スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Long Island 遠征 中日
2009/03/01(Sun)
試合の翌日は移動日と言う事で実質お休み

遠征直前に少しワークアウトをしたのですが体調が思わしくなかったので思いのほかくるしく、様子を見る事もかねて朝はトレッドミルで走ってみました。久しぶりに走ったにもかかわらず良い感じだったので一安心。その後シャワーを浴びているときに気づいたこと

前回のロルフィングセッションの前に「内側が突っ張っている」ということを言われ、施術をされたわけですが確かに緩まった感覚はありました
その後あまり気にせずに生活をしていたのですが、シャワーをしているときにふと下を見るとVMO(膝の内側のぼこっと出てる筋肉)の位置が上からみてもわかるくらいに下がってる

自分のVMOはかなり顕著なのでわかりやすいというのもあるかも知れませんが、一番盛り上がっている所が拳半分くらい下がっているんです。それだけだったらあまり気にしなかったのかも知れませんが、気になった理由がもうひとつ

施術をされた次の日に、Spin workout・バイクワークアウトをしたのです
確かにきつかったのだけれど、耐えられないと言うほどのものではなく終了
下半身はかなり強いのでそうそう筋肉痛などにはならないのですが、この日のあとは今までにない位ひどい筋肉痛に襲われ、それが3日たっても取れない
年だから、とかいうのではないのです

そういうことがあったので、VMOが下がっていることに目がいったのですが
この今までにないほどの筋肉痛は体調が思わしくなかったために起こったことなのか、それともRolfingによって伸ばされて今まで使っていなかった筋肉を使うようになったが為に起こったことなのか

もしも後者の理由だとしたら、これは面白い事になりそうです
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<Long Island遠征 その2 | メイン | Long Island 遠征 その1>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/477-59666cff

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。