スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Rolfing Session I 2/2
2009/01/15(Thu)
次に上半身右側から

前腕、肩周り、から胸部にかけてのアプローチ
右肩の脱臼歴があるので動きが制限されているのは常々感じており
それは施術をされている時にも痛みとして感じました

「痛み」とかきましたが、施術をされているとき部位によってはUncomfortableと感じる事もあるとおもいます。ただそれは術者に言えば調整してくれるようで、このRolferも声をかけてきてくれていました。

ひとたび右側の施術を終えて、深呼吸

すると、明らかに右側へ入る空気量が違う
中で風船が膨らんでいるような感じ
再び驚き

そこでの感想を述べて今度は左側
驚いた事に、左側の方が右側よりも制限されており、痛みも大きかったです
そして右側とは少し違ったアプローチをしてくれたのですが、これにより今度は左側にさらに大きな風船が入ったような感覚

最終的に再び右に戻り再調整
最後に首にアプローチをしてもらい、今日の施術は終了
時間にしてあっという間の1時間30分でした
普段は1時間くらいらしいですが、最初の質問タイムや自分が常に質問を投げかけたりしていたのでちょっと長くなってしまった模様。でも嫌な顔ひとつせずにとても丁寧に色々と答えてくれました

自分がこういう仕事をしており、くしくもRolf Instituteのクラスを夏から取れる事になった日でもあったので話も弾みました

このRolferに言われたのですが、やはりこういう仕事をしているからか、体の反応がすごく良いし
動作への理解が早いとのことでした

体のことを専門にしていなければわからないことや不思議に思うことも沢山あるのかな、とはおもいます。こういう仕事をしていても「ほぉーーー」と思うことは満載でしたし、何より刺激的でした
それに効果を感じられることができるのが何よりもすごい

次のセッションは2週間後
今から楽しみです
これによりこの夏からのクラスがさらに楽しみになりました

お値段は1回大体100ドルー120ドルくらいが相場のようです
10セッションなので、それなりの額にはなりますがこれを高いと思うか安いと思うかはその人の価値観だと思います

効果のほども長期の持続性が望めるために、10セッションのあとは半年から1-2年位の感覚でPost 10 Seriesという単発的なものを受けて調整すると言う形になるそうです

創始者のIda Rolfは
「ロルフィングを受ける前のあなたの身体を、フォード車だとしましょう。
そうするとロルフィングを受けた終えた後のあなたは、ジャガーです。
ジャガーの自動車は、整備が必要になったりするかもしれません。
しかし、ジャガーはフォードになることはないのです。」と言ったそうです

自分にはその価値は十二分にあると感じられた最初のセッションでした

セッション感覚は1週間に1回から1ヶ月に1回位のペースで受けると良いとされてるようです
自分は基本的に2週間に1回のペースで受けていく予定です

これから自分の体がどのように変化して、感覚がかわっていくのか楽しみです

スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<自分だけずるい | メイン | Rolfing Session I 1/2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/438-6ea1e963

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。