だったので、軽い夜食を作って、人としてのコミュニケーションや
人間の身体について、知覚や感覚について話をして夜が更けていきました

こんな時間を過ごしたのは久しぶり

そして一緒に過ごす事が出来る友人に感謝です

この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自分の気持ち
2012/03/15(Thu)
大きな決断をしました

今はまだ気持ちの整理がついていません

自分の気持ちってわかるっているようで
その時にならないとわからないんだな、と思いました

落ち着いたらいずれ
この記事のURL | 言葉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
ゴルフトーナメント
2012/03/13(Tue)
女子ゴルフのトーナメントをカバーしています@Kaneohe Klipper

ゴルフは朝が早い(家を4時30分出発)ので、眠いです

s2012-03-13 06.22.36


一度始まってしまえば、基本的にはクラブハウス待機で
時折コース途中においてある給水所のドリンク補充くらいなので
時間がたっぷりあるのですが、なかなかに暇といえば暇ではあります

一応本とか勉強するものを持ってきたり、パワーポイントを作ったり
ホームページの作業をしたりとする事はあるのですが、いかんせん眠いというのが
正直な所です

さて、ゴルフ

自分はドライビングレンジに数回行った事がある位なのですが
(興味はあるんですけどね)
見ていて面白いなぁ、とおもいます

多分このくらいのレベルの大学生だからというのもあるとは思うのですが
身体の使い方が固まっている子もいれば、そうでない子もいたりして

s2012-03-13 08.41.46-2


そう考えるとやっぱりプロっていうのはすごいな、と思います

そして、腰が痛いと言って来る子達は大概同じような体型をしているのですが
きっとこれは偶然ではないんでしょうね

s2012-03-13 08.41.22


ゴルファーへのロルフィング、面白いと思うし
かなり効果があると思うんですが、その機会はいつになるかな
楽しみです

s2012-03-13 08.40.42
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シーズンが終わって
2012/03/12(Mon)
最後の長い遠征

あっけない幕切れと敗戦直後(ロッカールームすら戻る前)のコーチ陣解任、
そしてその晩、午前1時30分の便でハワイに戻ってきたのが8日の木曜日

出発の前に、「様々な思いが交錯するであろう」と書いたけれど
まさにその通りの遠征でした

アスレチックトレーナーとは何なのか
組織とはなんなのか
良いコーチとは何なのか
責任とは何なのか
何が自分の役割なのか
自分のアスレチックトレーニングに対する情熱の確認
今後更に成長する為の方向や指針
自分以外のこと

そんな事を考える場面に直面し続ける遠征でした

今まで生きてきた中で進路の決断や、状況を大きく変える決断をする時は
色々な事が起こって、冷静に自分を見つめ直す機会を与えてくれていました

これは本当にありがたいことで、無理矢理自分から流れを作ろうとしたり
強引に進んだりせずに、自然に「よし、いこう」と足を踏み出させてくれる瞬間を作ってくれています

きっと今回もそういう意味のある遠征だったのだと思います

ハワイに帰ってきた木曜日の早朝
車のバッテリーがあがっていて、家に数時間帰ることができませんでした

こんな所すらも自分らしいと笑ってしまいました

金曜日は普通通りに出勤
遠征に持っていった道具や、トレーナーキットの整理をし
遠征中に体調を崩した選手のケアと、置き去りにされていた選手のリハビリをしていたら
あっという間に時間が過ぎていきました

道具の整理をしている時は、毎年のことですがどこか物悲しく
寂しい気持ちになります

いつもと少し違い、心にぽっかり穴があいた気がしたのは
コーチ達が解任されたからなのか、それとも違う事なのか

土日は久しぶりに連休
ハワイを去った友人が、遊びにきていたので一緒に時間を過ごし
のんびり

ここ最近は天気があまり良くないし、芯からの疲れを感じたけれど
何ヶ月ぶりかのサーフィンにも行ってきました

自然という存在
これもありがたい

自分に出来る事
わかっていることもある
わかってないこともある
もっとできることもある
もっとやらないといけないこともある

そんな事をふんわりと考える時間が過ぎていっています


この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シーズン終了
2012/03/08(Thu)
本日、WACトーナメント一回戦、対ルイジアナ工科大学に敗戦し、2011-2012シーズン終了しました

試合終了直後、コーチ達はロッカールームに入る前にアスレチックディレクターから、来年度の契約更新はない、つまりクビを言い渡されました

深夜二時の便でハワイに帰ります
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
レギュラーシーズン終了
2012/03/04(Sun)
ユタにはじまり

s2012-03-02 07.38.50

s2012-02-29 13.24.15


アイダホ

s2012-03-04 09.51.41

s2012-03-02 11.55.31 (ビーチないくせに)



レギュラーシーズンが終了しました

今はべガスに滞在して、プレーオフとなります
どれだけ勝ち進むかによりますが
最低5泊

すでに1週間の遠征を過ごして来ているし、かなり色々な事がおこり
自分も肉体的にも精神的にも疲れがみえはじめていますが
最後の遠征、やりすごしたいとおもいます
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。