スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ゆったり / 『宿命』
2008/07/30(Wed)
ESGがおわって、仕事開始まであと2週間ほど

昨日は、Physicalに伴う書類整理をちょこっとだけ手伝い、今日もその続きをするはずだったのだけれど、
キャンセルになったので、一日中のんびり

まずはコインランドリーに洗濯へ

前にも書いたけれど車で行かないといけない(といっても2-3分)のでちょっと面倒なんですが、
Transferサービスなるものを発見

要は1ドル払えば、洗濯機から乾燥機への移動はやってあげますよ、というもの。
ここのコインランドリーは従業員常駐なんでそういうことができるんですね

これだと1時間30分ほど自分の用事を済ますことができるので便利
ということで利用して、一度家に帰りカレーを作成

時間がありあまった生活なのに、時間を有意義に使って見ました

今はいいけど冬は寒いので洗濯が面倒になりそうです

帰ってからは東野圭吾の「宿命」を読みました

7andy_18852709.jpg

久しぶりに小説を読んだので、流し読みと言う感じになりがちな所もありましたが、東野圭吾らしいオチのつけ方かな、と言う感じがしました。嫌いじゃないです。

ドラマにもなってたんですね、これ
スポンサーサイト
この記事のURL | 言葉 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<占・道 | メイン | ESGを振り返る 番外編>>
コメント
-  -
ESGのブログも読ませていただきました。
すごい頑張っているんだな~と思って、私も頑張ろうって思ったよ。ありがとう。

東野圭吾は結構好きでほとんど読んだよ。
最近は、おちのつけ方が結構似通っているかも、と思ってちょっと飽きてきましたが。
2008/07/30 20:33  | URL | ゆうこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
>ゆうこ

長々と書かれたものを読んでくれてありがとう
目が疲れたでしょ?w

別に頑張ってはないよー、好きな事を適当にやっているだけです。一人身だからできることだねぇ。でも楽しいよ。
この道を選んで犠牲にしたものってもしかしたら得ているものよりも多いんじゃないかな、とおもう事もこの年になるとあるけれど、その代わり得られたものはこの道を選んでいなければ絶対に得る事ができなかったものだと思うから。せっかくなら楽しんでいかないとね!

なかなか小説を手に入れられる機会もすくないので、一度読んで「あぁ、おもしろいな」という作家に偏ってしまうんだけど(東野圭吾、重松清、宮部みゆき、浅田次郎、山崎豊子 あたり)、確かにオチのつけ方は似通っているところあるよね、東野圭吾って。それでも書いてきた年代別に読んで言ったら「ほっほー」っておもうんだろうなぁ、っておもう。

日本にいるときは全然小説なんて読まなかったのに、とちょっともったいない事をしたなぁ、とおもっている今日この頃です 笑
2008/07/31 05:05  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
きっと長い目で見た時に、自分が選んだ道がよかったと思えたらそれでよかったのかなぁ、と思っています。だから、前にも書いたけど、私は今このタイミングで妊娠・出産をすることできっと失うことも多いのだろうけど、得るものも多いはず、長い目で見た時にはきっと後悔しないはずと思っています。うちの旦那さんはそれを心配しているみたいだけど。

好きな作家似てる~。
私もべぇが書いている作家さんはみんな好きだよ~。今回の入院でヒマすぎて山崎豊子、宮部みゆき、浅田次郎はかなり読みました。山崎豊子は全部読んだかも。

確かに書いている時代や年代によってそれぞれのおちのつけ方があるから面白いよね。東野圭吾は、初期の作品は「まだ書くのに慣れてないな~」(ってえらい上から目線だけど(笑))と思う反面、すごく新鮮なおちだったりするから面白い。宮部みゆきもそうかな。

浅田次郎はプリズンホテルと天切り松シリーズがオススメです。読んだかな。
2008/07/31 16:26  | URL | ゆうこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
Everything is happening for a reason
何も心配する事なんてないんだよね
すでに結婚し、妊娠、出産を経験し、新たな命・家族を手に入れるゆうこが羨ましくもあります
人には人それぞれのペースがあって、いまのゆうこにはこのタイミングであり、俺には俺のタイミングがあるっていうことなんだろうね

