スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Rolfing Session I 1/2
2009/01/15(Thu)
先のエントリーに書いたように、色々と考えた結果Rolf InstituteでRolfingを習う事になったのですが、実際に出願する前、Rolfingの10セッションを実際のクラスが始まる前に受けておいた方が体の感覚も代わるというアドバイスを受けたので、Rolferを探していました

自分の住んでいる町にはいなかったのですが、湖を渡ったVermont州にいるということで12月中旬に連絡をとり、昨日がその初日でした。

そのRolferは過去に様々な国で生活をしていたバックグラウンドがあり、話しやすく、色々と教えてくれました

先述のように、Rolfingは10セッションからなっています
それぞれのセッションにゴールがあり、詳細は以下(Wikipedia参照)

* 第1セッション 深い呼吸を楽にできるようにする。後に続く変化への準備となる。
* 第2セッション 大地にしっかり立つ足を作る。足裏の機能的なアーチを引き出す。
* 第3セッション 体側ラインの確立。前後の空間的広がりを引き出す。
* 第4セッション 骨盤内構造の調整。ミッドラインの確立。
* 第5セッション 腹部・胸部のスペースを拡げる。内臓空間の解放。
* 第6セッション 背骨・仙骨を自由にする。体軸構造の確立。
* 第7セッション 頭部・頸部のバランスを取る。
* 第8セッション 上半身或いは下半身の繋がりと統合。静的バランスの確立。
* 第9セッション 下半身或いは上半身の繋がりと統合。動的バランスの確立。
* 第10セッション 全身の水平性の確立と統合。

最初の3セッションは表層部にアプローチし、次の4セッションで深層部、最後の3セッションで統合をしていく、というもの

本日は「呼吸」
最初に、怪我等のヒストリーをとり、その後立ち姿勢を前面、側面からチェック
そして歩行をチェック

立ち姿勢、歩行に関して基本的なアラインメントにめだった問題なし
ということでまずは太ももエリアに軽くアプローチ
左右で5分ほどアプローチしてもらったら、Hip extensionがスムーズになりアーチへの体重の乗り具合も少し変わり、これには驚きました

テクニックとしてはこぶしや、前腕を使って、怪我や姿勢などの癖により寄ってしまったFasciaという広がったシーツの皺を伸ばしていく感じでしょうか

時にRolferの指示によって能動的に体の部位を伸ばして行きます

長くなりそうなので続きはまた次の分で
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Rolfing Session I 2/2 | メイン | 夏の予定・Rolfing>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/437-f1b82cb9

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。