スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
わからないことだらけです
2008/04/14(Mon)
先日のエントリー「馬鹿げている」の続きです

週明けに解雇ということでしたが色々ありまして、本日彼と二人で話し合いの場を持つ事になりました

それは予定されていたものではなく、練習前のトリートメントを選手達にしており、それが全て終わるとその問題行動を起こした選手が

「話がしたいんだけれど時間をもらえないだろうか」

と言って来た事からはじまりました

オフィスに入るとそれは謝罪から始まりました
先日の行動をはじめとし、今までの行動に対しても

話し合いは3時間近くに及びました

お互いに感情的になることも、声を荒げる事もなくじっくりと
彼が今まで取り続けてきた行動、発言を振り返りながら。。。

今まで自分がよければそれでいい、という考え方しかしてこなかった人間なので自己中心的な考えや自分の行動を正当化するために他者にその原因を求める所もありました。

感情的になった時に取った行動を彼は全く覚えていませんでした
自分の都合の良いように解釈を曲げ、出来事の時間軸もずれていました
(どういった順序で物事が起こったか、等)

彼が抱えている不満も聞きました
それは自己中心的な物、幼い理由のものもありました

彼の間違えている点、あまりに都合よく考えている点をひとつひとつ指摘して行きました
それに対して彼は反論することもなく、真摯に聞き入れてくれていました

彼が取ってきた行動を真似しました
それをされたときにどういう気持ちになるかをわからせるために
すると自分自身が恥ずかしいと頭を抱えていました

表面上の謝罪やただの演技ならこれだけ時間をかけて話はしなかったとおもいます

ただ人間はすぐに変われるものではありません

もう二度とおこらないと信じたいけれど、今は「もうこんな事はしたくない」「もっと良い人間になりたい」と思っていても1-2週間はもっても1-2ヵ月後には同じ事をするのではないか、君の何を信じれば良いのかわからないと言う事も伝えました

彼に「次」はない事も伝えたし、それは彼自身もわかっていました

この話をしている時点で自分も彼もコーチがどのような決断をだしているのかは知りませんでした
「チームがお前を切る決断をしないのであれば自分がこのチームを去る」とおもっていた事も伝えました

それに対して彼は「自分に非があるのだからチームを去らなければいけないのは自分。Takaはここに残っていないといけない。自分でもなんでこんな風に(冷静に)思うのかわからないけれど、、、」と言っていました

個人的には彼が自分の意思で謝罪に来たのは勇気ある行動だと思うし、ありがたいと思いました。そして謝罪を受け入れたいし、この時点で彼自身に嫌悪の感情はありませんでした

ただスタッフとしてATRの秩序、他の選手、そして生徒の事などを考えると彼の取った行動は謝ったからと言って許されるものではない事を伝えました

だから自分はコーチの判断に従うと伝えました

彼自身もチームの決断には従うし、今回の事が原因でチームを追われる事になってもそれは自分が悪いのだから仕方がないと言っていました。そして生徒一人一人にも謝罪をするとも。

このチームでもう一度チャンスがあるのかわからないし、それがあろうとなかろうと、どこでどんな時間をすごしてるのであろうと人に対してDisrespectful、Rudeな態度を取ってはならない事を伝え、最後は握手をして一旦別れ自分はコーチの元に

話し合いの様子を伝えるとこういった話し合いの場を彼と持った事に感謝の念を伝えられ、処分については自分に一任すると言われました

だから自分は彼が生徒達に謝罪をして、生徒達が全員彼の謝罪を受け入れるのであればもう一度だけチャンスを与えたいと思う事を伝えました。もちろん今後少しでも変な事をしたら次は無いという前提で

コーチ達は全面的な理解とサポートを約束してくれました

彼との話し合いの時間は良い時間だったとおもっています
甘いのかもしれません
そしてこれが正しかったのかどうかわかりません
こういう状況を避ける事もできたのではないか、と思う所もあります

自分と付き合いの長い人ならわかると思いますが、自分はこう言う少し「ずれている」人とこういった形で関わりを持つ事が非常に多い。それは自分の行動が原因でそう言う人を呼び込んでしまっているのではないか、自分が気をつけなければいけない所、直さないといけない所があるのではないか、、、と思う所もあります

しかしながら、事情を知る人達や話を聞いた人達は自分は正しいと言ってくれる、間違っているのはあっちだよ、と
だから余計にわからない
こういう場面に遭遇しない人も沢山いるとおもいます
なぜ。。。?
事前に防いだり、避けたりする方法はきっとあるのだろうけれど、、、

今回のこの自分が取った行動と決断
間違いでいないで欲しい
この選手が二度と同じ間違いを起こさないで欲しいと思う

だけどこれで良かったのか今の自分にはわからない
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<コミュニケーションの方法と移動手段 | メイン | チャーシュー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/191-7e9c06c8

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。