スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
またね
2010/03/28(Sun)
今日は自分について実習をしていてくれていた学生(アメリカ人)にお礼とお別れの意味を込めて彼らを居酒屋に連れて行きました

一人は先セメスターのバスケが始まる時から、もうひとりは今セメスターから自分についてくれました

二人とも良く頑張ってくれました
彼女らとはとても楽しく仕事をすることができました

自分は一般的なアスレチックトレーナーとは少し違うというか、近い将来今やっているような事とは少し違う事をしようとしている人間なので、必ずしもアスレチックトレーニングの良い所ばかりをみせてはいなかっただろうし、
今の彼らには少し早すぎる事を見せていたかもしれないけれど、それでもやはり何かを学ぼうとしてくれる姿勢というのはこちらからしてもありがたく、楽しい思いをさせてくれるものでした

前にも書いたけれど自分は万人受けするタイプではないのはわかっているし
煙たがられたり、面倒くさがられる事も多々ありますが、彼女らは自ら学ぼうとアプローチしてくれる子たちだったのでとても楽だったし、本当に楽しく「学生」として扱うというよりは「同僚」という感覚に近かったように思います。もちろん知識、技術の面ではSuperviseが必要で、その点は怠りませんでしたが、信頼できるだけの事を短期間でやってくれたとおもいます

プログラムを存続させる事がはっきりと決まらなかった事によりこういった学生を流出させてしまう事は大きな痛手だと思います。ただ彼女達にとっては他の場所に行くことで違うものを経験できるし、新たな受け入れ先でも彼女たちの存在を享受できるので、業界にとっては決してマイナスではないのですが、やはり自分としては寂しいものです

自分はもうすぐコロラドにたつので、彼女たちが今セメスターを終了するのを見届けることはできませんが、
自分が出発する前に一度オフィスに立ち寄ると言ってくれました
そしてボストンに遊びに来るように、とも

自分が後どれだけUH,もしくは他の大学なりでATを今のようにしているかはわかりませんが、
彼女たちとの再会を楽しみにしたいと思います
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ばいばいハワイ | メイン | ぎりぎりセーフ???>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/749-1e4d84fc

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。