とりあえずは嫁だ

山崎豊子の沈まぬ太陽のアフリカ編は読んだんだけど続きが読みたい、、、

浅田次郎のプリズンホテルと天切り松シリーズはまだよんでないなぁ。天国までの100マイルは泣きそうになりました。あぁいうの弱いんだよね、、、
2008/07/31 21:08  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
私は私でバリバリ働いている前の会社の同期や大学の同級生、先輩、後輩などなどに会うとちょっとした焦りや羨望があります。ないものねだり!?でも、べぇの言うとおり、このタイミングであることには理由があるのだと思っています。嫁探し、頑張れ!(笑)というか、きっとそれもタイミングなんだよ。素敵な人が現れるよ。

私も一番最初に読んだ山崎豊子は「沈まぬ太陽」だった。途中でやめられないくらい続きが気にならない?ハードカバーだけど、送ろうか?

浅田次郎は、著書によって全然トーンが違うからすごく不思議で面白い。「鉄道員」「天国までの100マイル」はかなり感動系だよね。かと思えば歴史物とかはすごく面白いし。色々読んでみて!こちらもたくさん持っているので、よかったら送るよ!
2008/08/01 00:20  | URL | ゆうこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
俺も20代半ばの頃はあせったよ
みんなバリバリ働いて、稼いで家庭を築いているっていうのに自分は学生をしていて、、、将来的に金銭的な見返りが大きい仕事(医者や弁護士)であれば理由付けもできるけれど、そういう仕事でも無いので時間がかかればかかるほど追い込まれていく感じはあったなぁ。もちろんそれはいまでもあるんだけど。30にもなってその日暮らしですから 笑 しまいには後輩におごられるくらいですからねぇ。 あぁ、情けなし。 でもそれを笑える強さが身についたのかも!? こんなところに来る嫁はよっぽどの聖人か変わった人だな 笑

良い人にさらって行ってもらえるようがんばりまふ

山崎豊子はきちんと取材しているだけあって、面白いねぇ。どんどん引き込まれる(ああいう現実社会があったっていうのはおぞましいけど。もちろん今も残っているんだろうけど)

送ってくれたらとってもとってもありがたいけれど、送料もばかにならないから気持ちだけありがたくうけとっておきます。ありがとう。
2008/08/01 06:11  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
みんな色んな葛藤をしながら前に進むのね、きっと。
お金だけではなく、自分がやりたいことができるのが一番なんだよ、きっと。そうそう。と思っています。

そして、聖人か変わった人がべぇの前に現れることを祈っています(笑)。ウソウソ、べぇのよさをわかってくれる人が絶対いると思います。だって、オリキャンに行くバスの中で「この人、いい人だなぁ」って思ったもん、私。覚えてる?最初に隣の席になったんだよね。

じゃあ、本は、地下のダンボールに埋まっているので探すのにまず時間がかかり、出産前には難しいかも、だけど来年とかに帰国する時にもしよかったら子供の顔見がてら取りにきてくれたら全部差し上げます。そんなにいらないかも、だけど。お好きなだけどうぞ!
2008/08/02 06:53  | URL | ゆうこ #-[ 編集] ▲ top
-  -
そのとおりだね。みんな何かしら抱えてるんだとおもう。
隣の芝は青く見えるし、ないものはねだる。それが人ってもんだとおもう。だからそれでいいんだとおもう。大事なのはそれをねたむのではなくて、人の事でも自分の事のように喜べるか、そして自分のしている事のなにかにワクワクできるか、ってことだとおもう。

俺は自分が選んだこの人生、葛藤することもあるけれど、嫌いじゃないよ。色々な人に出逢えて自分らしく生きていられるから。

隣の席、懐かしいねぇ。もちろん覚えているよ。あれからもう12年。俺全然中身変わって無いんですけど 笑

帰るのは多分来年の夏6月とか7月かな
その時にはお子さんの顔を拝ませていただきます
そして本をしょって帰りますw
2008/08/02 07:52  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
そうだよ。お互い頑張ろう!
私も子育てが落ち着いたら何か新しいことにチャレンジしよう。両立できそうな何かに。

本もぜひもらいにきて!私に似てかわいい女の子だろうけどさらわないでね(笑)。
2008/08/02 23:34  | URL | ゆうこ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/279-a32fc82e

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。