スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2日経って
2009/06/14(Sun)
30にもなってチャリンコで豪快にこけてすっとび、左半身をすりむくことになった金曜日から丸2日

鞭打ちの症状も軽減し、傷口もかなり治ってきたようでシャワーを浴びても絶叫する事はなくなりました

今回試したのは消毒液を使わず、傷口を乾かさない、「湿潤療法」というもの

傷口には消毒液をかけて、ガーゼをつけて、かさぶたができてきたら治ってきた、というのが従来の方法でしたが、それでは傷口に治すのに必要なものまで奪ってしまうので、この療法が使われるようになってきました

もちろん色々と注意は必要(消毒液を使わないので、最初に痛くてもよく傷口を洗うのは第一条件。破傷風なども怖いので気をつける)ですが、従来の方法よりも傷の治りが早く、見た目もきれいになるということで手術後などにも使われるようになってきています

リンク先には医療用のものを、とかいてありますが自分はサランラップと市販されているワセリンを使っています。そしてラップの上から保護用にガーゼをあてて、エースラップでぐるぐると巻いています。あとは朝と夜にシャワーを浴びて傷口をきれいに洗っているという感じかな。

TRでも試していたのですが、なかなか継続的に経過を観察できなかったので今回自分の体を使って違いを感じてみる事にしました

結論としては治りが早いと思います
おもな受傷部位は体の左側なので、そちらは湿潤。小さな傷がある右側は消毒してガーゼという従来の方法で行いました

半日でその違いは感じられ、右側はガーゼにより傷口が乾燥してしまうために、小さな動きでも痛みを感じるようになり、受傷範囲が比べ物にならないくらい広い左側は特に不快感はありませんでした

半日で違いを感じられたので、右も湿潤療法に切り替え
経過は順調で、先述のようにシャワーを浴びてもまだ敏感ではありますが痛みを感じるほどではなくなりました

傷口による痛みが軽減されてきたからか今度は打ち身による痛みが体を支配しています
しかし思ったより早く回復しそうです

写真は前回のように「続き」からどうぞ
前腕から上腕にかけて
上腕がものすごく赤みを帯びて痛みも強かったのですが2日たった今は赤みも落ち着き、さほど痛みもありません。傷口も閉じた感じです
IMG_0890.jpg

2日前はこんな感じでした
IMG_0885.jpg

手のひらもこのように傷がありますが、かなり皮膚が再生されてきているので打撲による痛みという感じです
IMG_0892.jpg

とりあえず範囲が広いので感染だけしないように気をつけないといけませんね
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<気づく力・傷4日目 | メイン | 滑り込み。。。>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/565-980ecd60

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。