スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
足元2
2010/04/12(Mon)
自分のアメリカでのルーツはUniversity of Hawaiiに他なりません

日本の大学から交換留学で派遣されたハワイ大学
それは自分が志願した大学には入っていませんでした
しかしながら発表当日、自分が派遣される事になったのはハワイ大学
級友やその他大勢の人が第一希望にあげていても漏れていたのに、その人たちを差し置いて、希望をしてもいない自分が選ばれました。それが今から10年前の1999-2000年度

いざハワイに渡ると、Athleticsの施設に感動を覚え、自分が求めていたAthletic Trainingがあるという事に気づきその足でTraining Roomに向かい、現在のボスに直訴しに行きました。Athletic Trainingを見せてください、と。
翌日朝5時から見習いとしてTRでの活動
あっという間に1年という時間が過ぎいざ帰国
日本の大学を卒業後、すぐに帰ってこようと思ったけれど様々な理由からまずは数年日本で働く事に

日本で働いている間はAthletic TrainingのAの字も考えられないほど忙しさにのみこまれ、心も体も侵されていました
その時UHのATからメールが届きそれが転機になりました

「こちらの世界には戻ってこないのか?」

そのメールを受け取って数週間後の11月、学校側にはその学期限りで退職する旨を報告
その時進路は決まっていませんでした。さらにハワイ大学のプログラムは認可されなかったので他の学校を探さなければならなくなりましたが、幸い年明けにUniv. of Arkansasに決まりました

U of Aでは様々な事を学び、MLB,NFLでキャンプのインターンをさせてもらい、卒業後にはUniv. of the Pacific,そしてStockton Lightningへ。。。その次の年にはPlattsburgh Stateでフルタイムとして働きながら、ATでいる自分、自分というATに葛藤や疑問を抱きながら苦しい時間も過ごしました

その中でRolfingを学ぼうと決意をしました

それと同時にハワイ大学にポジションの空きが出た、ということで履歴書を提出
コロラドに行く準備をしながら、就職活動もしていました

そしてコロラドについて授業初日、ハワイ大学からオファーをもらいました

それから1年、自分のスタート地点に戻り、Athletic Trainerとして活動
まだセメスターの途中でもあるにもかかわらず2カ月という長い期間、またここでRolfingを学ぶ事を許してくれたハワイ大学ATR

10年前にATRでの活動を許してもらえなかったら。。。
その活動の中でATに、UHに幻滅していたら。。。
教員時代にメールを受け取っていなかったら。。。
頻繁に連絡を取っていたわけではないけれど、繋がりを感じる事が出来ていなかったら。。。
今年コロラドに戻ってくる事を許してもらえなかったら。。。

一つでも上のパズルがずれていたら自分は今の時点でここにいません

多くのサポートの上に自分は今ここにいる事ができています
だからここでの時間を無駄にする事はできません

それがまたさらに先に進む力を自分に与えてくれます
感謝、それにつきます

だから今、Rolf Institute、Unit IIの教室には自分のUniv. of Hawaiiの名刺が一画に置かれています
スポンサーサイト
この記事のURL | Rolfing/ST | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<身体・2週目 | メイン | いよいよ本番・足元1>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/759-5a2d37c6

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。