スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Rolfing Session II
2009/01/29(Thu)
昨晩の大雪もやみ、頭痛も大分収まったので予定通りSession IIに行ってきました

2回目となる今回は
『大地にしっかり立つ足を作る。足裏の機能的なアーチを引き出す』
というのが目的

まずはじめに、前回同様姿勢のチェック
今回は全体像というよりは足周りを中心として見られていたようです
前後左右から確認された後、歩いている様子をチェック
そして施術となりました

足、ということで自分なりに自分の体に対して思っていたことは
・体重が内側にのっている(Flexor Hallucis沿いのみ使っている感じ)
・Ant. TibialisとSoleusが固い
ということ

まずはベットに仰向けで、足首から先がベットからでている状態
リラックスした状態から指先を曲げたり伸ばしたり、足首も曲げたり伸ばしたりして
動きの範囲とそのコーディネーションをチェック

コーディネーションと体の感覚は良いとの事

そしてアーチ(土踏まず)にアプローチ
縦や横に広げる感じ。それと同時に自分もActive Releaseの要領で指先や足首を曲げたり伸ばしたり

次にAnt.TibialisとPeroneals(すねの前と横)
Ant.Tibは思っていたよりもずっと固く、Peronealsに関しても同様
そしてこれはアーチにもいえたことでしたが右の方が左に比べて大分凝り固まっていました
なるべくリラックスしようとしていても「うわぁ、いてぇ」とおもう箇所もいくつか

一通り足へのアプローチが終わって足首を動かしてみると
なるほど、可動域がひろがっています

次に軽くQuad(大腿四頭筋)にアプローチ、同様に右が固い固い

その後、ためしに歩いてみると内側にしかかかっていなかった体重をもう少しうまく全体にのせられているような感覚がありました

次に、いすに座って背中へのアプローチ
脊髄、ひとつひとつを引き離すようなイメージで体をゆっくりゆっくり折り曲げ、同時に肩と腕をリラックスさせる

これが意外に難しい

リラックスしているつもりでも肩に力が入ってしまっている
それを何度か繰り返し、背中の筋膜にもアプローチしてもらいつつ曲げ伸ばし
最後に再びトリートメントテーブルで首の後ろにアプローチしてもらい本日の施術は終了

すべて終わってから歩いてみると
自然に腕が前後に振り子のように触れるようになり、背骨と頭も、感覚的になのですが柳のようにしなる感じがありました
このRolferに言わせると自分が意識できているようなことも見てとれるそうです

前回のセッションでは驚きがありましたが、今回はすっ、と自分の中に落ち着くような感覚がありました

それにしても普段は意識していないけれど、力って入ってしまっているもんなんですね
これもひとつの発見です
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Fight against cancer | メイン | ぶぅぶぅ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/453-715f236c

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。