スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
悪事は千里、良事は?
2009/02/22(Sun)
昔から「悪事千里を走る」といいます
「人の口に戸は立てられぬ」とも

千里とはどれくらいの距離なのか調べてみました

一里3.92km

つまり千里だと3920km

ちなみに日本列島の長さは約3000キロ

つまり日本列島を北から南までまわってもまだお釣りが来るんですね


さらにいえばアメリカ大陸、東西の大きな街、サンフランシスコからボストンまでは 約3000マイル =4800キロ

さすがに日本よりも広いけれど、ものすごく千里から離れているというわけではない

実際西海岸にいるときは東海岸の
東海岸にいる現在は西海岸での色々な人の色々な話を聞きます
もちろん日本での事も

しかもこの言葉ができたのはまだ電話も、インターネットも発達していない時代
ということは今やもう言わずもがなです

去年のNATAが提供するFree-CEUのProfessionalとは、というようなインタビューで

「悪い事をして、それが10人に知れ渡った場合、少なくともそのうちの7-8人はその事を誰かにしゃべるだろう。逆に良いことをした場合、そのことを誰かに話すのはせいぜい2-3人だろう、If you are lucky」

とベテランATCが言っていました

そのとおりだと思います

何も良い事を言われたいが為に、何かをするわけでは当然ありません
そして頑張っている人の事は誰かが必ず見ていてくれています

昨今、様々な日本人ATの話を聞きます
すばらしい志を持って、後進の為に身を削って戦っている人
知識と技術を磨いていっている人
沢山います

同時に悪い話も耳に入ってきます
それだけ母数が増えたと言う事なのかもしれません
自分が年をとったのかも知れません

いま、自分がそのポジションにいられるのも過去に一生懸命に学んで働いていた日本人がいるから、という一面も忘れないでいてほしいと思います

人は誰かに支えられて生きていて
自分も誰かを支える役割をになっているのだから

スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バイオリズム | メイン | ラクロス練習試合>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/470-69b03d4a

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。