スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
いままでも、そしてこれからも、、、
2008/05/09(Fri)
今日で仕事終わり

朝はフットボールに行き、選手のトリートメントをして練習に送り出してからスタッフに別れをつげてきました

そしてその後UOPに戻りバスケのコーチ達と昼食
思い出話に花を咲かせました
その中でヘッドコーチが、Athletic Departmentでの会議(全スポーツのコーチやADが集まる会議)で、女子バスケにフルタイムのATが必要だということ、そしてそれには自分が最適だと数十分にも及び熱弁を奮った話を聞きました。残念ながらそれがかなう事はなかったけれど、そう言うことをしてくれたのが嬉しいです。

「私達も次にいつどこに移るかはわからないけれど、その時にはまた一緒に働けるようにやっていこう」と言葉をかけてもらいました。
「じゃあ、最終的にはUniv. of Tennessee(今年度大学女子バスケ全米1位・超強豪) だね」と言い返したら大笑いしてました。

またいつか一緒に働けたら楽しいな
そして必ず日本に来る事、そして来た時には案内をすることを約束
学校に戻った時には何人かの選手には会う事ができて、さよならを言う事もできました

夜はATC、そしてプログラムの生徒達と食事に
皆から寄せ書きのカードをもらいました
自分が担当していた生徒からの「色々学んだ」の言葉は嬉しかったです

帰りの車には、1年前のコンベンションでインタビューをしたもうひとりの女性ATがいて、
その時の思い出話に
やはり出てくる言葉は「あれから1年なんだね。早くて信じられないわ。。。」

前回のバンケットのエントリーでは、コンベンションでインタビューをした男性ATとのやり取りを書きましたが

彼女はまた、別のところで強く印象をもっていたようで、それは自分が彼女にした質問

「このポジションはインターンだけれども、その後、フルタイムの仕事を取るにあたってこの学校・スタッフはどうサポートしてくれるのか」

彼女にとってはこれは「Best question ever」だったそうです
自分にとっては大事なことだったし、ごく自然の質問だったのですが、何が印象に残るのかわからないものです。何せ彼女が言い出すまでそんな質問していたの忘れていましたから

年度が進むに連れて、ここのスタッフは色々な話をもってきてくれたり、どこかに話がないか、ということで電話をかけてくれたりしていました。その言葉以上の行動には本当に感謝です

この数日で本当にいろいろな人から感謝の言葉を頂きました
だけど本当に感謝をしているのは自分の方

ここに来てよかった

自分を認めてくれる人達と一緒にいれた事
それがこの1年で自分が得た財産だと思う

ありがとうUniversity of the Pacific



スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ご報告 | メイン | さよなら、またね>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/213-e64c85b3

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。