スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
転職活動記 その7
2009/06/22(Mon)
これは大失敗をしたなぁ、と思っていた電話面接

パートタイムATのLには「たぶんその受け答えは正解だとおもうわよ」と言われながらも落ち着かない気分で週末をすごしてやってきた月曜日

再びその大学のHRから電話がかかってきて、まだ興味があるかの確認をされたのちに
ヘッドトレーナーから連絡をしても良いか、と確認
承諾するとその数分後にはヘッドから連絡

思えばこれが2次面接だったのでしょうが、正直なところ、最初の電話面接で失敗して次はないと思っていた矢先にHRから電話がかかってきて、電波の関係であまり聞きとれていないまま「はい、はい、いいですよ」と言っていたので電話の目的がよくわからず、懐疑的な感じで話を続けていたので(笑)頭の中は混乱していました。

しかも額面通り言葉を受け取れば、ヘッドはもう心を決めている感じをうけました
なのでなおさら自分の頭は混乱です

最初の質問は「住む所どうするの?」
次に言われた事は「知らない人を取るというのはリスクがある」
最後に「日本人学生ATが毎年がそこそこいるけれど、彼らのMentor(指導者・先輩)になって欲しいと思っているのだけれど、その準備はできているか」

住む所は今までも、移動してから決めてきているのでどうにかなる
知らない人を取るのはそれはリスクがあるよね
学生に関しては、日本人が日本人を見ることでプラスもマイナスもあるけれど、他の学生も含めてもちろん準備はできている

と答えたところで「OK.後は何か質問ある?」

ということでRolfing Schoolに通うので、Starting Dateを遅らせることはできるかを確認
問題なしということで電話終了

計10分程度のものでした


電話を切った後も「この電話は一体何だったんだろう。。。???」

と自分に問いただすも、狐につままれたような感じでわけもわからずすごしていました


結局自分がまだ候補者に残っているとわかったのは次の月曜日に再び連絡が来たときでした

(まだ続く)
スポンサーサイト
この記事のURL | 就職活動 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<転職活動記 その8 | メイン | 石とゴムまり>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/577-a871c9bd

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。