スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Rolfing Session VII
2009/03/23(Mon)
本日Rolfing Session第7回目

テーマは「頭部・頸部のバランスを取る」

セッションが始まる前の自分の体の状態で気になるところが2つ
一つ目は、首の左側

これはロルフィングを受けるようになってからわかったのですが、体の左側が頭からつま先まで右と比べて非常に固まっていたので、ロルファーもかなり時間を掛けてくれていました
特に首周りは自分で気づいていなかったけれど問題が多く、可動域もかなり改善され、ほぼ同じ動きができるようになりましたがまだ多少意識して動かしているところがあります
前回のセッションでさらに大きく改善されたのですが、今までは右を振り向くと左の首筋(Semispinalisあたり)が張っていたのですが、前回のセッション以降は左耳を肩につけるように頭を傾けると深いところで引っかかるような感じがあり、それが抜けないこと

二つ目は、長時間のバス移動によるものだとは思うのですが右のSIが詰っている
これは特に痛みはないのですが、「あぁ、ポキッってなれば楽になるのに。。。」と言う感じで、SIが動いていないのが自分でわかります

その事を伝えてセッションへ

前述のように頭部・頸部へのアプローチの回だとおもっていたのですが、今日施術されたのは
バックライン(Anatomy trainで言うところのDeep Front Lineに近いのかな)で、土踏まず・ふくらはぎ・ハムストリング・腰周り・腸腰筋にアプローチをされました
前回にも書いたように、彼女の中で優先順位を変えているような感じです

過去のセッションの流れのように、まずはうつぶせに寝てアーチ・ふくらはぎ・ハムストリングにアプローチされ、それぞれをつなげるような感じ

左右終わったあと、一度歩いて状態を確かめ今度はイスに座って、腸腰筋へのアプローチ
ロルファーは向かいにひざまずいて、親指を左右の腸腰筋に押し当て、自分はおなかを緩めつつ、尾てい骨を天井に押し上げるように骨盤を動かす(Ant.Pelvic tilt)
そして背骨をまっすぐに保ったまま、首をもたげ腰を起点に状態を折り曲げる
これが効く

それを3回×2した後、再び歩いて状態を再確認
その後ベットに横向けに寝て、TFL(大腿筋膜張筋)を骨盤から引き剥がすようにアプローチ

これにより歩行時の足の動きが、膝下からだけでなく、腸腰筋がつながっているおへそのあたりから足の先まで振り子のようにしなやかに振れ、なめらかな動きになりました
かなり楽になるのでこれはTRでも使えそうです
そしてセッション後は街を少しぶらぶらしたのですが、なんだか歩くのが楽しくてウキウキしていました
これもロルフィングの効果ですね

遠征中にふと窓に反射する自分の姿をみたのですが、姿勢がかなりよくなったような気がします

セッション中にまた色々な話をしてもらいました
今は早く夏にコロラドに行って勉強をはじめたいです
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<SNS | メイン | タコサラダ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/497-bd3bcee9

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。