スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
最高にありがたい言葉
2009/05/15(Fri)
年度の終わりをうけて、Athletic Directorと1対1の面談でPerformance Evaluationが行われました
この1年どのような事が期待されていて、どれだけの事が達成されたのか、周りからの評判、そして改善点などが指摘されるわけです

いつものように気さくな笑顔で迎え入れてくれたAD
部屋に入り、椅子をすすめられるや否や「このミーティングはすぐに終わるよ」と

「Job Interviewで話をしてから是非来てほしいと思っていた。そしてすべてにおいて期待以上だった、We are very lucky to have you。他に何も言う事はないよ」
と身に余る言葉を頂き、選手、コーチ、そしてヘッドからの言葉として大変ありがたい評価を頂きました

そして書面でも評価のレポートを「後で読んで」と渡され、面談自体は言葉どおりすぐに終了。
そのあとは10分ほど現在行っている就職(転職)活動についての話。これに対しても全面的なサポートをいただきました。本当にありがたいことです。

そして家路につく時に手渡されたEvaluationに目を通すと感謝の気持ちでいっぱいになりました


"You bring a high level of professionalism to your position and at the same time there is warmth and friendliness that helps to put the athletes and the coaches at ease. You understand how to balance the relationships a trainer must have with the players and the coaches."


自分はいい加減なところも、ずぼらな所も、頑固で融通の利かない所も沢山あります、馬鹿な間違いもするし知識も技術もまだまだ足りません
それでも仕事をしていく上で、プロ意識を持ち続けていたいと思いながら仕事をしてきました
選手との距離には特に注意を払い、技術・知識で足りないところは埋めるように努めて、今あるものは最大限に使おうと意識していました

それはやはり自分がこう言う場所までこれたのは先人の苦労された事の上に成り立っているわけで、積み上げられてきた日本人の評価というものを崩したくないというのがひとつ。
後に続く子達に何か残せたらと思うのがひとつ。言うまでもなく選手たちの助けになりたいというのがひとつ。そして頑張っている人たちがいるのを知っているから自分も負けていられないというのがひとつ

今までとは違うDivision IIIという環境で戸惑う所もありました
物足りなく思う所もありました
嫌な気持ちになったことももちろんあります
それでも自分がこうありたいと描いていた姿を見ていてくれたといことは本当にありがたく嬉しく思いますし、自分のしてきたことは間違いではないんだと再確認できて新たな自信にもなります

今の時点では来年もここにいることになるのかはわかりませんが、いつまでもこの気持ちは忘れずにいきたいとおもうので書き残してみました
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<卒業式 | メイン | Medical Staff End of Year Party>>
コメント
-  -
とにかく今の持ち場で精一杯っつうのが次に、自分の次と後輩の次につながってくんだね。
引き続き応援してます!
2009/05/16 07:39  | URL | sasagawa #-[ 編集] ▲ top
-  -
>Sasagawaさん
この業界にいる日本人は思っているよりも多く、日本人はとても一生懸命で勤勉という良い印象をアメリカ人も持ってくれています
それは本当に今まで先を歩いていた人たちが積み上げてきたものがあるからであり、自分のところでその印象を崩したくないというのがあります。

ただ残念ながら母体数が増えた事により、このブログでもたびたび書いていますが、今までの我々の常識からでは考えられないことをする、主張する日本人学生、ATが増えてきたことも事実です
悪い話はあっという間に広がり、「日本人は良い」と十数年かけて積み上げてきた評価が数年で一変することも起こりうるものだと思っています、特に狭い世界ですから。

とりあえずは自分の足元をしっかりと固めて、やれることをきっちりとやっていかないといけません
頑張ります!
2009/05/17 13:52  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
素晴らしい評価を頂いたようで、おめでとう!
世界中どこへ行っても、あなたらしさを失わなければ
どこでも必ず通用する人だと思うわん。
2009/05/17 18:07  | URL | あつこ姫 #-[ 編集] ▲ top
-  -
>あつこ
ありがとう
評価を貰うのが目的で仕事をしているわけではないけれど
自分が一番気をつけていたところを見てもらえていてそれを評価してもらえた
というのは本当に嬉しいかな
選手との距離感、というのはこの業界では大きく問題になっているし
個人的にも嫌な思いをしたのでなおさらね

いつでも等身大の自分が出せるようにがんばっていくよ
いつもありがとね
2009/05/18 04:22  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
-  -
本当に感動的だね。誰かが自分の努力をrecognizeしてくれることって、やはり嬉しいことだし、何よりも自分がやってきたことが正しいという方向性を改めて確認できるという意味で、安心できるよね。
嫌なこともあって、素晴らしいこともあって、その中で自分は毎分毎秒のように、「これでいいはずだ」と確認しながらもぐらつきながらも、むかつきながらも反省しながらも、進んでる。ある意味不安。特にうまくいってないとき、うまくいきすぎてるとき。
どうしても自分1人だと、主観的になっちゃうだろうから、客観的に方向性の確認がもらえるのは、喜びが大きいのではないかしら。

べぇちんのプロフェッショナリズム、ほんといつも尊敬してます。私も頑張るよ!共にまっすぐ、進んでいこう!
2009/05/26 06:41  | URL | ともこ #/3WEEAIQ[ 編集] ▲ top
-  -
>ともこ

本当にその通りだと思う
自分なりに一生懸命正しいと思ってやってきていることでも独りよがりになってしまっていることってあるとおもうんだよね
今回ADと話すまで自分が「これでいいのかな」と疑問に思ってやっているという事はなかったんだけど
自分が大切にしているつもりの所をしっかりと見てもらえていた事がものすごく嬉しくて
「あぁ、自分はこんな風に感じていたんだな」と思ったよ

そうやって見てくれている人の下にいられるのは本当に恵まれていてありがたいな、とおもいます

自分はいっつもふらふら気持ち的にも行動的にもしてます
まだまだ、これからがんばらんとねっ!
2009/05/26 15:46  | URL | べぇ #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/539-5f935d74

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。