スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
2011/10/12(Wed)
先日、仕事の話を同僚とした

彼女は男子バスケットを担当していることもあるし、アスレチックトレーナーとしての考え方も、仕事に対するアプローチも似ているので助け合って仕事をしていると実感できる相手

彼女は日系ハワイアンだけれど、ここのフルタイムスタッフアスレチックトレーナーとしては自分以外唯一ハワイの外の世界を知っている人だから、というのは大きいと思う

話の中で彼女が抑えていたものが溢れ出し、それは涙となってあらわれた

自分も考えるところは色々とあるけれど、彼女も悔しいだろうな、とおもう

何よりもきついだろうな、と思うのはいずれはいなくなる自分にしか吐き出せない、ということ

一通り吐き出したあと、彼女自身もそんなに溜まっているものがあったことに驚いていた様子で、吐き出させてくれてありがとう、とお礼を言われた

あなたがいるからまだここでのしごとが続けられている、とも

ただこの問題はとても根深い

変えていくには声をあげていくしかないのだけれど、僕達の声は届くのだろうか
スポンサーサイト
この記事のURL | AT | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<歌詞 | メイン | そこにあるものを>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

   ▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://ayumi07.blog106.fc2.com/tb.php/918-17604a02

  ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。