スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Rolfing Session V
2009/03/05(Thu)
本日第5回目

テーマは
『腹部・胸部のスペースを拡げる。内臓空間の解放』

開始前に、何か気になる事があるか、といわれたので数日前から突如現れた鎖骨近辺の痛みを説明
これはおそらく長い間バスにのっていた遠征によって、変に寝違えてしまったりしていたのかも知れません

立ち姿勢を見てもかばっているのが目に取れたようですし、歩いてみたら自分でも気づいたのですが、左手が全然振れていない

ということで、今日は腹部・胸部スペースの開放ということでどのみち肩周りもやるということで施術に

まずは問題の左がわから
テーブルに横向きにねて、首元からアプローチ

自分は肩がInternal RotateしてRounded shoulderのようになっているので集中的にやられました
(原因はPec Minorとその周りのFasciaによるもの、らしい)

Pec Minor近辺を押したり伸ばされたりしたあとはSerratus Anteriorにそって
そして脇の下、Sub Scap辺りをじんわりと押して伸ばされていったのですがこれが痛かった。。。
一瞬の激痛、というのではなくて我慢できるのだけれど「あぁ、、いたい、、、」という感じのものが長い事続くので男性にとってはかなり苦手な部類の痛みかもしれません
かなりもじもじしてしまいました

Coracoid Processあたりも色々やられたので、あざまではいかないけれど、Deep tissue Massageをやられた感覚が残っております

左側を終えたあとに、仰向けになって深呼吸
以前にも書いたように左側への空気の入りがかなりよくなり、肩甲骨全体がテーブルにぴったりと接地しているように思えました

右も同様に施術してもらったあとは、今度は首も今まで同様にアプローチしてもらい
セッションが終わる頃には、「肩の荷がおりる」という表現がありますが、腕が自然と垂れ下がっている感じになり、呼吸もしやすくなりました

腹部に関しては、本来 Iliopsoasにアプローチするといことだったのですが、肩周りの方が問題が多かったのでそちらに時間を掛けていたら時間がなくなってしまったので、また次の機会にアプローチするということでした。どちらかというとここに興味があったので少し残念でしたがしょうがない

これでRolfingも半分おわってしまいました

毎回毎回楽しくてしょうがないのですが、終わりがみえてくると少し寂しくもあります

次のセッションは来週
4月の真ん中くらいには全てが終わる予定です
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ラクロス・差し入れ・ホッケー・その他 | メイン | うまく行くこと行かない事>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/483-aa0abbeb

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。