スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
強くなんかない
2008/01/27(Sun)
1月27日 日

大学時代の友人からメールがきた
彼は大学は違うのだけれど、縁あってなかなか濃い付き合いをしてきた大事な仲間
最近は忙しかったようでなかなか連絡もなかったけれど少し大変な時期を過ごしている様子だった

その中でこう言われた


「俺もお前みたいに強くなりたいよ」


良くいろいろな人から言われるのだけれどみんな勘違いをしている
自分は強くなんか無い

打たれ弱いし、誰にも見せられない位に崩れる事もある
だけど本来の見栄っ張りの性格がそれを隠すか、本当に決まった人にしかそう言う姿をみせないのだとおもう。

自分は強くなんかない



不思議な事なのだけれど、昔から自分の身に何かが降りかかり、痛みや悲しみを負ったとする。それから時がしばらく経ち、自分の傷が癒えてきた頃に、仕事、人間関係、事故、怪我・病気、その内容は様々なのだけれど、自分の身に降りかかった事と同じような出来事が友人に起こる事がしばしばある。

すると友人は、自分にそう言う事が起こっていた事を知っているときもあれば、知らないときもあるけれど、とにかく自分に連絡をくれて、その悩みや痛みをうちあけてくれる

その痛みや重さはもちろん人それぞれで、自分に起こった事と直接比較はできないけれど、それでも自分の考えた事、行ってきた事を分かち合い、最終的に「大変な時期もあったけど、今俺は元気にやってるよ」という姿を見せることができる。落ち着いて話を聞く事ができ、前向きな言葉を残す事ができる

そういったやり取りを受けて話をしてくれる友人からの

「ありがとう」「救われるよ」「がんばってみる」

という言葉の数々



自分の身に降りかかってきているときは、身動きができない位に悩んで、押しつぶされそうになり、苦しい時間を過ごさなければならないのは辛いから、避けられるものなら避けていたいと思う


でもこうやって友の一助になれるのであれば傷つくのも悪くはない
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<背中が語るもの | メイン | 相手にあわせてしまうということ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/132-bc8663e9

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。