スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ESGを振り返る Part2
2008/07/28(Mon)
7月24日 木

競技初日
陸上は最初の競技が7時45分始まりなので朝は6時15分に食堂に集合して
一緒に食事を取り、出発

前の晩は2時くらいまで飲んでたので、朝は眠いのがお約束
寝過ごしちゃまずい! と思っていたので1時間ごとに起きて時間を確認する始末

競技の方は特に大きな事故・怪我もなく順調に消化

ひとつあったのは、十種競技に参加している高校生年代の選手がやってきて
膝が痛いし、不安定だからテーピングで固定してくれとやってきたので
一応Historyをとって、Evaluation

話を聞くとここ1週間くらい結構な痛みと腫れがあったとのこと
MCLはGII、半月板、そしてACLもGI+からGIIという感じ

これはちょっと競技やめたほうがいいぞ、ってことで話し合いをしていたのですが
ここでお母さん登場

どうやらこのお母さん、MDらしく、その事をアピールして

「あなた達はただテーピングすればいいのよ!そのためにサポーターだって買ってつけさせているんだから!」
と噛み付いてきたけれど、
「でもこのサポーターぶかぶかで、何の意味もないし、余計に酷くなるだけだから競技はあきらめるべきだよ」

と言ったらヒステリー起こして
「もういいわよ!」と言って子供つれて競技続行させていくと言うことがありました

MDといってもOrthoじゃない事は彼女の知識からは明確
所詮トレーナーが意見するなっ!!私の言うこと聞いてやってればいいのよ!
私は医者で、私の子なんだからっ!ってことなんでしょう

選手も続けると言って聞かないし、親がこれでは、自分のチームの選手ならいざ知らず、こういう大会ではこれ以上の事はできません

ESGスタッフ、こちらのドクター、他ATCその他もろもろWitnessもいたのであれですが、来年からは治療・アドバイスを拒否し、リスクを承知した上で競技に戻ることを承諾したというWaiverをつくっておくべきかな、とおもうので提案しておくかな。

ちなみに結果から言えば、この彼は次の日の槍投げでMCL断裂、そしておそらくACLも断裂
言わんこっちゃない
さすがに母親も今回はだんまりを決め込んでいました

それ以外は比較的平和

一緒に働いている学生もがんばってくれていました

10時間ずっとサングラスかけっぱなしだったので、見事にパンダ焼け

夕方寮に戻り、シャワーを浴び、ベットにごろんとなると知らぬ間に眠りにおち、2時間ほど昼(夕)寝
その後は夕ご飯をたべて、宴Part 4
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ESGを振り返る Part3 | メイン | ESGを振り返る Part1>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/275-9d116fb0

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。