スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
3.11それから
2011/03/20(Sun)
ラスベガスの遠征から戻る便がホノルルに着陸した午後10時過ぎ
携帯の電源をいれると同時に入ってくる多くのメールとテキスト
その内容は「家族は大丈夫?」というもの

事情が掴めずにいると暫くして日本に大地震が起こり津波が起こったとのこと
同時にハワイも津波警報がけたたましくなり続けていた一夜

日が経つにつれて伝えられる甚大な被害

日本から離れていてもニュースはテレビやネットから聞こえてくるけれど、何が起こっているのかがピンこない。それと同時に対岸の火事ではないけれども、多くの被害があり、家族や友人と連絡が取れない、大事な人や家を失った、などのニュースが流れる中、自分の住んでいる場所ではごく普通の時間が流れている
ましてや自分が住んでいる所はハワイ
世界中からバケーションで人がやってくる場所
笑顔で行き交う人々
自分は何ができるのか、何をしなければいけないのか、なぜ今自分は日本で家族のそばにいないのか
頭と気持ちは混乱するばかりでした

いろいろなニュースやSNS,ブログなどでも自分と同じようにその場にいない事から罪悪感や無力感から自分を責めたりしてPTSDになるケースがみられるということや、被災地にいない人は自分の生活をしっかりと全うしていくことが大切といことや、その他色々な話を目にします

それもそうだな、と思いながらも頭のどこかには「どうしたらいいんだろう」「何をしたらいいのだろう」という事は引っかかり続けていますが、それでも時間は流れていくし、気にしていない人は全く気にしていないし、腫れ物を触るように扱う人もいれば、こちらが不安になるような事を(善意からなのだろうけれど)言ってくる人もいて、やはり気持ちはなかなか落ち着かない日々でした
個人的な救いは毎朝早くから夜まで忙しくしなければならなかった事なのかもしれません

そしてシーズン終了及び震災から1週間と少しが経過した今、自分はボルダーにいます
ロルフィングの最後のユニットを終わらせるために

正直あれだけ楽しみにしていたものをこんな心理状況で迎える事になるとはおもってもいませんでしたが明日が初日。どういった形で進んでいく事になるのかな、という気持ちです。

学ぶ事はしっかりと学んで、進んでいければと思います




スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ユニット3 | メイン | '10-'11 シーズン終了>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/860-72777bdf

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。