スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
だめだこりゃ
2009/02/11(Wed)
昨日散々話し合い、今朝も再び話し合い、そしてヘッドとコーチも話し合い、やっぱりどう考えてもバスケに帯同することは理に適わない、と言うATスタッフの結論になり、その旨を文章にするようにいわれたので、ヘッドに確認をしてもらった後、メールでバスケのコーチたちに送付

速攻でヘッドコーチから返事が返ってきました
AT側の意見全否定

こちらの状況も、他のスポーツの状況も理解しようともしないで自分の事だけを主張している

自分達は怠けたいわけでもないし、遠征に行きたくない訳でもない
遠征の移動時間は苦になるけれど、遠征に行っているほうがよっぽどゆっくり出来るし、何もしていない
ただ残してきた他の選手達が気になるし、それにより負担を掛けるATスタッフに申し訳ない
それでもヘッドが「行け」というのであれば行く、それはかまわない
ただ、それが「コーチがうるさいからとりあえず今は行っておけ」というのであれば納得はできない
だけど命令なら行く
ただ完全に帯同するのであれば他のチームにも完全に帯同しなければ不公平

じゃあそうなったら日常のTRには誰がいることになるのか
日常のリハビリ・練習のカバーは誰がするのか

こんな反応しか得られないのであれば気持ちよく仕事はできない、先も長くない
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ATは誰のため? | メイン | What's best for student athletes?>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/463-06b6e1f2

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。