スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『椿山課長の7日間』
2009/05/08(Fri)
images_20090509100425.jpg

仕事一筋の中年デパートマンが突然死
残してきた家族や会社の事が気にかかり3日間だけ現世に戻ることを許される、ただし姿を変えて
椿山課長と同様に突然の死を迎えた極道と一人の少年もやり残したことを遂行するために現世に戻る。ルールは3つ 「正体を知られない」「復讐をしない」「時間に遅れない」

各々がそれぞれの理由で自分の死後の現世に戻り、やり残したこと複雑にお互いが絡み合いながらも整理していく
知らなければ良かったことも色々とあるけれど、自分にとって一番良い形で折り合いをつけていく

世の中知らなければよかったこと、知らない振りをし続けることたくさんあります
だけど家族を想う気持ち、好きな人を好きでいる気持ちだけはいつも嘘はないものだとおもうし
そうであってほしいと思います

『人は「ありがとう」を忘れたら生きていけない』という一言が響きました

読みながら涙がでるのは、自分が年をとったからなのかな
スポンサーサイト
この記事のURL | 言葉 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<いまだ肌寒く | メイン | お届けもの>>
コメント
-  -
私もこの本読みながら、最後の方は涙が止まりませんでした。いい本ですね。
2009/05/08 19:27  | URL | nozomi #-[ 編集] ▲ top
-  -
>Nozomi

浅田次郎の本は読んでいて、人間臭さというか人として大切なことをさらっと書いてあるからとても好き
天国までの100マイルもよかったよ

ほんと涙もろくなったわぁ
2009/05/10 16:38  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/533-97e1b9b9

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。